Adobe(アドビ)CMの女性外国人は誰か【女優がかっこいいと話題に】

Adobe(アドビ)CMの女性外国人は誰か【女優がかっこいいと話題に】

この記事ではYouTube広告などで流れている、Adobe(アドビ)CMの女性外国人が誰かについて解説をします。

Adobeの炎や自動車を使った演出のCMがかっこいいですが、出演されている女優もまたかっこいいですよね!

実はAdobeのCMに出ている外国人女性は世界的な歌姫だったんです!

そこでこの記事ではAdobeに出演する外国人女性が誰なのか、徹底的に解説していきます。

Adobe(アドビ)CMの女性外国人は誰か

下の動画にもあるAdobe(アドビ)CMの女性外国人が誰かということですが、その正体は世界的歌姫のビリー・アイリッシュさんです。

もしかすると、名前を聞いて「そうなんだ!」と思った方もいるかもしれませんね。

ビリー・アイリッシュの顔画像

公式HPより

ビリー・アイリッシュさんは2021年12月時点で若干20歳ですが、グラミー賞で2回目の主要4部門受賞するなど、才能あふれる歌手として知られています。

グラミー賞は世界的にも権威ある音楽賞ですよね。

ちなみにビリー・アイリッシュさんを知らない方向けに、彼女がどのような歌を歌っているのかを紹介します。

こちらは「Bad guy」という曲ですが、BGMもMVも中毒性がありますよね。

そんなビリー・アイリッシュさんですが、日本でもミュージックステーションに出演したこともありますので、彼女をテレビで見たり、歌を聞いた方もいるのではないでしょうか。

ビリー・アイリッシュさんはセーラームーンなどのマンガを愛読するほど日本通という一面もあり、少し親近感も沸きますよね。

しかし世界的歌姫であるビリー・アイリッシュさんですので、当然ギャラは破格です。

アップルの制作する番組に出演したときは、なんと日本円で27億円のギャラで契約を結んでいます。

このAdobeのCMは流石にそこまで出演料は高騰していない考えられますが、それでもかなりのギャラが発生しているはずです。

出演料の逸話だけでも、ビリー・アイリッシュさんが世界的な人物だということがわかりますね。

Adobe(アドビ)CMでビリー・アイリッシュは何と言っているのか文字起こし!

Adobe(アドビ)のCMもビリー・アイリッシュさんもかっこいいのですが、英語なので何を言っているのかわからないですよね。

そこでCM中にビリー・アイリッシュさんが話していることを和訳しました!

AdobeのCMの和訳

For me, creativity starts with what it is

私にとって創造性はふとした瞬間から始まります。

Like, what if it takes place in a white void?

例えば、真っ白な空間にいたらどうなるんだろう?

Or maybe beige?

ベージュなら?

No, black.

いや、黒ね。

What if there’s fire?

炎があったらどうだろう?

Did that already.

これは前にやったわ。

What if there are some old cars?Or not.

古い車があるのとないのでは何が変わる?

Let’s see that in slow motion.

スローモーションで見てみましょう。

Yeah, it’s too much.

なるほど、やりすぎかも。

What if it’s in suburbia?

郊外をイメージしてみようか。

Ehh, that’s not right.

んー、ちょっと違うかな

What about my look?

どんな衣装がいいかな。

That’s cool.

いい感じ。

What if it happens in the rain?

雨を降らせてみたら?

Yeah, this is it.

うん、これだ。

Now, create what’s true to you.

さあ、自分らしく創造してみよう。

先程紹介したビリー・アイリッシュさんの「Bad guy」を見るとお分かりいただけるかと思いますが、彼女はとても創造性にあふているアーティストです。

したがって「Create What’s True To You(あなたらしく創造しよう)」というキャッチフレーズのAdobeのCMに、ビリー・アイリッシュさんはピッタリですよね。

【まとめ】Adobe(アドビ)CMの外国人女性はビリー・アイリッシュ!

今回はAdobe(アドビ)CMの外国人女性が誰かということについて解説しました。

その正体は世界的歌姫のビリー・アイリッシュさんでした。

ビリー・アイリッシュさんは自分の世界観を全面に押し出した、創造性豊かな楽曲をリリースしています。

したがってAdobeが求めるイメージにビリー・アイリッシュさんがピッタリとはまり、今回CMの起用につながったものと考えられます。

今後もビリー・アイリッシュさんにしか創れない音楽で、私達を楽しませてほしいですね!