0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

漫画「国民ボタン」8話ネタバレ!黒く染まるボタンの意味とは!?

マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「国民ボタン」が面白いですよね!

国民ボタンの前話では、人々の左手の甲にはボタンが埋め込まれていてしまいました。

悪魔は日本国民全員を巻き込んで新たなゲームを開始したのです。

全員参加型となった第2回戦、人々はどのような行動を取るのでしょうか?

今回は「国民ボタン」の続きが気になる人のために、8話のあらすじを紹介していきます。

漫画「国民ボタン」の8話ネタバレ!

それでは「国民ボタン」の第8話のネタバレをしていきます。

8話ネタバレ要点

まず、「国民ボタン」の8話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

8話ネタバレ

  • 世界の動向と対策について
  • 情報の遮断と国民の不安
  • 例の情報とボタンの関係性とは

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

8話ネタバレ① 世界の動向と対策について

調査によるとQ国では、悪魔からの説明があった後に徐々にボタンを押す人が増えて、20%を超えた辺りからかなりの勢いで増加し、35%を超えた後は50%に到達するまでに20分も掛からなかったとの報告が皆を驚かせます。

そして政府は国民がこれ以上ボタンを押さないようにと討論するも、特に良い案は出てきません。

それよりも厄介なSNSをどうにかした方がいいという流れになります。

悪魔が世間に姿を見せてから1週間。

ニュース番組にて、このままのペースでいくと20日後には半数に到達してしまうとの事で焦る気持ちが高まります。

それを見ていたカップルはまたも意見の不一致で険悪になってしまいます。

8話ネタバレ② 情報の遮断と国民の不安

2週間後。世界では3分の1の国で人口が半分となっていました。

しかも生き残った者は自己中心的な人物が多いためか、略奪や暴動などが各国で多発し、世界は混沌とした状況に陥ります。

この頃の日本国内は政府によって海外の情報を遮断し、限られた情報しか手に入らない状況となります。

しかしその代償として、不満と不信が一気に膨れ上がり、それは抗議デモ等に繋がるのでした。

8話ネタバレ③ 例の情報とボタンの関係性とは

政府内にて梅鉢は上司からとある情報の件を聞かれ、調べた結果どうやら信憑性は高いと上司に報告します。

その報告を受けた政府はこの噂だけは絶対拡散させてはならないと声を上げます。

そしてボタンを押した人々を隔離したいものの、人数が多すぎて隔離する手段が見つからないと難航します。

険悪な感じになりそのまま家を出て行ってしまった彼と仲直りすべく彼女は夕食を作って待っています。すると緊急国民ボタン速報がスマートフォンから鳴り出します。

国内で押下率が15%を突破し、一日でボタンを押した人が5%も増え、SNS上でもボタンを押した人の報告が止まリません。

そして彼女は焦ってボタンを押してしまいます。すると押したボタンは黒く染まってしまいました。

9話に続きます!

9話のネタバレはコチラ

準備中です。

「国民ボタン」8話の感想

前回のゲームは主人公の佐藤一人の問題だったのもあり、今回のゲームでは話がより大きくなってきていて、様々な人間模様が描かれていて読んでいて面白いです。

世界の描写も増えてきていて、国内外と見どころ満載です。

そして何より最後のほうでの例の情報というのがどういった内容なのかがとても気になりました。

ボタンを押した人の隔離とボタンの変色がキーワードだと思うので、考え甲斐があります。

こうして読者に考えさせる終わり方をするので、読んでいてとても面白いと思いました。

まとめ 黒く染まるボタンの意味とは!?

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「国民ボタン」の8話のネタバレについて解説をしました。

「国民ボタン」の8話は

  • 世界の動向と対策について
  • 情報の遮断と国民の不安
  • 例の情報とボタンの関係性とは
  • 【要約4】

といったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!