0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

銭天堂はパクリ?笑うセールスマンに似てる!幼児が見たら怖い?

2021年4月から子供たちに大人気のアニメ・銭天堂(ぜにてんどう)の第2期が始まり、話題になっています。

銭天堂はユニークなお菓子が毎回出てきて楽しくなりますよね!

そんな銭天堂、藤子不二雄Ⓐさんの「笑ゥせぇるすまん」のパクリではないかという声もあります。

今回は、アニメ・銭天堂が笑ゥせぇるすまんに似ているのか、世間の反応を紹介していきます。

銭天堂はパクリ?笑うセールスマンに似てる!

銭天堂が笑うセールスマンに似てると思います。

その理由は、やはり物語の構成にあるのではないでしょうか。

笑うセールスマンは喪黒福造(もぐろふくぞう)が人々の願望を叶えていくお話ですが、ちょっと調子に乗ったり、ヨコシマな気持ちを持つと制裁が待っています。

笑うセールスマンの場合、大抵バッドエンドですよね。

対する銭天堂も、駄菓子屋の店主・紅子が不思議なお菓子を出してきて、それを食べると願いが叶っていくというストーリーです。

銭天堂の場合、ハッピーエンドで終わる場合もあれば、笑うセールスマンのようにバッドエンドで終わる場合もあります。

つまり、銭天堂も笑うセールスマンも悩んでいる人の願望を叶えていくという点では共通しているんですね!

なので、銭天堂と笑うセールスマンが似ている!と思う人はかなり多いのではないでしょうか。

Twitterを見ても銭天堂が笑うセールスマンに似ていると思っている人がかなりいました。

「令和版笑うセールスマン」という表現が的を得ていると思います。

ただ、パクリというネガティブな意見は少ないように思いました。

笑ゥせぇるすまんに似てる銭天堂は幼児が見たら怖い?

銭天堂は笑うセールスマンに似ていますが、幼児が見ても大丈夫です!

笑うセールスマンは子供が見ると恐い話もあるので、銭天堂を子供に見せてもいいか迷いますよね。

Twitterでもこんなツイートもあって、子供に見せてもいいのか不安になっている人もいます。

しかし、銭天堂をあまり恐がる子供はいません。

銭天堂は「調子に乗ると痛い目に合う」ということを学べるよいアニメなので、ぜひ子供にも見せてあげてほしいと思います。

銭天堂の原作は小説!

銭天堂の原作があるのか気になる人もいると思いますが、実は元々のお話は小説です。

著者は廣嶋玲子(ひろしまれいこ)さんで、銭天堂の小説は2021年3月時点でシリーズ累計発行部数は300万部を突破しており、まさに大ヒットしています。

銭天堂の小説は2021年4月に第15巻が発売されたばかりなので、これからも面白いお菓子が出てきそうですね!

ボリュームは1冊あたりおよそ160ページですが、短編形式なので子供も読みやすく、読書感想文なんかにも最適ですね!

人生の教訓も得られる銭天堂、ぜひ1度読んでみてはいかがでしょうか。

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂15 [ 廣嶋玲子 ]

まとめ

今回はアニメ・銭天堂が、笑うセールスマンに似ていてパクリではないか、ということについて解説をしました。

銭天堂はたしかに笑うセールスマンに似ていますが、パクリというより、「令和の笑うセールスマン」という表現がぴったりでしたね!

今後もどんなお菓子が登場するのか、楽しみですよね!