0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

カンスト突破4話ネタバレ|母親を失った宗助はモンスターを狩り続ける!

漫画「カンスト突破」が面白いと話題になっていますよね!

「カンスト突破」の前話では、逃げる住民たちを狙うモンスターを倒し、住民たちを助ける宗助。

宗助はボスモンスターも倒し、ついに母親と再開することができました。

しかし何者かの攻撃により、宗助の目の前で母親は刺されてしまいます…

今回は「『カンスト突破』の続きが気になる!」という方向けに、第4話のあらすじのネタバレを紹介していきます!

漫画「カンスト突破」の4話ネタバレ!

それでは「カンスト突破」の第4話のネタバレをしていきます。

4話ネタバレ要点

まず、「カンスト突破」の4話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

4話ネタバレ
  • 宗助は怒りに身を任せてモンスターを狩り続ける
  • 宗助を説得して寄り添おうとする紗枝
  • 意識の戻らない母親に挨拶をして仕事へ向かう宗助

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

4話ネタバレ① 宗助は怒りに身を任せてモンスターを狩り続ける

モンスターの攻撃により母親を刺されてしまい、続けて宗助を狙うモンスターを横から退治する紗枝。

「自分の屍を乗り越えて強くなった。それなのに一番大切な人すら守れなかった」と絶望する宗助。

宗助は母親に呼びかけ「泣かないで…宗助、大好きよ…」という言葉を最後に宗助の母親は意識を失ってしまいました。

それから1ヶ月後。ダンジョンを片っ端からクリアしていっている宗助は軍で話題になっており、近場のダンジョンは全て壊滅状態です。

そのせいでギルド側は仕事を取られていると不満の声が高まっており、そんな状況下で中佐の大木は「これ以上騒ぎになる前に、小僧を連れてこい」と紗枝に指令を出すのでした。

4話ネタバレ② 宗助を説得して寄り添おうとする紗枝

そして怒りのままにダンジョンをクリアしていく敵無しの宗助。

ある雨の夜、瓦礫に腰掛けている宗助のもとに紗枝が訪れ「皆本さん、ずいぶん捜したんですよ」と宗助に傘をさしてあげました。

紗枝は自己紹介をし「一定の時間が経つと現れるダンジョンを全て破壊することはなんの意味もない」と告げ「このままじゃ、単なる八つ当たりに過ぎない」と宗助に話します。

宗助は「3000年の時間をかけてやっと戻ってきて、目の前で母親が殺されて、このまま黙って見てろと言うのか?」と言って去っていこうとしますが、そんな宗助に「復讐するなら私が力になるから、私と一緒に来てください!」と紗枝は気持ちを伝えて説得するのでした。

4話ネタバレ③ 意識の戻らない母親に挨拶をして仕事へ向かう宗助

6ヶ月後。意識の戻らない母親は病院のベッドで横になっており、そんな母親に「母さん…俺、公務員になったんだ。しかもかなり偉い地位にいるんだよ…」と話しかける宗助。

「だからあまり来れなくなるけど、体調こじらせたりしちゃダメだかんな?」「それじゃ、行ってきます」と意識の戻らない母親に挨拶を済ませ、大勢の部下に見送られながら、宗助はダンジョンへと向かうのでした。

5話に続きます!

 

「カンスト突破」4話の感想

宗助の母親は死んでしまったと思ったのですが、意識不明となっており、どうやら命は落としていないみたいです。

そんな中で宗助は紗枝のいる組織に入り、たくさんの部下に見送られながらダンジョンへ向かっていきます。

ダンジョンは時間が経てば再び現れること、またその原因が気になるところです。さらに、どうしてこのようなことが地球に突然起こったのか…

気になる謎はたくさんあるので、早く続きを読んでいきたいと思います!

 

まとめ 母親を失った宗助はモンスターを狩り続ける!

今回は「カンスト突破」の4話のネタバレについて解説をしました。

「カンスト突破」の4話は

  • 宗助は怒りに身を任せてモンスターを狩り続ける
  • 宗助を説得して寄り添おうとする紗枝
  • 意識の戻らない母親に挨拶をして仕事へ向かう宗助

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!