0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【カフを上げろ!】5話ネタバレ!ラスト(最終回)の結末はどうなる?漫画のオチを解説

マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「カフを上げろ!」が話題になっています。

「カフを上げろ!」は、放送作家の高山が成功するまでの挫折と葛藤を描いたストーリーです。

4話ではラジオの生放送に遅れて現れたカズが、暴言を吐きまくって放送事故同然になるのですが・・・

しかし、「カフを上げろ!」は4話までが無料で、最終話の5話を読むためには課金が必要です。

そこで、今回は「カフを上げろ!」のラストが気になる人のために、最後のオチを解説していきます。

漫画「カフを上げろ!」の結末のネタバレ!5話(最終回)のラストはどうなる?

まず、「カフを上げろ!」の結末をネタバレすると、次のようになります。

結末

カズとの言い合いをそのまま放送した放送は大反響を呼び、高山は一躍有名な放送作家になる。

殻を破った高山はこれからの放送作家人生に自信を持てるようになる。

それでは、詳しくネタバレをしていきます。

酔っ払ったカズが吐き続ける暴言がラジオのリスナーに聞こえないように、「カフを下げろ!」というプロデューサー。

ちなみにカフとはラジオの声をON/OFFの切り替えをする装置です。

ところが高山は「カフを上げろ!」と叫びます。

カズが吐きまくるラジオに対する侮辱をに怒りがこみ上げてきた高山は、ラジオを聞いている人たちに自分の声を届けたくなったのです。

カズの暴言は止まりません。

高山が「ラジオは俺の全てだ!」というとカズは「陰キャ全開で暗い」と言い返します。

その言葉にカッとなった高山は思わずカズの胸ぐらを掴み、「ラジオが好きだから、自分みたいなリスナーに番組を届けたいんだ!」と熱く語ります。

そんなラジオに対する情熱に負けたカズは、「そんなやる気があるやつとやり合いたかったんだ!」と言い、ついに高山のことを認めてくれました。

この放送はリスナーにも業界にも大反響を呼び、面白い放送作家がいると高山は一躍有名人になります。

そんな中、高山にアドバイスをし続けてきた放送作家の先輩・神代からメッセージが届きます。

家の都合で放送作家を辞めざるを得なかった神代からは「俺の分まで頑張ってくれ」。

高山は「はい」と返し、これからも放送作家として面白い番組を作っていくことを決意するのでした。

「カフを上げろ!」を読んだ人の感想

それでは「カフを上げろ!」の結末まで読んだ人の感想を紹介します。

漫画アプリ「めちゃコミック」の口コミでは

  • タイトルだけではわからない漫画がある。
  • 壁にぶつかって解決していくストーリーが好き。
  • 生き方を考えさせてくれる漫画

という感想がありました。

感想①

タイトルだけでは内容が
わからない漫画というものがある。
この漫画もそうである。
人はわからないものに
出くわすとその先に
進もうとする場合がある。

感想②

放送作家って名前は
聞いたことあるけど、
実際どんなことしてるか
知らなかった。
話の内容も、主人公が壁に
ぶち当たりながら、
自分を変えるように頑張ったり、
相手をやる気にさせたりする
サクセスストーリーみたいで
好きです。
あの芸人と頑張って欲しい!!

感想③

自分らしさを出したくて
飛び出してウズウズしている。
自分のできなさを人のせいに
するのなんてたのしくない。
やろうと思った時が初めだから。
そう思わせてくれる漫画。

確かにタイトルだけでは内容はまったく読めない漫画でしたが、憧れの放送作家になった若者が成功するまでの苦悩を描いたストーリーで、心打たれるものがありました!

ぜひ最後まで読んでみてほしい作品です。

面白いマンガを読みたい人必見!無料で読む裏ワザを紹介します!

今回、マンガのネタバレをしてきましたが、気になるマンガや人気作品の最新刊を無料で読む方法があるのをご存知でしょうか。

僕はこの方法を使って3冊のマンガをタダで読むことができました。

さらに僕の友人にも同じ方法を教えたら、無料でマンガを読めて喜んでいました。

この方法を使うとこんなにいいことがあります。

  • 人気マンガの最新巻をタダで楽しめる!
  • 短編マンガをタダで全話楽しめる!
  • どこでも・いつでもマンガを楽しめる!

あなたもこの方法を知っていれば、同じように0円で好きなマンガを読むことができますよ!

まとめ

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「カフを上げろ!」のネタバレについて解説をしました。

「カフを上げろ!」は放送作家で面白い番組を作りたいともがく高山の苦悩と、それを解決していくまでを描いたサクセスストーリーでした。

内容がわかっても、実際に漫画を読むと感動するはずです。

ぜひ実際に漫画を読んでみてくださいね!