0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【パンメーカーのコムギくん1】3話のネタバレ!最終回(ラスト)の結末はどうなる?

2021年6月、マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「パンメーカーのコムギくん」が話題になっています。

「パンメーカーのコムギくん」は、パンメーカーの営業・コムギが販売先で起こるトラブルを解決しながら成長していくお話です。

「パンメーカーのコムギくん」の2話では、大量発注を受けたはずのスーパーから、そんなパンを注文した覚えはないと言われてコムギは大ピンチに陥ります。

コムギがどうやってピンチを切り抜けるのか気になりますよね!

しかし、「パンメーカーのコムギくん」は2話まで無料で、最終話の3話を読むためには課金が必要です。

そこで、今回は「パンメーカーのコムギくん」のラストがどうなるのか、最後のオチを解説していきます。

漫画「パンメーカーのコムギくん」の結末のネタバレ!3話(最終回)のラストはどうなる?

まず、「パンメーカーのコムギくん」の結末をネタバレすると、次のようになります。

結末

  • トラブルの原因は信頼関係が築けていないこと
  • ライバルの山下が助けてくれる
  • コムギはトラブルを乗り越え、営業マンとして成長していく

それでは、詳しくネタバレをしていきます。

トラブルの原因は信頼関係

2話の終わりでは、1500斤のパンが誤発注扱いされてピンチに陥るコムギ。

そんなコムギを助けるべく、先輩社員や同僚が協力してくれます。

まずは、1500斤のパンを回収するために4台の車でスーパーに向かいます。

回収先でのスーパーの担当者は、注文書にサインまで書いているのに、それを破り捨ててコムギを「送りつけ詐欺」扱いする始末。

ムッとして言い返そうとするコムギでしたが、先輩社員が無理やり頭を下げさせます。

そして、担当者が去った後、自分には非がないことは明らかなのに謝罪させられた状況に納得していないコムギに先輩社員が諭します

コムギはパンを売って売り上げを伸ばすことばかり考えていましたが、その前にスーパーの担当者との信頼関係を築けていないことに原因があることを指摘したのです。

それでも先輩社員は、今回の誤発注はあまりにも悪質だということは理解しています。先輩社員は、回収した1500斤のパンの内、1000斤を他のエリアのスーパーに引き取ってもらうように手配してくれました。

残りの500斤を売るべくコムギは引き取り先を探していた所、ライバルのパンメーカーの営業・山下が現れ、「誤発注か?」と声をかけてきました。

救世主山下

山下は1話で出てきましたが、コムギを少しバカにしているようで、あまりいいヤツではないという印象でしたね。

コムギも山下に対していい印象を抱いていないので、「またからかいに来たのか」とげんなりしますが、実は山下もこの担当には同じ目に合わされて大変だったと話してくれました。

しかも、山下はハセガワストア(別のスーパー)で特売をやっているから、そこで売ろうと提案までしてくれます。

ハセガワストアの特売日には、山下の会社のパンを目玉商品で売ることが決まっていました。

つまり、山下の会社のパンを売りまくる、絶好のチャンスです。

しかし、山下は自分の売り場を縮小してもいいからコムギの会社のパンを置かせて欲しいと、ハセガワストアの担当者にお願いをしてくれるのでした。

成長していくコムギ

山下のおかげでコムギのパンをハセガワストアで売ることが許されました。

コムギは山下にお礼を言いますが、「500斤売りきらなければ意味がない」とハッパをかけられます。

コムギはスーパーの担当者とコミュニケーションを取るのは苦手なのですが、売り場設営のセンスがあります。

コムギは、「山下の会社のパンVSコムギの会社のパン」というコンセプトの売り場を即興で作り、山下やハセガワストアの担当者を感心させるのでした。

特にハセガワストアの担当者はコムギがいつもオドオドしてるのにイライラしていたのですが、テキパキと売り場設営をするコムギへの信頼感が芽生えたようです。

コムギと山下は自ら売り場に立ち接客までこなし、その甲斐もあって2人はほとんどのパンを売ることができました。

結果的に悪質な誤発注のトラブルが、ハセガワストアの担当者との信頼関係を深め、コムギをパンメーカーの営業として成長させる結果となったのでした。

「パンメーカーのコムギくん」を読んだ人の感想

それでは「パンメーカーのコムギくん」の結末まで読んだ人の感想を紹介します。

漫画アプリ「めちゃコミック」の口コミでは

  • トラブルがあっても頑張って挽回していて、気持ちのいい漫画
  • 新人営業マンの紆余曲折と奮闘を楽しめた
  • 人との信頼関係が大事だということがわかった

という感想がありました。

感想①

まるで実話に基づいたような話でとても面白かったです。
変に仕返しなどせず、嫌だと思ってた人は
それほど実は嫌な人では無かったという
社会人経験者が経験したような内容でリアリティがありました。
頑張って挽回して気持ちの良い漫画です。

感想②

3話で完結でサクッと読める。
新人営業マンの紆余曲折と奮闘を楽しめる。
「マジメに頑張って入れば、営業の神様は見ていてくれてるんだよ‼︎」
若い頃、先輩に言われた言葉を思い出しました。
コムギ君、応援してるよ‼︎

感想③

営業さんは自社の製品をよく知り、誇りを持って売り歩いている…
そう思うと頭がさがる(そりゃあ、適当にやってる人もいるかもしれないけど)。
どんなに数字をだそうとも、結局は人との関係を築けるか、これに尽きるなぁ

特に、営業マンの方が共感出る内容だったようで、口コミには「わかるわかる!」といったコメントも多かったです。

「パンメーカーのコムギくん」には続編があるので、ぜひそちらも読んでみてくださいね!

パンメーカーのコムギくん2:https://sp.comics.mecha.cc/books/142089

なお、ネタバレはコチラの記事でくわしく解説をしています。

面白いマンガを読みたい人必見!無料で読む方法を教えます!

今回、マンガのネタバレをしてきましたが、あなたは「他にも面白いマンガが読みたいな~」と日頃から思っていませんか?

今回紹介する方法を使えば、こんなにいいことがあります。

  • 人気マンガの最新巻をタダで楽しめる!
  • 短編マンガをタダで全話楽しめる!
  • どこでも・いつでもマンガを楽しめる!

興味がある方はぜひこちらの記事を読んでみてくださいね!

まとめ

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「パンメーカーのコムギくん」のネタバレについて解説をしました。

「パンメーカーのコムギくん」は、パンメーカーの営業・コムギがトラブルを乗り越えて、営業マンとして成長していくお話でしたね

また、最初嫌なヤツだと思っていた山下が、3話でめちゃくちゃいいキャラになっていて、そのギャップにやられた人もいたのではないでしょうか。

山下もコムギと同じようなトラブルにあった経験があったので、放っておけなかったんでしょうね。

「パンメーカーのコムギくん」は続編も面白いので、ぜひ読んでみてくださいね!