MENU
0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

漫画「幼なじみはなぜか不機嫌」最終回(6話)ネタバレ!想いが通じ合う早紀と保

マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「幼なじみはなぜか不機嫌」が面白いですよね!

「幼なじみはなぜか不機嫌」の前話では、世間体を気にして中々告白の答えを出せずにいた早紀。

7年もの間ずっと早紀の幸せを願ってくれていた保の絵馬を見つけます。

2人の恋の行方はどうなるのでしょうか。

今回は「幼なじみはなぜか不機嫌」の6話の内容が気になる人のために、あらすじのネタバレを紹介していきます。

漫画「幼なじみはなぜか不機嫌」の6話ネタバレ!

それでは「幼なじみはなぜか不機嫌」の第6話のネタバレをしていきます。

6話ネタバレ要点

まず、「幼なじみはなぜか不機嫌」の6話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

6話ネタバレ
  • 告白に応える早紀
  • ついに結ばれる保と早紀

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

6話ネタバレ① 告白に応える早紀

今年の保の絵馬には、「早紀姉は俺が幸せにしたい」と書かれているのを見つけた早紀。

その絵馬に背中を押された早紀はいてもたってもいられず、その夜保が部屋に帰ってきたのを見るや否や保の部屋のベランダに飛び移って保に受け止めてもらいます。

危ないと怒られる早紀でしたが、神社で保の絵馬を見たことを伝え、自分の気持ちを話し始めます。

他の人のものになっても変わらず幸せを願ってくれる人は保だけなのに、世間体を気にして中々素直になれなかったと嘆く早紀。

勇気を振り絞り、保を信じて「私とずっと一緒にいてくれますか」と告白するのでした。

6話ネタバレ② ついに結ばれる保と早紀

保は自分がちゃんと言うつもりだったのにと言って早紀を抱きしめ、何年も片思いをさせたのだから、もう我慢はしないと言ってキスをします。

その夜ついに2人は結ばれ、「遠回りしたけど、大切な人に気付かせてくれてありがとう」と神様に感謝する早紀。

その後2人は神社に行って、今年の保の絵馬に早紀が「宜しくお願いします」と書き足し、幸せそうに手をつないで帰るのでした。

ox29″ title=”全話ネタバレはコチラ”]

漫画「幼なじみはなぜか不機嫌」ネタバレ全話まとめ|【最終回(結末)のラストまで】

[/box]

 

「幼なじみはなぜか不機嫌」6話の感想

「幼なじみはなぜか不機嫌」の第6話では、ついに早紀が自分の気持ちに素直になって保に告白しました。

長年片想いをしていた保の想いがやっと通じて、こちらまで幸せな気持ちになります。

「早紀姉は俺が幸せにしたい」「宜しくお願いします」という2人の絵馬でのやり取りも、見ていてほっこりしますよね。

もう少し2人の関係を見ていたかったので名残惜しい気もしますが、気持ちの良いテンポと展開でとても読みやすいお話でした。

 

まとめ 想いが通じ合う早紀と保

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「幼なじみはなぜか不機嫌」の6話のネタバレについて解説をしました。

「幼なじみはなぜか不機嫌」の6話は

  • 告白に応える早紀
  • ついに結ばれる保と早紀

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!