0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

漫画「入学傭兵」36話ネタバレ!大林の暴行を受ける佐々木と飯田

マンガアプリ「LINEマンガ」に掲載されている「入学傭兵」が話題になっています。

「入学傭兵」の35話では壮馬と潤がタッグを組み、佐々木と飯田の救出に向かいました。

西山工業との戦いはどうなるのでしょうか。

続きが気になりますが、「入学傭兵」は36話を無料で読むためには1日1話ずつ読み進めるしかありません。

そこで、今回は続きが気になる人のために、「入学傭兵」の36話のあらすじをネタバレ解説していきます。

漫画「入学傭兵」の36話ネタバレ!あらすじを解説

それでは「入学傭兵」のネタバレをしていきます。

36話ネタバレ!

まず、「入学傭兵」の36話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

36話ネタバレ

  • 壮馬と潤は佐々木たちが拉致された現場に到着し、西山工業の残党4人を一瞬で倒す
  • 大林は虫の居所が悪く、挑発した佐々木と飯田をボコボコにする
  • そんな中壮馬と潤が西山工業のアジトに到着する

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

36話のあらすじ解説!

片山が最後に佐々木と飯田を見た現場に来た壮馬たちでしたが、すでに2人は拉致されていました。

現場に残っていた西山工業の残党が4人いたので、彼らから居場所を聞き出そうと壮馬と潤は考えます。

そして壮馬と潤は一瞬で西山工業の4人をやっつけてしまいます。

壮馬がまだ意識がある西山工業の残党に、佐々木と飯田の居場所を聞きます。

しかし挑発された壮馬は追撃をして気絶させてしまい、結局2人の居場所を聞くことはできないのでした。

一方拉致された佐々木と飯田は西山工業のアジトにいました。

2人は西山工業のボスである大林の前に、拘束されて座らされています。

大林は先日西山工業の生徒達が佐々木たちにやられてしまったことが、就職先の会社(正体は暴力団)の先輩の耳に入ってしまい怒られていました。

そのため、イライラしており大林は一触即発の雰囲気をにじませていました。

大林は佐々木と飯田の他に片山と壮馬も連れてくるように命令していたため、2人しか連れてこなかった神田にも当たり散らします。

そして大林は佐々木と飯田に逃げている2人(片山と壮馬のこと)の名前を言えと命令します。

しかし佐々木と飯田は大林を挑発して、ボコボコにされてしまうのでした。

そんななかようやく西山工業のアジトの入り口が開かれ、壮馬・潤・片山が姿を現したのでした

37話に続きます!

「入学傭兵」の37話ネタバレを読みたい場合はコチラから!

「入学傭兵」の他の話を読みたい場合はコチラから!

「入学傭兵」36話の感想

「入学傭兵」の36話では西山工業のボス・大林が登場しました。

大林は気性があらく佐々木と飯田は神田たちが心配するほど殴られ続けてしまいましたが大丈夫でしょうか。

壮馬と潤には西山工業をボコボコにしてほしいですね。

今回も壮馬の無双が見られるのかが楽しみです。

まとめ 大林の暴行を受ける佐々木と飯田

今回は漫画アプリ「LINEマンガ」に掲載されている「入学傭兵」の36話のネタバレについて解説をしました。

36話では佐々木と飯田が大林の壮絶な暴行を受けていしまいました。

壮馬と潤は、佐々木と飯田を助け出すことができるのでしょうか。

次回も楽しみです!