0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

「じじまごぐらし」23話ネタバレ!妻の死の真相を聞くために文助を訪れる詠二!

マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「じじまごぐらし」が面白いですよね!

「じじまごぐらし」の前話では、詠二に一華の死を知らせなかった早乙女。早乙女は「今はこれでいい」と自分に言い聞かせます。

そして父親である自分を忘れてしまったニタの優しさに触れた詠二は、雨の中で涙を流すのでした。

今回は「じじまごぐらし」の23話の内容が気になる人のために、あらすじのネタバレを紹介していきます。

漫画「じじまごぐらし」の23話ネタバレ!

それでは「じじまごぐらし」の第23話のネタバレをしていきます。

23話ネタバレ要点

まず、「じじまごぐらし」の23話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

23話ネタバレ
  • ニタの優しさに頼もしさを感じる早乙女
  • 一華が事故で亡くなった事を知り絶望する詠二
  • 詠二は真実を知るために文助のもとへ行く

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

23話ネタバレ① ニタの優しさに頼もしさを感じる早乙女

保育園で先生が園児たちに不審者が出た時はどうするかという話をしています。

先生は「いかのおすし」と言う防犯用語を園児たちに確認し「しっかり覚えておいてね」と注意を促しました。

帰り道にその話を早乙女にするニタは「でもこわいひとがきたら、ぼくがじじちゃんをまもってあげるね」と言い、それを聞いた早乙女は「それは頼もしいな」と感心して微笑みます。

「今日の晩ごはんは寿司にしようか」とニタに言って家に帰るのでした。

23話ネタバレ② 一華が事故で亡くなった事を知り絶望する詠二

ニタが眠りにつき、家事を終わらせた早乙女はニタの隣で横になり、詠二との会話を思い出して「ニタ、お前はどうしたい?」と心の中でニタに話しかけるのでした。

詠二はケーキ屋でケーキを買い「ひと目だけ会ったらこの町を出よう」と思いつつ、一華とニタが住んでいたアパートへ足を運びます。

詠二がインターホンを鳴らしている様子を目にした近所の人に「そこにはもう誰も住んでないわよ」と言われて「もう引っ越しましたか?」と聞く詠二。

するとその近所の人は「そこに住んでいた母親は事故で亡くなり、子どもは親族に引き取られた」という事を詠二に話します。

「一華が事故…?」と信じられない詠二はショックを受け、詠二の顔色を見た近所の人が詠二を心配していました。

23話ネタバレ③ 詠二は真実を知るために文助のもとへ行く

早乙女との会話を思い返し「だって逸さん、二人は元気だって…」と妻の一華を思いながらアパートを飛び出しました。

そして文助のもとへ向かった詠二。詠二の姿を見た文助は「なんだお前、まだいたのか。一発殴られに…」と詠二に言いかけますが、詠二は文助の言葉を遮り「嘘っスよね…文さん…」「一華が…」と絶望的な顔をしています。

そんな詠二を見た文助は切ない表情をしていました。

24話に続きます!

 

「じじまごぐらし」23話の感想

この町を出る前にひと目だけ会おうと思って一華を訪ねた詠二に待っていたのは、一華の死という情報でした。

何も知らない詠二はショックを受け、真相を確かめに文助のもとへ向かいます。

これはショックを受けて当然だと思います。しかしそこで塞ぎ込まずに真相を確かめに行くあたりは強い心の持ち主なのかなとも思いました。

次回は文助が詠二に真実を話すのでしょうか?そして真実を知った詠二はどのような行動に出るのか?それと詠二はなぜこの町に戻って来れないのか?等々…

気になる事が山積みです!

 

まとめ 妻の死の真相を聞くために文助を訪れる詠二!

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「じじまごぐらし」の23話のネタバレについて解説をしました。

「じじまごぐらし」の23話は

  • ニタの優しさに頼もしさを感じる早乙女
  • 一華が事故で亡くなった事を知り絶望する詠二
  • 詠二は真実を知るために文助のもとへ行く

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!