0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

兇器博物館【ネタバレ】最終回の結末は?ラストはどうなるのか解説!

2021年6月、マンガアプリ「LINEマンガ」に掲載されている「兇器博物館」が話題になっています。

兇器博物館は、人の顔がドーナツのように穴が空いたように見える病気を患っている青井が、治療法を求めて兇器博物館にやってくるお話です。

青井の病気は治るのか、最終話はどうなるのか気になりますよね!

しかし、「兇器博物館」は無料で最後まで読めますが、毎日1話ずつしか無料にならないので、最後まで読み切るには40日も必要です。

そこで、今回は待ちきれない人のために「兇器博物館」のラストがどうなるのか、オチを解説していきます。

漫画「兇器博物館」の結末のネタバレ!ラストはどうなるのか解説!

まず、「兇器博物館」の結末をネタバレすると、次のようになります。

結末

  • のっぺら病は顔の見える相手を幸せにすれば治る
  • 青井はキュレーターとして博物館に残る
  • 青井は博物館にいたクローンのミツルにやられて生首になっている

それでは、詳しくネタバレをしていきます。

まず、最終話の前の話で、のっぺら病の治し方が明らかになります。

それは、「顔の見える相手を幸せにすれば治る」というものです。

青井の場合は、鏡子とミツルを助けると決めた時点で、のっぺら病が治っていたようですね。

そして、青井はこれまでずっと兇器博物館のキュレーター(案内人)を務めてきた鏡子に代わって、博物館に留まることを選択します。

場面は変わって鏡子とミツルが博物館を去るところです。青井は鏡子から首輪を受け取ります。

実は兇器博物館の3階にはクローンのミツルがもう1人残されています。目印は右耳にピアスをしているそうです。

鏡子はもう1人のミツルを始末するように、青井にお願いしているのでした。

数年後、兇器博物館に訪れた客に兇器の説明をする男がいました。その男の右耳にはピアスが。

そして、兇器博物館の3階には首輪をつけたまま首だけの姿の青井が展示されています。

首輪を外さない限り青井は死ぬことはないので、生きたまま兇器として博物館に展示され続けているのでした。

「兇器博物館」を読んだ人の感想

それでは「兇器博物館」の結末まで読んだ人の感想を紹介します。

漫画アプリ「LINEマンガ」の口コミでは

  • 首輪付いたままってことは生きたまま?
  • 返り討ち!でも最後まで面白かった
  • 生首飾ってある博物館は嫌だ

という感想がありました。

感想①

え?!
なんでそーなっちゃったの!?
これで終わっちゃうの!?
まさかすぎて・・・
てか首輪ついたままってことは生きたまま!?

感想②

返り討ちかー
でもドナーとして造られたクローンの
子供が殺されて終わる方が胸糞だもんなー
あの首輪、外さない限りは生きてるワケだから
魍魎の匣どころじゃないな
最初から完結まで読めた希少な作品!
面白かった

感想③

ええー!返り討ちエンドか~・・・
主人公報われないなあ・・
生首飾ってあるとか嫌な博物館だよ・・・

まさかの主人公が返り討ちにあって、博物館に展示されるというラストに衝撃だった人が多いようです。

面白いマンガを読みたい人必見!無料で読む方法を教えます!

今回、マンガのネタバレをしてきましたが、あなたは「他にも面白いマンガが読みたいな~」と日頃から思っていませんか?

今回紹介する方法を使えば、こんなにいいことがあります。

  • 人気マンガの最新巻をタダで楽しめる!
  • 短編マンガをタダで全話楽しめる!
  • どこでも・いつでもマンガを楽しめる!

興味がある方はぜひこちらの記事を読んでみてくださいね!

まとめ

今回は漫画アプリ「LINEマンガ」に掲載されている「兇器博物館」のネタバレについて解説をしました。

「兇器博物館」の最後は、青井ののっぺら病は完治しますが、兇器博物館に残った青井はクローンのミツルに返り討ちにあってしまいました。

そして、今でも兇器博物館には生きた青井の生首が展示され続けている、という後味の悪い結末に終わりました。

「兇器博物館」はかなり難しい内容で、話についていけなくなった読者も多くいました。

しかし、ミステリアスな雰囲気に読むのを止められず、結局最後まで読んでしまう魅力ある作品だったと思います。

何度も読むとことで、話の内容がわかることもあるので、ぜひ「兇器博物館」は2周3周と読んでみてくださいね!