0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

漫画「入学傭兵」44話ネタバレ!壮馬と潤が再び大林のアジトに乗り込む

マンガアプリ「LINEマンガ」に掲載されている「入学傭兵」の44話をネタバレしていきます。

「入学傭兵」の43話では006から最後の電話がかかってきました。

これで壮馬はキャンプの目をうまくかいくぐることができるのでしょうか。

続きが気になりますが、「入学傭兵」は44話を無料で読むためには1日1話ずつ読み進めるしかありません。

そこで、今回は続きが気になる人のために、「入学傭兵」の44話のあらすじをネタバレ解説していきます。

漫画「入学傭兵」の44話ネタバレ!

それでは「入学傭兵」のネタバレをしていきます。

44話ネタバレ要点

まず、「入学傭兵」の44話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

44話ネタバレ

  • 壮馬と潤が大林のアジトに乗り込む
  • SWグループのライバル会社が不穏な動きを見せている

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

44話ネタバレ① 壮馬と潤が大林のアジトに乗り込む

006からの電話があった翌日、壮馬は片山達から、由利奈が前日西山工業の連中に絡まれてたことを聞きます。

大林が悪さをしているのではないかと思い、アジトに乗り込むことにした潤と壮馬。

一方何も知らない大林は星田高校に最近ナメられていることを懸念して、懲らしめにいこうとアジトで画策をしていました。

大林が壮馬に敗れたという噂が広がっており、西山工業の権力は失墜しているのです。

大林が立ち上がり星田高校の元へ向かおうと思ったそのとき、アジトに壮馬と潤が現れました。

突然のことにたじろぐ大林に向かって、壮馬は妹に手を出したのかを聞きます。

最初はまったく思い当たることがない大林でしたが、弟が女性をナンパしていたことを思い出しました。

その女性が壮馬の妹であることに気づいた大林は、もう2度と手を出さないと誓います。

壮馬達が大林の元から立ち去ると、大林は戦意を喪失して星田高校への殴り込みを中止にしてしまうのでした。

 

44話ネタバレ② SWグループのライバル会社が見せる不穏な動き

場面は変わり、SWグループの会長室。

最近SWグループは強引に事業を拡大しているため、各所から懸念の声が聞こえていました。

さらにSWグループの事業拡大によってよからぬ動きを見せるライバル会社もいるようです。

その報告を聞いた礼子の祖父であるSWグループの会長は何かを考えるような顔をするのでした。

45話に続きます!

「入学傭兵」44話の感想

「入学傭兵」の44話は大林が弟の失態から、壮馬に再度ボコボコにされる危機を迎えました。

壮馬がいる間は、大林は大きな顔ができなくなってしまいましたね(笑)

さらにSWグループのライバル会社に不穏な動きがあるようで、それによって新たな展開を見せそうです。

ひょっとしたらSWグループグループのライバル会社がキャンプとつながっているのかもしれませんね。

どんな展開になっていくのか楽しみです!

 

まとめ キャンプが壮馬を狙う理由は?

今回は漫画アプリ「LINEマンガ」に掲載されている「入学傭兵」の44話のネタバレについて解説をしました。

「入学傭兵」の44話は

  • 壮馬と潤が大林のアジトに乗り込む
  • SWグループのライバル会社が不穏な動きを見せている

といったお話でした。

次回も楽しみです!