0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【泡沫のエスカリエ】結末のネタバレ!2話・3話・4話(最終回)のラストはどうなる?

2021年6月、マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「泡沫のエスカリエ」が話題になっています。

泡沫のエスカリエは、整形をしてアイドルとして成功を収めているマキ(本名:アカリ)と、地味な顔立ちで動画配信をしているあかねの双子の姉妹のお話です。

1話では動画の生配信でマキのモノマネをしたあかね。翌日携帯のバイブで目を覚ましたあかねが目にしたものが何だったのか、次のお話に続きます。

しかし、「泡沫のエスカリエ」は1話まで無料で、最終話の4話まで読むためには課金が必要なのでどんなことが起きたのか気になりますよね!

そこで、今回は「泡沫のエスカリエ」のラストがどうなるのか、オチを解説していきます。

漫画「泡沫のエスカリエ」の結末のネタバレ!2話・3話・4話(最終回)のラストはどうなる?

ここでは「泡沫のエスカリエ」の2話から最終話までを解説していきます。

最終的には「泡沫のエスカリエ」はこのような結末になります。

結末

  •  あかねは大手事務所に所属し、声優として活躍
  •  マキは過去の整形もばれ、アイドルとして崖っぷちになる

詳しく知りたい人は1話ごとにネタバレしているので見てみてくださいね!

それでは1話の最後は、あかねがマキのモノマネをした翌朝、スマホを見たあかねは何を見たのか、という場面でした。

2話のネタバレ

翌朝あかねがスマホを覗いてみると、公開した動画が世間でバズっていました。

SNSのフォロワーが2000から4万、動画再生数も普段の50倍になっていました。

世間で大人気のアイドル・マキのモノマネの反響が凄まじかったのです。

そして、マキから呼び出されるあかね。マキからは動画の削除と今後の動画投稿を辞めることを要求されます。

マキは動画がきっかけであかねと双子の姉妹であることが世間にバレることを恐れていました。

なぜなら、あかねの顔がバレれば、もともと同じ顔のマキが整形した事実もバレるからです。

あかねはマキの要求を断ります。

そして、身勝手なマキの要求に怒ったマキは、さらに動画でマキのモノマネをするようになります。

テレビにも取り上げられ、人気がうなぎ昇りのあかね。

マキは怒りますが、マキの所属アイドルグループのプロデューサーはあかねを「使える」と評価します。

実はマキは役者としては大根で、プロデューサーはアニメ映画の声優と主題歌が決まっていたマキの演技力を危惧していました。

そこで、あかねにマキの影武者になってくれないかと持ちかけたわけです。

あかねは一時は断ろうとしますが、相手役が憧れの楠野哲であることを知ると、マキの影武者を引き受けることにします。

収録当日、あかねは全力で声を吹き込みますが、あまりに上手すぎて怒られてしまいます。

「もっとマキに寄せろ!」、「上手すぎて世間が怪しむだろ!」といった具合です。

そして映画は大ヒット。あかねはほどよく下手に演技をしましたが、それでもマキの演技力があがったと世間では騒がれています。

あかねはプロデューサーに呼び出され、今後もマキの影武者をやってほしいと依頼されますが・・・3話に続く

3話のネタバレ

影武者になれば、相当なギャラも支払うことを約束するプロデューサーですが、動画の配信は今後辞めてほしいとあかねに持ちかけます。

あかねはマキの影武者を引き受けると、胸を張って仕事ができなくなることに葛藤がありました。

マキにも「あかねの容姿では自分の影武者をするしか道はない」とまで言われ、あかねは一旦保留にします。

プロデューサーからは契約しない場合、マキのモノマネ動画を名誉毀損で訴えることもできると脅し文句を言われます。

結局契約はしないものの、単発でマキの影武者を引き受けるあかね。

そしてある時、売れない声優で番組スタッフも務めている多賀があかねに声をかけてきます。

多賀はあかねの動画のファンで、最近更新されていないことに疑問を感じていました。

あかねから事情をきいた多賀は、自分が主催する朗読劇への出演を提案します。

顔にコンプレックスをもっているあかねは、朗読劇への出演を迷いますが、あかねの本気の演技を見てみたいという多賀の熱意に押され、出演することにします。

第4話に続く。

4話のネタバレ

多賀達の朗読劇を観客として見たあかねは、感動のあまり涙します。

そして、朗読劇を生き生きとする劇団員を見て、あかねもぜひ参加させてほしいと懇願します。

多賀はシナリオ作成も兼ねているので、あかねに合う脚本を書くことを約束。あかねは胸を張って演技ができることに喜びます。

しかし、1人になった多賀がスマホを取り出し見た写真にはあかねと思われる人物が写っています。しかし、ホクロの位置があかねとは違います。

そして迎えた朗読劇の本番、熱演のあかねには観客から大歓声が送られます。

その後、あかねの演技を見ていた多賀が所属する事務所(ヴァクト)の社長があかねをスカウト。名刺を受け取ったあかねは、超大手事務所であることを知り驚きます。

あかねは地味な顔だからスカウトしても迷惑をかけると社長に告げますが、社長は大歓迎だと答えます。

あかねにとってはすぐにでも飛びつきたい話ですが、マキの影武者問題が頭をよぎります。契約しなければ動画の件で名誉毀損で訴えると言われているからです。

そのことを社長に相談すると、何やら作戦がある様子。

そして後日、あかねはマキが所属する事務所にいました。

先日あかねを脅したプロデューサーは、あかねが影武者をする契約にサインをしに来たと思っています。

ところが、プロデューサーの意に反して、マキは影武者の契約を断ります。当然プロデューサーは大激怒します。

ここであかねのスマホからリモートで登場したのは、ヴァクトの社長。実はあかねとプロデューサーのやりとりは隠しカメラで録画されているのでした。

もしあかねと縁を切らなければ録画した動画を世間に流す、と逆に脅すヴァクト社長。もし録画した動画が知られれば、マキの活躍は影武者のおかげであることがバレてしまいます。

結局プロデューサーは、あかねの影武者計画を断念します。

こうして晴れてあかねはヴァクトと契約、声優になるという夢を見事に叶えます。

一方で多賀も、マキに復讐ができるとほくそ笑みます。

実は多賀はマキの元カレでした。3話で多賀のスマホに写っていたのは、やはりマキだったのです。

多賀は整形前のマキと付き合っており、食事や寝床だけでなく、整形の費用まで出していたのでした。

しかし、整形してアイドルグループのオーディションに受かったマキは、用無しになった多賀を捨てて出ていきます。

その復讐を果たすため、多賀はマキの整形前の顔をSNSにアップします。

こうしてマキの整形前の顔は世間に広まり、これまで積み上げてきたマキの評価は一瞬にして崩れ落ちていくのでした。

「泡沫のエスカリエ」を読んだ人の感想

それでは「泡沫のエスカリエ」の結末まで読んだ人の感想を紹介します。

漫画アプリ「めちゃコミック」の口コミでは

  • 整形が悪とは思わないけど、実力者が報われる世の中になってほしい
  • 双子はこじれると怖い
  • 実際の芸能界でもありそうな話

といった感想がありました。

感想①

今の時代、整形が悪だとは思わないけど…
何でもかんでも見た目で判断していく世の中はどうなのかな…と思わせる内容でした。
真の実力者が報われる世の中になっていってほしいですね…

感想②

最後はちょっとゾッとしたけど、納得は出来たかな。
自分自身は双子には憧れてるけど、こうなると怖いなって思ってしまった。
まぁ、こういう双子はなかなかないと思うけど。

感想③

整形でアイドルになり売れたけど棒読み演技力と言われる双子の片割れと、
声優目指してたのに報われなかったけどマネ動画が評価されて
双子の影武者を務めることになったもう片方。
影武者って立場も評価されたい人には
微妙なポジションだけど、
実際の芸能界にもこういうことあるのかなあと思ってしまう。

面白いマンガを読みたい人必見!無料で読む方法を紹介します!

今回、マンガのネタバレをしてきましたが、あなたは「他にも面白いマンガが読みたいな~」と日頃から思っていませんか?

今回紹介する方法を使えば、こんなにいいことがあります。

  • 人気マンガの最新巻をタダで楽しめる!
  • 短編マンガをタダで全話楽しめる!
  • どこでも・いつでもマンガを楽しめる!

興味がある方はぜひこちらの記事を読んでみてくださいね!

まとめ

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「泡沫のエスカリエ」のネタバレについて解説をしました。

人を利用してのし上がっていこうとするマキに天罰が下るようなお話でしたね。

マキの実力からするとおそらく失墜した評判を挽回するのは難しいでしょうし、あかねは高い演技力で人気も出ていくと思います。

まさに形成逆転ですよね。

そうなると、今後の姉妹関係がさらに心配になってしまう、そんなお話でした。