0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

梶裕貴が韓国で炎上したのはなぜ?進撃の巨人の最新話も見れなくなった?

2021年2月、進撃の巨人や鬼滅の刃の声優として知られる梶裕貴(かじゆうき)さんが韓国で炎上しているとして話題になっています。

また、梶裕貴さんがエレン役を務めている進撃の巨人シーズン4の最新話(第70話)がアマゾンプライム(アマプラ)で見れなくなったことも、ネット上では騒がれています。

梶裕貴さんが出演する作品は世界中に配信されていて評価も高いのですが、なぜこのような事態になってしまったか気になりますよね。

そこで今回は、梶裕貴さんが炎上した理由と、アマゾンプライム(アマプラ)上で進撃の巨人第70話が見れなくなったことについて解説をしていきます。

梶裕貴が韓国で炎上したのはなぜ?

梶裕貴さんが韓国で炎上した理由は、進撃の巨人第70話の内容と梶裕貴さんのツイートにあるようです。

まず、進撃の巨人の最新話(第70話)に登場するガビというキャラクターに、このようなセリフがあります。

他の民族の文化を奪って、望まない子を産ませ、数え切れないほどの人を殺してきたの!

悪魔ども(カヤ達)がいくら目を背けても世界はこの罪を決して忘れはしない、被害者ぶるのはやめて!!

これはセリフの一部ですが、韓国の方から見れば、進撃の巨人第70話は過去の日本と韓国の関係を彷彿させるものとして写ったと思われます。

さらに、進撃の巨人第70話配信後にした梶裕貴さんのツイートが、韓国の方たちの誤解を生んでしまいます。

梶裕貴さんは単純に「世界から戦争がなくなりますように」という願いを込めてのツイートだったと思うのですが、一部の韓国の方たちはこのような意味として捉えなかったようです。

過激な内容が多かったので紹介は少しにとどめますが、梶裕貴さんのツイートに対してこのようなリプライがされていました。

ん〜、日本の先祖が韓国人を徴用して搾取して稼いだお金でお前は子々孫々食べ暮らすが、日本の先祖の間違いは関係がないと?ふふふふふふ

お前らが戦犯国だと気づいたか

しかし、韓国の方たち全員がそういう意見を持っているわけではありません。

このように、前向きなリプライもありました。

韓国人です。 Twitterをする韓国人の何人かの有名人を除けば、通常ではないから、ただ犬が吠えたと考えてください。 七つの大罪メリーオーダス、グィミョルの刃サビ土、進撃の巨人エレン役割を担ってくださった梶様のおかげで、本当に楽しい見ています。 応援しています♡

日本と韓国は過去の出来事を原因にいがみあうことが多いですが、同じ人類ですので、後半に紹介したようなツイートが増えていくといいですよね。

梶裕貴の炎上でアマゾンプライム(アマプラ)で進撃の巨人の最新話が見れなくなった?

今回の件が関係しているのかは確かではありませんが、アマゾンプライム(アマプラ)上で進撃の巨人第70話が見れなくなったとして話題になりました。

2021年2月24日に確認したところアマゾンプライム(アマプラ)でも見れるようになっていました。

アマゾンプライム(アマプラ)で見れなくて困っていた方は、ぜひもう1度確認して見てくださいね!

まとめ

今回は人気声優の梶裕貴さんが炎上した事件について解説をしてきました。

まとめると、

  •  炎上の原因は進撃の巨人第70話の内容と梶裕貴さんのツイート
  • アマゾンプライム上で進撃の巨人第70話が見れなくなったが、すでに復旧している

ということがわかりました。

お互いが理解し合い、早くこのような事件が起こらないような世の中になってほしいですね。