0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

「じじまごぐらし」7話ネタバレ!早乙女は保育園で傷いたニタに気付けるのか?

マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「じじまごぐらし」が面白いですよね!

「じじまごぐらし」の前話では、我が家の味の正体はインスタントの味噌汁だった事に気付いた早乙女とニタ。

一緒に食べると美味しいとニタに言われた早乙女は、幼き娘を思い出すのでした。

そして二人は保育園に着きましたが、なんと保育園は閉まっていました。

今回は「じじまごぐらし」の7話の内容が気になる人のために、あらすじのネタバレを紹介していきます。

漫画「じじまごぐらし」の7話ネタバレ!

それでは「じじまごぐらし」の第7話のネタバレをしていきます。

7話ネタバレ要点

まず、「じじまごぐらし」の7話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

7話ネタバレ
  • 無事に保育園にニタを預ける事ができた早乙女
  • 早乙女は文助に店番を頼んで告別式へ向かう
  • 保育園で変に気遣われてしまい落ち込むニタ
  • ニタを思うからこそ仕事を優先してしまう早乙女

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

7話ネタバレ① 無事に保育園にニタを預ける事ができた早乙女

保育園の開園時間まで待ち、挨拶を済ませてニタを預けることができた早乙女。

お迎えの時間を聞いた早乙女に先生は「園は20時までです」と答え、そんな時間まで預かってもらえるのかと驚く早乙女は感謝をして仕事へ向かいます。 先生が「尓太郎くんのお父さんかっこいいね」と言うと、おじいちゃんだと説明するニタ。

「ママがとおくにいっちゃったから」と言うニタに驚く先生でした。

7話ネタバレ② 早乙女は文助に店番を頼んで告別式へ向かう

事務所に戻ってきた早乙女が葬儀屋の営業を再開すると文助に伝え「通夜が入った時はニタのお迎えを頼む」と言う早乙女に文助は「俺をアテにするな」と不満を漏らします。

ニタがいないことに気付いた文助が早乙女に尋ねると「20時まで預かってもらっている」と説明し「そんな遅くまで大丈夫なのか!?」とニタを心配する文助の驚きに気付かない早乙女です。

そして文助に「告別式だから、店番よろしく」と言い残して、早乙女は仕事に向かうのでした。

7話ネタバレ③ 保育園で変に気遣われてしまい落ち込むニタ

保育園で先生たちが早乙女家の家庭事情の話をしているところを聞いてしまうニタ。

何事もなかったかのようにニタは教室に戻り、天舞音ちゃんからおうちごっこに誘われます。お父さん役が分からないと言うニタにお母さん役を勧める天舞音ちゃん。

しかし横にいた女の子が天舞音ちゃんにニタのお母さんは交通事故で亡くなったから、そういう話はしてはいけないと言われた事を説明し、天舞音ちゃんは驚きます。

そのやり取りを目の前で聞いていたニタはうつむき、黙り込んでしまいました。

7話ネタバレ④ ニタを思うからこそ仕事を優先してしまう早乙女

仕事を終えて店番をしている文助のもとへ戻ってきた早乙女。そこで事務所の電話が鳴り、出ようとした早乙女を文助は止め「今日はニタのお迎えを優先させろ」と言う文助の言うことを聞かず、早乙女は電話に出ます。

「ニタに祖父子家庭だからといって、不自由な思いはさせたくない」と想いをぶつける早乙女に「お前、本気でそう思ってんのか?」と文助は早乙女に言うのでした。

8話に続きます!

 

「じじまごぐらし」7話の感想

保育園でニタが先生にも園児にも変に気を遣われていて、その光景を読んでいて少し可哀想だと思ってしまいました。

しかも大人と違って子供はそういう事が分からないものなので、本人に直接言ってしまったりして厄介なものです。

さらにニタを思うがあまり仕事を優先してしまう早乙女の不器用さ。早乙女のこともニタの気持ちも理解している文助には、早乙女にしっかりとニタの気持ちを代弁してあげて欲しいところです。

ニタにはこの環境を乗り越えてもらいたいですし、早乙女には子供の気持ちを分かってもらいたいと思いました!

 

まとめ 早乙女は保育園で傷いたニタに気付けるのか?

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「じじまごぐらし」の7話のネタバレについて解説をしました。

「じじまごぐらし」の7話は

  • 無事に保育園にニタを預ける事ができた早乙女
  • 早乙女は文助に店番を頼んで告別式へ向かう
  • 保育園で変に気遣われてしまい落ち込むニタ
  • ニタを思うからこそ仕事を優先してしまう早乙女

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!