0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

入学傭兵の33話ネタバレ!壮馬とボスには因縁が?!

マンガアプリ「LINEマンガ」に掲載されている「入学傭兵」が話題になっています。

「入学傭兵」の33話では見事敵を先回りして倒し、富田少佐の危機を救いました。

敵の部隊を壊滅に追い込んでいく壮馬ですが、この後どうなっていくのでしょうか。

しかし、「入学傭兵」は33話を無料で読むためには、1日1話ずつ読み進めるしかありません。

そこで、今回は続きが気になる人のために、「入学傭兵」の33話のあらすじをネタバレ解説していきます。

漫画「入学傭兵」の33話ネタバレ!あらすじを解説

それでは「入学傭兵」のネタバレをしていきます。

33話ネタバレ!

まず、「入学傭兵」の33話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

33話ネタバレ

  • 壮馬は的確に敵を攻撃して数を減らしていく
  • 敵を殲滅した壮馬は、ついに富田少佐と再会する
  • 敵のボスは手口が壮馬と気付き、部下に調査に当たらせる

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

33話のあらすじ解説!

グリアンは壮馬がかつて傭兵として活躍した土地なので、壮馬は地の利を活かして相手に攻撃を仕掛けます。

そして壮馬は次々と敵を射抜き、ついに最後の敵も倒します。

一方、少佐は敵が制圧されていく様子を見て、何が起こっているのか状況を把握できません。

そして少佐たちの無線機から「こちらはM。3分後に合流します」という謎の声が聞こえてきます。

少佐の部下の1人が、Mとは壮馬のことではないかと気付き、少佐は半信半疑になりながら合流してくる人物を待ちます。

そして少佐たちの前に現れたのは、やはり壮馬でした。

少佐は壮馬がグリアンの地にやってきたことを怒りますが、壮馬は「もし行かなかったら一生後悔していた」と答えます。

壮馬の言葉に少佐は感動し、涙を流して感謝するのでした。

一方敵は謎の襲撃者によってアルファチームとデルタチームがなぜ壊滅させられたのか、状況を理解できていませんでした。

そんなとき、ボスがかつて同じ手口でやられたことを思い出します。

ボスは「001」をもう1度調べ直せと部下に命令するのでした。

34話に続きます!

「入学傭兵」34話のネタバレはコチラから!

「入学傭兵」の他の話を読みたい場合はコチラから!

「入学傭兵」34話の感想・考察

壮馬が少佐の危機を救い、一安心となりました!

少佐が無事で本当に良かったです!

しかし、敵のボスは壮馬の存在に気付きつつあるようです。

壮馬はコード番号で「001」と呼ばれているようですが、過去に何があったのでしょうか?

今後壮馬のさらなる過去が明らかになるのかもしれませんね!

まとめ 壮馬とボスには因縁が?!

今回は漫画アプリ「LINEマンガ」に掲載されている「入学傭兵」の33話のネタバレについて解説をしました。

33話では、ついに壮馬が富田を少佐を助けることに成功しました!

しかし敵とは何やら因縁があるようです。

次回以降、壮馬の過去と敵のボスとの因縁が明らかになるのでしょうか。

次回も楽しみです!