0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

転移性恋愛~精神科医のタブー21話ネタバレ|優佳と司…二人きりの逃避行!

漫画「転移性恋愛~精神科医のタブー」が面白いと話題になっていますよね!

「転移性恋愛~精神科医のタブー」の前話では、暗闇の底に沈み込み、生きる屍と化していた五十嵐司を救い出した優佳。

もう二度と司を一人にさせないと、強い決意を固めました。

今回は「『転移性恋愛~精神科医のタブー』の続きが気になる!」という方向けに、「転移性恋愛~精神科医のタブー」の第21話のあらすじのネタバレを紹介していきます!

漫画「転移性恋愛~精神科医のタブー」の21話ネタバレ!

それでは「転移性恋愛~精神科医のタブー」の第21話のネタバレをしていきます。

21話ネタバレ要点

まず、「転移性恋愛~精神科医のタブー」の21話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

21話ネタバレ
  • 逃避行を決意した優佳と司
  • 司の母の遺言書
  • つかの間の幸せ

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

21話ネタバレ① 逃避行を決意した優佳と司

引っ越しの片付け完了で、ほっと一息入れる優佳。

あの時、晴樹からの着信を見つけた司は、「二人だけの世界に行ければ…」と優佳の気持ちを自分の方に向けさせました。

優佳は司に二人で逃げようと提案します。

躊躇する司に優佳はスッと手を差し出しました。

その手を取ったその時から、司は優佳という新たな呪縛の虜になったのです。

21話ネタバレ② 落ちていた司の母の遺書

早速、司に荷物をまとめるように促すと、優佳は掃除を始めました。

司の子供の頃の写真を目にし、「かわいい」と写真立てを手に取りました。

その時、優佳の手からモップが落ちたのです。

慌てて拾おうとしゃがんだ優佳は、棚の下に何かがあるのを見つけます。

なんと、それは、くしゃくしゃになった母親の遺書でした。

司に見られないよう、優佳は上着のポケットに遺書をそっと隠しました。

21話ネタバレ③ つかの間の幸せ

新居を構えた二人は雑事に追われて忙しそうです。

晴樹のことや仕事のことも気にかかっていますが、今はそれどころではありません。

司の入れたコーヒーで一息つく二人は、幸せに満ち溢れていました。

それが壊れたのは、優佳がシャワーを浴びている最中のことです。

司の背後で何か音がしました。

のぞいてみると、開けっ放しのクローゼットの中で、優佳の上着が落ちていました。

拾った上着のポケットに母親の遺書を見つけた司は真っ青になります。

司を引き込もうとする黒い手。

司はまた、母親の影に取り込まれてしまったのです。

22話に続きます!

 

「転移性恋愛~精神科医のタブー」21話の感想

誰にも告げず、逃避行を始めた司と優佳。

新居を構え、明るい日差しの中でさっそくいちゃいちゃ。

でも、それで済むと思ったら大間違いでした。

敵は晴樹でもリサでもなく、司の心の中に巣食う死んだ母親なのです。

だとしたら、逃げるだけじゃ根本的な解決にはなりません。

さあ、どうする優佳?

 

まとめ 優佳と司…二人きりの逃避行!

今回は「転移性恋愛~精神科医のタブー」の21話のネタバレについて解説をしました。

「転移性恋愛~精神科医のタブー」の21話は

  • 逃避行を決意した優佳と司
  • 司の母の遺言書
  • つかの間の幸せ

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!