0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

「じじまごぐらし」10話ネタバレ!ニタの健気な優しさに感謝をする早乙女!

マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「じじまごぐらし」が面白いですよね!

「じじまごぐらし」の前話では、早乙女の風邪を心配し、食べ物も家に無かったのでニタはひとりでコンビニへ出掛けます。

ニタはコンビニで商品を買おうと電子マネーを使おうとしましたが残高不足で何も買えませんでした。

そしてコンビニを出たところで保育園の先生と文助がニタの前へ現れました。

今回は「じじまごぐらし」の10話の内容が気になる人のために、あらすじのネタバレを紹介していきます。

漫画「じじまごぐらし」の10話ネタバレ!

それでは「じじまごぐらし」の第10話のネタバレをしていきます。

10話ネタバレ要点

まず、「じじまごぐらし」の10話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

10話ネタバレ
  • 買い物ができずに泣き出すニタを慰める文助
  • ニタはお母さんに教えてもらったお粥を作る
  • ニタがお粥を作ってくれた事に感謝をする早乙女

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

10話ネタバレ① 買い物ができずに泣き出すニタを慰める文助

ニタを心配した文助が理由を聞くと「おかぜをひいたときは、なにかをたべるとげんきになるってママがいってたから…」とニタは答え、お金が足りなくて何も買えなかったと泣き出してしまいました。

そんなニタを慰める文助。そして文助は隣の女性に気付き、ニタに尋ねると保育園の先生だと答えます。

文助は先生の手を握りながら「この後のご予定は?」と聞き、顔を赤くしながら「特にありません」と答える先生。

そんな先生に「もしよかったら先生もご一緒にどうですか?」と文助は言いますが、笑いながら「冗談ですよ」と言いつつニタと一緒にコンビニへ入って行きました。

10話ネタバレ② ニタはお母さんに教えてもらったお粥を作る

何を買っていくか選んでいるニタと文助のもとに先生がやってきて、結局先生も一緒にお見舞いに行くことになりました。

早乙女の家に着き、先生は早乙女の体調を心配しつつ挨拶をし、ニタと一緒に台所へ行きます。

先生はたまご酒を作り、その横でニタはお粥を作っています。ニタは先生に「かぜのときママがつくってくれたんだ」と言いながら、ご飯に牛乳をかけてレンジで温め、ジャムとレーズンを入れて完成させました。

10話ネタバレ③ ニタがお粥を作ってくれた事に感謝をする早乙女

文助は早乙女のために一人でコンビニ行く健気なニタを褒め「ひとりで外に出た事は大目に見てやれよ」と早乙女に話しています。

そしてニタと先生がたまご酒とお粥を持ちながら戻ってきて早乙女に振る舞いました。ニタの作ってくれたお粥を食べた早乙女は「優しい甘さだな」と褒め、お粥について話し始めます。

ニタに「ありがとう」とお礼を言う早乙女。ニタは嬉しそうにしていました。

少しだけ休んだつもりだと思っていた早乙女。目覚めた時にはもう夜になっていて、隣ではニタが寝ていました。

足元に違和感を感じた早乙女が目を向けると、そこには酔っ払った文助と先生が寝ていたのでした。

11話に続きます!

 

「じじまごぐらし」10話の感想

早乙女のためにコンビニに行ったものの、お金が足りなくて買えなかったと泣きながら話すニタを慰める文助。

そして家に着いたニタは早乙女にお粥を作ってあげます。

この話を読んでいて、ニタはかなり健気で優しい子なんだなと思わされました。

このような子供は将来どのように成長するのかとか想像してしまい、なんだか不思議な気分になりました。

結論として、今回はニタに癒されて心が温まった話でした!

 

まとめ ニタの健気な優しさに感謝をする早乙女!

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「じじまごぐらし」の10話のネタバレについて解説をしました。

「じじまごぐらし」の10話は

  • 買い物ができずに泣き出すニタを慰める文助
  • ニタはお母さんに教えてもらったお粥を作る
  • ニタがお粥を作ってくれた事に感謝をする早乙女

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!