0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

「雪人YUKITO」33話ネタバレ!雪人の父を手にかけたのは同行した水野巡査だった

マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「雪人YUKITO」が面白いですよね!

「雪人YUKITO」の前話では、鴨下を尾行していた雪人でしたが、佐藤に見つかり失敗に終わります。

そして雪人は、殺されはしないものの、後頭部を殴打され意識を失ってしまいました。

宮本は新島と接触し、あと一歩のところまで追い詰めますが、雪人の命を引き換えに、新島を逃してしまいます。

果たして、雪人の命は助かるのでしょうか?

今回は「雪人YUKITO」の33話の内容が気になる人のために、あらすじのネタバレを紹介していきます。

漫画「雪人YUKITO」の33話ネタバレ!

それでは「雪人YUKITO」の第33話のネタバレをしていきます。

33話ネタバレ要点

まず、「雪人YUKITO」の33話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

33話ネタバレ
  • 宮本は新島の追跡を始める
  • 雪人の父を殺した犯人は鴨下だった

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

33話ネタバレ① 宮本は新島の追跡を始める

新島が部屋を出ていた後、宮本は雪人が捕まった事実に衝撃を表します。

そこへ、宮本の携帯が鳴り相手は瀬尾でした。

瀬尾は、すぐに地下駐車場へ来ることを伝えます。

宮本が向かうと、瀬尾がいました。

瀬尾は、ボディーチェックの際に発信機をつけるのは無理だったが、かすかな排ガス臭と服装からバイクで来たことを推測したと言います。

さらに、駐車場に止まっていたバイクの中から、エンジンに余熱があったものが1台あったらしく、そのバイクに発信機を付けて待っていたら、先ほどそのバイクで新島が出て行ったと、言うのでした。

そして、新島を車で追いかけることになります。

しかしすぐ、渋滞につかまってしまいました。

33話ネタバレ② 雪人の父を殺した犯人は鴨下だった

雪人は、頭の激痛で目を覚まします。

そこは以前、新島に連れてこられた空きテナントでした。

手足は縛られた状態で、目の前に立っていたのは鴨下。

雪人は鴨下に対し、水野巡査だと気づいていることを告げます。

すると鴨下の顔色が変わり、雪人に銃を向けました。

そして鴨下は、佐江の命も狙っており、先ほど佐藤に依頼したと言います。

さらに、雪人に向かって構えている銃は、雪人の父親を撃った銃だと言いました。

ずっと居なくなればいいと、思っていたそうです。

雪人は怒りをあらわにしますが、鴨下は雪人の左肩めがけて発砲します。

簡単には殺さないつもりなのでした。

しかしそこで、鴨下の携帯に、新島からの着信が入ります。

新島から、雪人を殺すなと警告されている様子でした。

鴨下は承諾し、電話を切るのですが、鴨下は不敵な笑みを浮かべています。

もうすぐ産廃屋が到着し、ここにあるもの全てを山奥の処分場に持っていき、燃やして埋めるのだそうです。

雪人が行方不明になれば、新島も何も文句は言えないだろうと言い残し、部屋を出ていきました。

34話に続きます!

 

「雪人YUKITO」33話の感想

瀬尾の仕事っぷりには、毎回驚かされるものがあります。

瀬尾がかっこいい前半でした。

後半には、佐江の命まで狙われているということと、雪人の父を直接手にかけたのは鴨下だった、という驚きの事実が続々と出てきました。

事件の真相が、どんどん明らかになてきましたね。

新島の仲裁が入ったとはいえ、まだまだ予断を許さない状況です。

雪人の命は助かるのでしょうか。

 

まとめ 雪人の父を手にかけたのは同行した水野巡査だった

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「雪人YUKITO」の33話のネタバレについて解説をしました。

「雪人YUKITO」の33話は

  • 宮本は新島の追跡を始める
  • 雪人の父を殺した犯人は鴨下だった

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!