0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【フツウの親子】5話のネタバレ!最終回(結末)は養子をとったの?

2021年6月、マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「フツウの親子」が話題になっています。

「フツウの親子」は、不妊に悩む由佳と旦那の宏平が養子を迎えるまでを描くお話です。

4話は、由佳の小学校時代の友達で自身が養子である沙羅に、由佳と宏平が養子縁組について聞きに行ったところで終わりました。

これから由佳と宏平が、最後にどんな選択をするのか気になりますよね!

しかし、「フツウの親子」は4話までが無料で、最終話の7話まで読むためには課金が必要です。

そこで、今回は「フツウの親子」のラストがどうなるのか、オチを解説していきます。

漫画「フツウの親子」の5話のネタバレ!

「フツウの親子」の5話は、自身が養子として育てられた沙羅と由佳・博之の話が中心となります。

沙羅が養子縁組で気をつけて欲しいと話したのは、「真実告知」でした。

真実告知とは、「実は本当の親ではない」と子供に伝えることです。

沙羅は4歳のときに親から養子である事実を伝えられた経験から、早めに伝えるほうがいいと由佳たちにアドバイスをします。

その後、沙羅は生みの親に会った話をしてくれました。

そのとき沙羅は生みの親とは違う道を生きていること、自分が帰る場所は育ての親のところだと改めて思えて良い体験たったと言います。

その話を聞いて、由佳と宏平は生みの親でなくても親になれることを想像したのか、少し安心した表情になるのでした。

しかし、宏平には1つ不安がありました。

それは、「他人の子供を愛せるのか」ということです。

宏平は沙羅の父親と話す機会があったので、悩んでいることを話します。

沙羅の父親の答えは、「子供の顔を見ればそんな悩みは吹き飛ぶ」でした。

こうして沙羅と宏平は養子を迎える準備を進めていくのでした。

最終回の結末は養子をとったの?

由佳と宏平は、最終回で養子を迎えることになります。

ラストでは3歳くらいになった子供の両手を、由佳と宏平が繋いでいるシーンで物語は終わります。

その周りには、養子に迎えた子供が成長してきた写真。由佳と宏平は我が子同然に、子供を育てているようですね。

これからも家族3人で幸せに暮らしていくことが想像できるようなハッピーエンドのお話でした。

「フツウの親子」を読んだ人の感想

それでは「フツウの親子」の結末まで読んだ人の感想を紹介します。

漫画アプリ「めちゃコミック」の口コミでは

  • 夫婦2人が仲良くてほっこりした
  • 自分が子宝に恵まれたことに改めて感謝した
  • たくさんの人にこの作品を読んで欲しい

という感想がありました。

感想①

とてもいいお話。
よくある妊活のお話かと思ったら、
一歩先いってました。
夫婦2人が仲良いので、
読んでいてほっこり。

感想②

この夫婦が本当に素晴らしくて尊敬します!
妊活を散々頑張った後に「養子を迎え入れる」
ということを考えて、
そのための準備を進めていく2人。
養子について何も知らなかったし
勉強になったと同時に、
私自身子宝に恵まれたことに改めて感謝しました。

感想③

とても伝えたいことがシンプルに
ハッキリと心に響く作品です。
読むと何だか気持ちがスッキリします。
絵のタッチも好感が持てます。
ふつうってなんだろうと
考えるきっかけになりました。
沢山の人がこの作品を
読んでくれたらなと思いました。

「フツウの親子」は特に子供を持つ親が読むとグッとくる作品だったと思います。

実際に由佳や宏平に感情移入したり、自分に子供がいることに感謝する口コミが多くありました。

面白いマンガを読みたい人必見!無料で読む裏ワザを紹介します!

今回、マンガのネタバレをしてきましたが、気になるマンガや人気作品の最新刊を無料で読む方法があるのをご存知でしょうか。

僕はこの方法を使って3冊のマンガをタダで読むことができました。

さらに僕の友人にも同じ方法を教えたら、無料でマンガを読めて喜んでいました。

この方法を使うとこんなにいいことがあります。

  • 人気マンガの最新巻をタダで楽しめる!
  • 短編マンガをタダで全話楽しめる!
  • どこでも・いつでもマンガを楽しめる!

あなたもこの方法を知っていれば、同じように0円で好きなマンガを読むことができますよ!

まとめ

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「フツウの親子」のネタバレについて解説をしました。

「フツウの親子」は、心優しい夫婦が養子を迎えて幸せになるまでの過程を描いた作品でした。

特に子供がいる方は「フツウの親子」を涙なしでは見られない作品です。

感動する作品を読みたいなら、ぜひ「フツウの親子」を読んでみてくださいね!