0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

死者恋【ネタバレ(漫画)】の結末(ラスト)は?4話・5話を解説|原作は小説なの?

「めちゃコミック」に掲載されている「死者恋(ししゃこい)」が面白いと話題になっています。

「死者恋」は、亡き公彦に憧れ、野生動物の死体ばかり描く画家・鼎(かなえ)の半生を、久美子との対話で振り返っていく物語です。

公彦の兄と結婚したしのぶとの間に子どもができますが、しのぶにはよからぬ考えがありそうで、ラストの結末が気になるところです。

そこで、今回は漫画「死者恋」の最後のオチがどうなるのかを解説していきます。

また、原作があるのかもあわせて紹介をしていきます。

漫画「死者恋」のネタバレ!結末(ラスト)は?しのぶは最後どうなる?4話・5話を解説

漫画「死者恋」のラストは実はかなえも狂っており、取材に来た久美子に薬を飲ませて動けなくした後、手にかけようとするところで話が終わります。

また、しのぶはかなえに計画を潰されたため狂乱してしまい、完全に壊れてしまいました。

それでは、第4話・第5話のネタバレをしていきます。

4話ネタバレ 狂っていくしのぶとかなえ

第4話では、しのぶが生まれたばかりの子どもを連れてかなえに会いに来ます。なんとしのぶの子どもは公彦そっくり。

子どもの名前は「幸生(ゆきお)」なのですが、しのぶは「公彦」と呼んでいます。

なので、幸生は自分の名前を公彦だと思っています。

この事実を知ったかなえは、しのぶの異常さにかなり引いています。

ちなみに、しのぶの旦那である公彦の兄はすでに亡くなっています。

実はしのぶが公彦そっくりの子どもを生んだ後、用無しとなった旦那を亡き者にしたのでした。

さらに、旦那だけではなく、その父親や母親もしのぶは手にかけていたのでした。

そして、かなえの元には毎年しのぶから幸生の写真が印刷されている年賀状が届くのですが、その裏には「二十歳まで〇〇年」と書かれるようになります。

しのぶは幸生が二十歳になったときに、公彦と同じように二十歳で自殺をさせる計画を立てていたのでした!

そして、幸生は成長するにつれて少しずつ公彦からは離れた顔つきになっていくのですが、しのぶは整形手術を受けさせて、幸生を公彦そっくりに仕立て上げます。

しのぶは幸生を公彦のコピーに仕立て上げ、その生涯までまったく同じ道を歩ませようとしたのです。

常人にはしのぶが何をしたいのかよくわかりませんよね。

一方でかなえは雑誌で自殺の遺体を見たのをきっかけに、死体の絵しか描かなくなるのでした。

物語はいよいよクライマックスへ。第5話に続きます。

5話(最終回)ネタバレ 久美子の最後

かなえがしのぶの家に訪問したとき、その異常な計画の全貌を知ることになります。

そして、かなえはしのぶの計画を阻止するために、幸生に全てバラしてしまうのでした。

そして、幸生は母親の計画を知り刃物で自分の顔を傷だらけにしてしまいます。

顔が傷だらけになれば、もはや幸生は公彦のコピーではないので、しのぶの長年の計画は水の泡となってしまいました。

結局しのぶは発狂してしまい、病院に入院することになってしまいました。

ここでかなえの話は終わります。

久美子は体が硬直して動けなくなっていました。かなえが紅茶に薬を盛っていたからです。

かなえの目的は、久美子の遺体の絵を書くことです。

死を描くことで公彦の愛を感じていたかなえは、動物の死体を書くだけでは物足りなくなったのです。

死体ばかり描いていたかなえもかなり狂っていたようですね。

久美子がかなえの元に来たのは、実は幸生がかなえを紹介したからでした。

かなえと幸生はグルだったのです。

万事休すとなった久美子ですが、その後はどうなったのかは誰もわかりません・・・

死者恋を読んだ人の感想

それでは最後に、「死者恋」を読んだ人達の感想を紹介します。

漫画アプリ「めちゃコミック」の口コミでは、

  • ちょっと怖くて面白かった
  •  無料分だけ、と思っていたけど面白くて全部読んでしまった
  • 結局みんな狂っていたことがわかった

といった感想がありました。

感想①

無料をよんでまだ途中までしか読んでないのですが面白いです。
思ったストーリーとは違ったのですが
ちょっと怖くておもしろかったです。

感想②

ポイントも少ないので、無料分だけ…と読み始め、結局最後まで読んじゃいました。
最後こそ展開が詰め込まれてた感じですが、それでも読みごたえのある展開でした。
レビュー読んで、なるほど原作がしっかりしてるのか…と納得。
絵も綺麗だし、読み返したくなるし、満足です。

感想③

しのぶだけではなく主人公の凛子もとっくに狂ってたんですね。
まぁ紅茶のシーンでなんとなく嫌な予感が最初からしてました。
死者に恋し死に魅入られ自分の理想の芸術の為には何でもする女達。
こういう毒のある綺麗なお話は大好きです。絵も綺麗で凄くマッチしてました。

ここまで「死者恋」のネタバレを見てきましたが、漫画を無料で見れる方法はないのでしょうか。

また、単行本は書籍化されていないのでしょうか。

調べた結果を記事にしましたので、ぜひコチラもご覧ください!

漫画「死者恋」の原作は小説なの?

漫画「死者恋」の原作は、朱川湊人さんが描いた2003年の短編小説「都市伝説セピア」のお話の1つです。

「都市伝説セピア」は映画化もしており、その中にも「死者恋」のお話が出てきます。

原作小説から映画や漫画にもなっている死者恋。

ぜひ原作を読んでみて、その世界観を味わってみてはいかがでしょうか。

「都市伝説セピア」に収録されている「アイスマン」という作品のネタバレをコチラでしています!

ネタバレ記事だけでも作品の雰囲気を感じられると思いますので、ぜひ読んでみてくださいね!

原作小説は廃盤なのか中古でしか手に入らないようですが、映画は楽天市場でも購入することができますよ!


都市伝説セピア 【DVD】

死者恋はどこが面白いの?

死者恋の面白いところは、登場人物がみんな(久美子を除く)とは違う、異様な雰囲気がある中で物語が進むところです。

その雰囲気によって、読者は冒頭から「一筋縄ではいかない話だろうな」と予想を立てながら読み進めることになると思います。

勘のいい人なら、久美子の身に危険が忍び寄っていることを薄々予見できたかもしれませんね。

かなえの回想も異様な話となっており、読んでいると「続きは見たいけど、読みたくない」という不思議な気持ちにさせられます。

別の作家にはなりますが、米澤穂信の「満願」にテイストが似ている作品だと感じました。

まとめ

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「死体恋」のネタバレについて解説をしました。

結局登場人物全員が狂っており、その中に飛び込んだ久美子はかわいそうな運命を辿りそうです。

後味は悪いですが、「死体恋」は面白い作品です。原作もあるので、ぜひ読んでみてくださいね!