0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

「11年後、私たちは」6話ネタバレ!千鶴に対する荻野課長の優しさ

マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「11年後、私たちは」が面白いですよね!

「11年後、私たちは」の前話では、優と別れてから泣いていなかった千鶴が荻野課長の前で涙を流しました。

優のことを考えないようにしても考えてしまう千鶴ですが…

今回は「11年後、私たちは」の6話の内容が気になる人のために、あらすじのネタバレを紹介していきます。

漫画「11年後、私たちは」の6話ネタバレ!

それでは「11年後、私たちは」の第6話のネタバレをしていきます。

6話ネタバレ要点

まず、「11年後、私たちは」の6話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

6話ネタバレ
  • 千鶴はいつもと変わらない自分でいたい
  • 千鶴は職場の人間関係が時々面倒
  • 千鶴だけもらわなかった品を荻野課長がくれた

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

6話ネタバレ① 千鶴はいつもと変わらない自分でいたい

千鶴が荻野課長の前で泣いた翌日、出社すると、千鶴は荻野課長と会わないようにしていたのに、早速エレベーター前で荻野課長に会ってしまいます。

エレベーター内で気まずい千鶴に対して、荻野課長はいつもと変わらない態度で千鶴に接してきます。

気にしていていた自分を呆れる千鶴。

自分の席に千鶴が着くと、隣の席の先輩の藤原さんに千鶴が履いてきた靴を指摘されます。

いつもと変わらないようにしていた千鶴なのに、藤原さんに千鶴は彼氏と上手くいっていないのかと聞かれます。

たまに勘のきくそんな藤原さんが最近面倒だと思う千鶴でした。

6話ネタバレ② 千鶴は職場の人間関係が時々面倒

藤原さんと千鶴は頼まれている業務について話します。

その業務に対して、半々にやろうと藤原さんは千鶴に言いますが、楽ではない仕事を残し、さらには一つ多めに自分がやることをわざわざ言ってくる藤原さんの態度に千鶴は嫌な気持ちになります。

その後、千鶴のことを悪く言っていた男性社員が藤原さんに営業課に届いた品を持ってきました。千鶴には渡さず、何も話しかけてこない男性社員。

その態度に千鶴はひどく面倒に思います。

6話ネタバレ③ 千鶴だけもらわなかった品を荻野課長がくれた

藤原さんは男性社員が去った後、中身がボディソープだと知り、千鶴には何故なかったのかと千鶴に問いかけてきます。それは男性社員が千鶴のことを嫌いだからというのは明らか。

その後、荻野課長が来て、藤原さんがボディソープをもらっていることに気付き、千鶴はもらっていないのかと千鶴に聞いてきます。

少し経って、荻野課長から千鶴にこちらにくるようにとメールが届きました。

千鶴は荻野課長のところに向かうと、仕事の話の後、藤原さんがもらっていたボディソープを千鶴は荻野課長に渡されます。

千鶴はそれに対して断りますが、荻野課長は要らない理由を不器用に伝えた後、千鶴に勧め、千鶴は微妙な顔をします。

7話に続きます!

 

「11年後、私たちは」6話の感想

「11年後、私たちは」の6話では、千鶴が面倒に感じている職場の社員の態度に直面した後、それに対して千鶴に荻野課長が優しさを見せてくれました。
でも千鶴はそれを荻野課長の優しさとは気づいていないようですね。

また自分の前で泣いてしまった千鶴に対して、普段と変わらず接してきた荻野課長。

荻野課長の不器用な優しさを千鶴はこれからどう思っていくのでしょうか。

次回のお話では、千鶴にどう荻野課長が関わってくるのか気になるところです。

 

まとめ 千鶴に対する荻野課長の優しさ

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「11年後、私たちは」の6話のネタバレについて解説をしました。

「11年後、私たちは」の6話は

  • 千鶴はいつもと変わらない自分でいたい
  • 千鶴は職場の人間関係が時々面倒
  • 千鶴だけもらわなかった品を荻野課長がくれた

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!