MENU
0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

カンスト突破13話ネタバレ|五十嵐の反射能力を力技で破壊した宗助!

漫画「カンスト突破」が面白いと話題になっていますよね!

「カンスト突破」の前話では、現場に到着した梓が火竜を囲む結界を調べます。結界は火竜が張ったものではなく、盾のギルドが張った結界だと知り、梓は腹を立てていました。

そして宗助は火竜を撃退するために、まずは自分を狙う五十嵐と交戦中です。

今回は「『カンスト突破』の続きが気になる!」という方向けに、第13話のあらすじのネタバレを紹介していきます!

漫画「カンスト突破」の13話ネタバレ!

それでは「カンスト突破」の第13話のネタバレをしていきます。

13話ネタバレ要点

まず、「カンスト突破」の13話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

13話ネタバレ
  • 結界の様子を見ながら計画の心配をしている長谷川
  • 梓は結界の中に入ることができずに苛立つ
  • 狂竜の牙を破壊して五十嵐に攻撃を当てた宗助

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

13話ネタバレ① 結界の様子を見ながら計画の心配をしている長谷川

火竜は結界に攻撃を始めますが、攻撃しても破壊されない結界に対してさらに攻撃をし続けます。

「いくら強力な結界だとしても、さすがにそう長くは持ち堪えられない」と結界を心配する長谷川は「計画より早めにデイストーンを使うことになるかもしれんな…」「できればその前に、二人の決着がついてくれればいいんだが」と遠くから様子を見ているのでした。

13話ネタバレ② 梓は結界の中に入ることができずに苛立つ

宗助は自分の攻撃のダメージが反射されるのを理解しながらも、五十嵐に攻撃を続けていました。

「愚かだな…」と思いながら宗助の攻撃を大剣でガードして跳ね返している五十嵐。しかし、宗助の攻撃を受け続けていた五十嵐がふらつき「な、なんで俺が…」と驚きます。

宗助と五十嵐の闘いの振動が結界の外にも伝わっていて「この振動は火竜によるものではないわね」「無理にでも結界を破って中に行きたい」と思っている梓。

しかし「指揮官である副総理が席を外してしまえば、この火竜のレイドは失敗に終わり、そうなればこの国は終わりです」と部下に言われ「そんなことわかってるわよ…」と梓は歯を食いしばって自身の気持ちを抑えるのでした。

13話ネタバレ③ 狂竜の牙を破壊して五十嵐に攻撃を当てた宗助

宗助の動きがやっと止まり、少し安心した五十嵐。しかし宗助は「防いでみろ」と再び攻撃を開始します。 五十嵐に攻撃を畳みかける宗助の身体からは血飛沫が上がりますが、宗助は止まりません。

そしてついに五十嵐へとダメージが入り「なぜだ…?」と五十嵐が大剣を見ると、そこにはヒビが入っていました。

宗助は恐ろしい表情で「防ぎきってみやがれ」と重たい強力な一撃を放ち、五十嵐の大剣である「狂竜の牙」を貫き、五十嵐の顔面にクリーンヒットさせることに成功します。

14話に続きます!

「カンスト突破」13話の感想

結界の前で立場上の問題で自分は戦闘に参加できず、歯を食いしばる梓。

戦える指揮官は有能そうだけれど、こういう場面では辛い立場だなと思ってしまいました。

そして自分の攻撃を反射され続けても、攻撃を止めなかった宗助。

そんな宗助の強力な攻撃に耐えきれず、反射能力を持つ大剣は壊れてしまい、ついに五十嵐に直接ダメージを与えることができました。

宗助の攻撃を喰らった五十嵐は降参して撤退するのか、もしくは立ち向かうのか。 続きが気になります!

まとめ 五十嵐の反射能力を力技で破壊した宗助!

今回は「カンスト突破」の13話のネタバレについて解説をしました。

「カンスト突破」の13話は

  • 結界の様子を見ながら計画の心配をしている長谷川
  • 梓は結界の中に入ることができずに苛立つ
  • 狂竜の牙を破壊して五十嵐を倒した宗助

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!

14話のネタバレはコチラ