0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

カンスト突破12話ネタバレ|ダメージの原因を理解した宗助!反撃を開始する!

漫画「カンスト突破」が面白いと話題になっていますよね!

「カンスト突破」の前話では、火竜が目覚めてしまって大パニックの日本。

そんな中、梓は上位プレイヤー100名に緊急招集をかけます。

そして宗助は火竜を討伐しに結界の中へ入りますが、いきなり五十嵐に襲われて斬られてしまうのでした。

今回は「『カンスト突破』の続きが気になる!」という方向けに、第12話のあらすじのネタバレを紹介していきます!

漫画「カンスト突破」の12話ネタバレ!

それでは「カンスト突破」の第12話のネタバレをしていきます。

12話ネタバレ要点

まず、「カンスト突破」の12話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

12話ネタバレ
  • 政府から緊急招集を受ける上位プレイヤーたち
  • 五十嵐が盾のギルドだと理解する宗助
  • 五十嵐は宗助の異次元の強さに驚きつつも戦う

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

12話ネタバレ① 政府から緊急招集を受ける上位プレイヤーたち

五十嵐の斬撃を受けて「物理防御力が無効化されました」とシステムに告げられる宗助。

上位プレイヤーのもとに緊急招集の連絡が行き渡り、その中の公式ランク4位である「岡倉叶登」は「火竜…まさかマジで目覚めたのか?」と驚いています。

別の場所で、公式ランク99位の「ユイ」は野外でライブ配信をしていたところ、緊急招集の通知を見てため息をつくのでした。

12話ネタバレ② 五十嵐が盾のギルドだと理解する宗助

「大したことねぇな、期待はずれだぜ」という五十嵐の腕に刻まれたマークを見て、盾のギルドの仕業だと理解した宗助は「今は火竜を食い止めるのが最優先だ」と五十嵐に背を向けます。

しかし「お前は今日ここで死ぬんだから、火竜のことは気にするな」と言う五十嵐に「かかってこい」と五十嵐と戦うことに決めた宗助。

そして火竜のもとに到着した梓。結界の前にいる隊員たちに中に入らない理由を尋ねると、副リーダーの柳が「火竜の張った結界を通ることができない」と説明します。

そして結界を調べた梓は「これは火竜が張った結界ではないわね」と盾のギルドの仕業だと腹を立てるのでした。

12話ネタバレ③ 五十嵐は宗助の異次元の強さに驚きつつも戦う

五十嵐が使用している巨大な刀の「狂竜の牙」は神話クラスのレアな武器で「リフレクト」という「剣で受けたダメージを相手にそのまま反射する」能力を持っています。

そしてこの武器の説明をシステムにされた宗助。自分がダメージを受ける理由を理解します。その時、宗助は五十嵐にトドメの一撃の如く勢いで斬られてしまいました。

しかし「その武器よこせ。部下に持たせるのにちょうど良さそうだ」と普通に立って喋っており、その宗助の姿に驚きを隠せない五十嵐。

「そんな出血してて、なんでそんなにピンピンしてやがる!」と言う五十嵐に「あぁ、俺ちょっと血が多いんだ」と宗助のHPは1/10程度しか減っていませんでした。さらに宗助が受けたダメージのほとんどは反射された自分の攻撃だったのです。

13話に続きます!

「カンスト突破」12話の感想

前話で宗助は五十嵐に斬られて瀕死のダメージを負ったのかと思いましたが、全然そんなことはありませんでした。

そして戦闘が進むにつれて宗助が受けるダメージは、五十嵐の武器によって反射されたものだと分かりました。それでも宗助の受けたダメージは自分のHPの1/10程度で、五十嵐自体の攻撃はほとんど効いていませんでした。

五十嵐の武器がとても厄介で、宗助はこの武器をどう対処するのか、気になるところです。

五十嵐を倒した後は火竜と戦うことになると思いますが、宗助は無事に火竜を退けることができるのでしょうか。

まとめ ダメージの原因を理解した宗助!反撃を開始する!

今回は「カンスト突破」の12話のネタバレについて解説をしました。

「カンスト突破」の12話は

  • 政府から緊急招集を受ける上位プレイヤーたち
  • 五十嵐が盾のギルドだと理解する宗助
  • 五十嵐は宗助の異次元の強さに驚きつつも戦う

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!