0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【迂回路】結末のネタバレ!2話・3話・4話(最終回)を解説|ラストはどうなる?

2021年6月、マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「迂回路」が話題になっています。

1話では、会社で発生していた連続窃盗事件の犯人だった警備員(伊風村)が、女性社員(樫尾)に犯行現場を見られるところで終わります。

この後どんな展開になるのかきになりますよね!

しかし、「迂回路」は1話のみ無料で、最終話の4話まで読むためには課金が必要です。

そこで、今回は「迂回路」のラストがどうなるのか、オチを解説していきます。

漫画「迂回路」の結末のネタバレ!2話・3話・4話(最終回)を解説|ラストはどうなる?

ここでは「迂回路」のネタバレを、2話から結末まで詳しく解説していきます。

2話のネタバレ

樫尾は伊風村が盗みをするところを目撃しますが、「お疲れ様です」と声をかけただけです。

気味が悪くなった伊風村が樫尾の経歴を調べていると、地下の研究室で1人作業を行っていることがわかります。

伊風村はその後コンビニで万引きをするのですが、この万引きの瞬間を、樫尾は隠し撮りしているのでした。

そして翌日、社長が出張でいないことを聞いた伊風村は、社長室に盗みに入ることに決めます。

しかし、そこに現れたのはまたしても樫尾。

盗撮された万引の瞬間の写真などを見せられ、伊風村は警察への出頭を覚悟しますが、樫尾は取引を持ちかけます。

3話へ続く

3話のネタバレ

樫尾は伊風村を地下の研究室に連れていきます。

そこで伊風村が見たものは大きな機械。これは樫尾が開発した、人格を入れ替える機械でした。

機械を起動すると、なんと本当に人格が入れ替わりました!

樫尾は伊風村に、伊風村は樫尾の人格になったのです。

2人は1週間後に研究室に集まり、人格を元に戻すことにしました。

樫尾の体になった伊風村はやりたい放題で、樫尾のお金で暴飲暴食・ゲームなど贅沢の限りを尽くします。

ただし、樫尾の体はなぜか疲れやすいという難点がありました。

そのことを不思議に思っていると、チャイムが聞こえます。

画面に映し出されたのは会社の社長。なんと社長と樫尾は不倫関係にあったのです。

社長の相手をした伊風村はトイレで吐いてしまいますが、社長から大金をもらいます。

伊風村は樫尾がいい暮らしをしている理由がわかり、この生活をするために社長と不倫関係を続けるのも、悪くないと思うようになります。

一方、伊風村の姿になった樫尾は、伊風村の友人の雑誌記者にばったり出会い居酒屋へ。

そこでスクープがないかと聞かれた樫尾はUSBを雑誌記者に渡すのでした。

3話のラストで伊風村がバットを持って、人格を入れ替える機械の前に立っていました。

4話(最終話)に続く

4話のネタバレ

4話は樫尾の回想から始まります。

幼少から頭脳明晰だった樫尾は、中学の科学コンクールで優勝し、博士号を飛び級で取るほどの人物でした。

樫尾は大学ですでに人格を入れ替える研究をしており、その功績が認められ現在の会社と契約、樫尾のお陰で会社は有名になります。

しかし、社長は樫尾の実験をまったく実用化させようとしません。

社長は樫尾を売名に利用していたのでした。

全然樫尾の研究を後押ししてくれない社長に詰め寄ると、社長は人格を入れ替えるなんてやってはいけない領域だと言い、企画は流れたと答えます。

そして、会社を有名にしてくれた樫尾には専用の研究室を与え、マンションも買ってやりました。

そこに樫尾の病気が発覚します。

樫尾はステージ4の胃がんでした。

もう先が長くないと悟った樫尾はどうにかして、自分の研究を世に知らしめたいと思うようになります。

3話で雑誌記者に渡したUSBは、樫尾の研究データが入っているのでした。

USBの中身を見た雑誌記者は驚き、大スクープになると大興奮します。

自分の研究が間違っていなかったと確信した樫尾でしたが、約束の1週間になっていました。

もう少し生きたかったと思いながら、研究室に行くと、人格を入れ替える機械がメチャクチャにされていました。

犯人は伊風村でした。

樫尾が送っていた豪華な生活を手放すのを嫌って、伊風村が機械を破壊したのでした。

とうとう人間を盗んだといい気になっている伊風村ですが、樫尾は胃がんです。

樫尾は機械が破壊されることも想定していて、人格を入れ替える被験者は、すぐに死んでしまう自分の体をあげても、罪悪感がわかない人にしていたのです。

そして、間もなく伊風村は胃がんで亡くなりました。

伊風村の健康な体を手に入れた樫尾は希望に満ち溢れた表情をして歩き出すのでした。

「迂回路」を読んだ人の感想

それでは「迂回路」の結末まで読んだ人の感想を紹介します。

漫画アプリ「めちゃコミック」の口コミでは

  • SFからのダークユーモアの結末が面白い
  • 盗みに入った警備員は出頭した方が幸せだった
  • 話の題材が珍しく、タイトルも興味深い

といった感想がありました。

感想①

ユーモアを交えた軽い切り口のSF・・・
からの予期せぬダークユーモアな結末。
SFっていうかジャンルはよく分からないけど面白いです。
主人公の設定が意外とヘビーだったので、
もっと登場人物のエピソードを見てみたいと思いました。

感想②

盗みに入った警備員を見逃した理由が面白かったですね!
結局警備員は、そのまま警察に出頭していた方が幸せでしたね。

感想③

話の題材が珍しいし、タイトルも興味深い。
この窃盗犯の弱みにつけこんで主人公が
何かするんだろうけど、現実の世の中で考えたら、
罪を黙認したら主人公も共犯てことにならないかな。
その辺のことも含めて、この先どうなるのか気になる。

結末で伊風村にも天罰が当たったので、スカッとした人もいたようです。

しかし、後味は少し悪いのかもしれませんね。

面白いマンガを読みたい人必見!無料で読む方法を紹介します!

今回、マンガのネタバレをしてきましたが、あなたは「他にも面白いマンガが読みたいな~」と日頃から思っていませんか?

今回紹介する方法を使えば、こんなにいいことがあります。

  • 人気マンガの最新巻をタダで楽しめる!
  • 短編マンガをタダで全話楽しめる!
  • どこでも・いつでもマンガを楽しめる!

興味がある方はぜひこちらの記事を読んでみてくださいね!

まとめ

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「迂回路」のネタバレについて解説をしました。

最後は伊風村が人格を入れ替えるための機械を破壊したため、元の姿に戻れなくなった伊風村は胃がんで他界し、樫尾は伊風村として新たな人生を歩み始めました。

伊風村の体を手に入れた樫尾が、今後どのように生きていくかが気になるところです。