0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

雪人YUKITO43話ネタバレ|暴走する近松!宮本の安否は?

漫画「雪人 YUKITO」が面白いと話題になっていますよね!

「雪人 YUKITO」の前話では、宮本が第一の目標である、杏の救出を成功させました。

そして深傷を負いながらも、近松のところまで辿り着きます。

一方、雪人の前に現れた佐藤。

3人の死闘の末、新島が佐藤を殺すというかたちで、決着しました。

雪人と新島は、改めて9階にいる近松のもへ歩き出します。

今回は「『雪人 YUKITO』の続きが気になる!」という方向けに、「雪人 YUKITO」の第43話のあらすじのネタバレを紹介していきます!

漫画「雪人 YUKITO」の43話ネタバレ!

それでは「雪人 YUKITO」の第43話のネタバレをしていきます。

43話ネタバレ要点

まず、「雪人 YUKITO」の43話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

43話ネタバレ
  • 雪人は誰かを殺して助かる気など無い
  • 近松は宮本を人質にとる

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

43話ネタバレ① 雪人は誰かを殺して助かる気など無い

宮本は、杏を途中で逃がしたと、近松に伝えました。

しかし近松は、全く動揺することなく、ならば宮本を、人質にとればいいと考えます。

その頃、雪人と新島は階段を使って、9階を目指していました。

雪人は、後ろからついてくる新島には見えないように、切り札としてナガサを抱えながら歩いているのですが、窓から差し込む月明かりによって、新島に気づかれます。

新島はそれを見せろと言って、ナガサを鞘から抜き取りました。

新島はふと気づき、なぜ雪人は今これを使って、自分に攻撃をしてこなかったのか質問します。

すると雪人は、誰かを殺してまで自分が助かりたいとは思わないと、考えているのでした。

43話ネタバレ② 近松は宮本を人質にとる

一方、宮本です。

宮本は、いきなり銃を構えて発砲しました。

近松の手下が、物陰にひそんでいたのです。

近松は一瞬同様しますが、深傷を負っている宮本は、そこでその場にひざまずいてしまいました。

そこへ近松は、宮本に銃口を向け、殺しはしないと言い、躊躇なく発砲します。

銃弾は、宮本の太ももに当たりました。

さらに近松は怒りが込み上げ、続けて宮本の肩を撃ち抜きます。

上の階から銃声が聞こえた雪人と新島は、急いで駆け上がりました。

9階まで辿り着いた2人が目にした光景は、激しい銃撃戦が繰り広げられたあとで、たくさんの死体が転がっていました。

雪人は、杏のことが一層心配になります。

その頃近松は、仰向けに倒れた宮本へ、馬乗りになるようなかたちで、銃を突き付けていました。

近松は、どれだけ頑張っても、宮本のようにはなれなかったと嘆き、木下にも裏切られ、木下が自殺したことを宮本に伝えます。

宮本は過去、近松に対して、お前は馬鹿じゃないと言ったことを訂正し、改めてお前は馬鹿だと伝えました。

そこへ入ってきたのは、雪人と新島です。

近松は、すぐに宮本を自分に引き寄せ、頭に銃を突きつけ、人質をとるような体勢をとりました。

44話に続きます!

 

「雪人 YUKITO」43話の感想

雪人と新島が階段で会話するシーンでは、また少し新島の心境に、変化があった様子が伺えました。

この後、新島のとりえる行動が全く読めません。

近松がトップになるために、これまで頑張ってきたことは、わかったのですが、どこか空回りをしていたのでしょう。

宮本を人質にしましたが、近松はもう、自分がどうしたいのか、わからなくなってきているのではないでしょうか。

さあ、やっと4人が揃いました。

最終決戦は、もう目の前です。

 

まとめ 暴走する近松。宮本の命の行方は?

今回は「雪人 YUKITO」の43話のネタバレについて解説をしました。

「雪人 YUKITO」の43話は

  • 雪人は誰かを殺して助かる気など無い
  • 近松は宮本を人質にとる

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!