0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

漫画「弱いヒーロー」26話ネタバレ!三田則記編スタート!

マンガアプリ「LINEマンガ」に掲載されている「弱いヒーロー」が話題になっています。

「弱いヒーロー」の25話では結城の過去のお話が始まりました。

前にもチラッと出てきた三田則記がどんな人物だったのかが明らかになりそうです。

しかし、「弱いヒーロー」の26話を無料で読むためには、1日1話ずつ読み進めるしかありません。

そこで、今回は続きが気になる人のために、「弱いヒーロー」の26話のあらすじをネタバレ解説していきます。

漫画「弱いヒーロー」の26話ネタバレ!あらすじを解説

それでは「弱いヒーロー」のネタバレをしていきます。

26話ネタバレ!

まず、「弱いヒーロー」の26話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

26話ネタバレ

  • 三田則記は結城が中学生3年生のときのクラスメート
  • 三田はいつも勉強している結城に興味を持って話しかける
  • 三田は今度の試験で結城を抜いて1位を獲ると宣言し、有限実行する

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

26話のあらすじ解説

中学3年生の結城は将来特にやりたいこともなく、勉強に没頭する毎日を過ごしていました。

結城は常にクラス1位の成績を収めていましたが、どこかぼっかりと穴が空いたような虚無感を感じていています。

休み時間も参考書を広げて勉強している結城に興味を持ったのが三田でした。

三田は結城の勉強時間やペンだこを見て、すごいヤツだとおもったのです。

三田は勉強をしている結城に話しかけますが、結城はまったく興味がなくどちらかと言えば邪険に扱っていました。

そんな結城に対して三田は「ホントは1位の成績を獲れる」と言い放ちます。

しかし三田の成績はいつも20番代で、特に成績が優秀な訳ではありません。

結城は三田がホラを吹いていると特に相手にしませんでしたが、三田は有言実行を成し遂げます。

テストの結果が出るとなんと結城を抑えて三田が1位の成績をとっていました。

こうして結城は少しずつ三田に興味を持っていくのでした。

27話に続きます!

「弱いヒーロー」の他の話を読みたい場合はコチラから!

「弱いヒーロー」26話の感想・考察

「弱いヒーロー」の26話では結城の中学校時代の話が始まりました。

三田が初登場しましたが、つかみどころのない人物ですね。

しかし常に成績1位をとっていた結城に勝ってしまうなど、底しれぬ才能をもっているようです。

また結城はこのころケンカが強かった訳ではないようです。

結城が三田と関わるようになってどのように変わっていくのか楽しみですね!

まとめ 三田則記編スタート!

今回は漫画アプリ「LINEマンガ」に掲載されている「弱いヒーロー」の26話のネタバレについて解説をしました。

26話では結城の過去編が始まり、三田が初登場となりました。

三田が結城にどんな影響を与えていくのかが気になりますね。

次回も楽しみです!