0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【アニメ鬼滅の刃】遊郭編が批判される理由は?子供は見ていい?

「鬼滅の刃 遊郭編」がアニメの第2期として、2021年に放送されることが決定して話題になっています。

鬼滅の刃は漫画は最終回を迎えましたがまだまだその人気は健在で、まさに国民的アニメになりましたよね!

しかし、「鬼滅の刃 遊郭編」の放送に対して、一部の親が批判を唱えているようです。

今回はなぜ「鬼滅の刃 遊郭編」の放送にクレームがあるのか、そして鬼滅の刃のアニメを子どもに見せてもいいのかを解説していきます。

アニメ「鬼滅の刃 遊郭編」が批判される理由は?

アニメの第2期放送が決まった鬼滅の刃が批判されている理由は、サブタイトルに「遊郭」という言葉が入っているからです。

「遊郭」という言葉だけ聞けば江戸時代の花魁が連想されるので、「子どもが見るアニメではない!」という親がいてもおかしくないかもしれません。

しかし、鬼滅の刃のでは性的な場面はなく、物語の舞台が遊郭という設定になっているだけのようです。

ただし、子どもには『「遊郭」って何?」って聞かれることは想定しておいたほうが良さそうです。例えば、「女の人が働いていた場所だよ」と説明するのはいかがでしょうか?

アニメ「鬼滅の刃 遊郭編」は子どもは見ていい?舞台が遊郭の作品は過去にもある

「鬼滅の刃 遊郭円」には特に性的な描写もないようなので、子どもには見せてもいいと思います。

今回「遊郭」という言葉に反応してかなりのクレームがあったようですが、実は子どもが大好きなその他の作品にも、遊郭や花魁が出てくるものが結構あります。

例を挙げてみると

  1.  ONEPIECE
  2.  銀魂
  3.  千と千尋の神隠し

ONEPIECEでは「ワノ国編」で花魁のキャラクターが出てきますし、銀魂では「吉原炎上編」と題してアニメが放映されています。

千と千尋の神隠しでも舞台は遊郭だと言われていますよね。

これらの作品は特に何もクレームになったというニュースは聞いたことがないのですが、これほど騒がれるのは、鬼滅の刃の人気が凄すぎるからなのでしょうか。

まとめ

今回は「鬼滅の刃 遊郭編」のアニメ放送に対して批判があるというニュースについて解説をしてきました。

まとめると、

  •  鬼滅の刃のアニメ化が批判されているのは、サブタイトルに「遊郭」という言葉が入っているから
  •  性的な描写はないので子どもに見せても大丈夫
  •  過去の人気作品にも遊郭が舞台だったものがある

ということがわかりました。

ただし、「遊郭」という言葉を子どもに聞かれたときに慌てることがないように、準備はしておいた方がよさそうですね。