0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

漫画「弱いヒーロー」43話ネタバレ!結城は京津高校に興味なし?

マンガアプリ「LINEマンガ」に掲載されている「弱いヒーロー」が話題になっています。

「弱いヒーロー」の42話では、結城は「遠田高校の白蛇」に通り名が浸透していることが判明しましたね!

結城はこのまま他校からも恐れられる存在となっていくのでしょうか。

”前回の話をおさらい!”

しかし、「弱いヒーロー」の43話を無料で読むためには、1日1話ずつ読み進めるしかありません。

そこで、今回は続きが気になる人のために、「弱いヒーロー」の43話のあらすじをネタバレ解説していきます。

漫画「弱いヒーロー」の43話ネタバレ!あらすじを解説

それでは「弱いヒーロー」のネタバレをしていきます。

43話ネタバレ!

まず、「弱いヒーロー」の43話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

  • 京津高校のアタマである門脇は「遠田高校の白蛇」を要注意人物としてインプットする
  • 光永は自分が遠田高校に敗れたことを柴崎にバレたことを知る
  • 結城は的場たちが屋上でやっている京津高校の「遠田高校狩り」の対策会議に参加せずに勉強している

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

43話のあらすじ解説!

京津高校のアタマである門脇は、手下達が遠田高校の生徒に返り討ちになったことを知り罵ります。

しかし、手下から「遠田高校の白蛇」の名前を聞くと、今後の要注意人物としてマークすることにしたのでした。

一方勇正高校の光永のスマホには、連合のアタマである柴崎から連絡が来ていました。

光永は遠田高校に敗れたことがすでに柴崎の耳に入っていることを知り、連合の除名を覚悟します。

そこへ光永の前に、かつて勇正高校のアタマを張っていた生徒が現れました。

どうやら勇正高校の元アタマも光永の敗北を聞きつけたようです。

元アタマは光永が弱っている隙を狙って再び返り咲きを狙っていたようですが、喋っている途中で光永にボコボコにされていました。

一緒にいた麻生は遠田高校に敗れた光永がずっと考え事をしているのを見て心配していましたが、久しぶりに暴れる光永を見て安心するのでした。

場面は変わり遠田高校の屋上です。

新居が的場たちに、前日京津高校に絡まれたことを話していました。

新居は結城と井田のお陰で難を逃れたことを聞くと、井田が助けたことに驚きを隠せませんでした。

一方結城は遠田高校の生徒が京津高校に襲われていることを何とも思っていないようです。

放課後もずっと勉強をしており、そんな様子を見て速水は、この先の行く末を心配するのでした。

44話に続きます!

44話のネタバレはコチラから!

「弱いヒーロー」の他の話を読みたい場合はコチラから!

「弱いヒーロー」43話の感想・考察

「弱いヒーロー」の43話では遠田高校の的場たちも京津高校の動きに気付いて対策をねっています。

しかし、結城はまったく関心がないようです。

結城が何を思っているのか気になりますよね!

また、勇正高校の光永もまだだ衰えてはいないようですね!

再び遠田高校の前に立ちはだかるのか、ひょっとしたら遠田高校と手を組んで柴崎と戦う可能性もあるのかもしれませんね!

まとめ 結城は京津高校に興味なし?

今回は漫画アプリ「LINEマンガ」に掲載されている「弱いヒーロー」の43話のネタバレについて解説をしました。

京津高校の「遠田高校狩り」に興味を示さない結城ですが、一体何を思うのでしょうか。

また光永の動向も気になりますね!

次回も楽しみです!