0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

「雪人 YUKITO」ネタバレ9話!近松は未だに宮本のことを慕っていた!?

マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「雪人 YUKITO」が面白いですよね!

「雪人 YUKITO」の前話では、雪人と女将は苅部の火葬場にいます。

そこへ現れたのは宮本。

更にはなんと近松までもが、この火葬場に到着しました。

今回は「雪人 YUKITO」の9話の内容が気になる人のために、あらすじのネタバレを紹介していきます。

漫画「雪人 YUKITO」の9話ネタバレ!

それでは「雪人 YUKITO」の第9話のネタバレをしていきます。

9話ネタバレ要点

まず、「雪人 YUKITO」の9話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

9話ネタバレ
  • 雪人は絶対に犯人を捕まえると宮本に宣言する
  • 宮本を未だに慕っていた近松

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

9話ネタバレ① 雪人は絶対に犯人を捕まえると宮本に宣言する

宮本は、線香をあげにきたと言います。

女将は宮本に対し、嘘をついていたことが許せない、と言います。

女将と苅部は、幼少期に両親を亡くしており、弟は唯一の身内だったのでした。

ひつぎの前で、泣き崩れる女将を遠目に、雪人と宮本が会話します。

宮本はここで初めて女将を、名前の「玉緒」で呼びました。

そして、なぜここに雪人がいるのかと問います。

雪人は、女将に弟の死を伝えたあと、新宿警察署に一緒に行ったのですが、玉緒は

ショックを隠しきれず、1人で立っていられない様な、状態だったそうです。

ですので、そのまま引き取りや、手続きを代理で済ました、ということでした。

続けて、絶対に犯人を見つけ出す、と宣言します。

この事件の犯人が、父親の事件に関連すると推理しているからです。

父が巻き込まれた事件の真相を、息子くらい知っておかないと、父の生きていた意味が、なくなる気がすると伝えます。

宮本は、その言葉を自分事に当てはめていました。

宮本は雪人にあとを頼み、その場を立ち去ります。

そして火葬場を出ようとすると、入り口には近松が立っていました。

9話ネタバレ② 宮本を未だに慕っていた近松

宮本は近松に頭を下げます。

近松は、外に出て2人だけで話がしたいと誘いました。

このやりとりを目にした雪人は、裏口に周り込み、2人の会話を盗み聞きします。

なんと近松は、宮本を最高幹部に引き上げる計画を、立てていたのでした。

近松は、宮本が上に立ち、みんなを引っ張ってほしいと伝えます。

しかし宮本には、最初からその意思はなく、自分の親父は田代組の組長だけだ、と言います。

近松は、それなら明日から自分の使用人として、こき使ってもいいのか、と脅すのですが、宮本はこれをあっさり承諾するのでした。

近松は悔しそうに、その場をあとにします。

宮本は、雪人が聞いていることに気づいていたので、雪人を呼びました。

出てきた雪人に対して宮本は、苅部を殺したのは近松の筋の者かもしれないと推理します。

近松から思っていた以上に、自分への執着を感じたからです。

だから、そんな宮本や田代組が、近松の元からいなくなればいい、そう考える奴が出てきても不思議ではないと。

ということは、田代組組長の襲撃事件も、同一筋の可能性があると推理します。

そう言って、宮本は立ち去りました。

そこで雪人に、1通のメールが届きます。

差出人は杏でその内容は、鴨下から連絡がきたので少し会ってくる、というものでした。

10話に続きます!

 

「雪人 YUKITO」9話の感想

ここまで怪し気に描かれてきた近松でしたが、宮本との会話シーンで、宮本のことを

かなり慕っている事実が発覚しました。

2人の関係は決して悪いものではなかったのですね。

そして犯人の筋に、近松周辺の可能性が見えてきました。

おもしろい展開です。

最後は、杏の身に危険が起きそうなあらたな展開。

果たしてどうなるのか?

 

まとめ 近松は未だに宮本のことを慕っていた!?

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「雪人 YUKITO」の9話のネタバレについて解説をしました。

「雪人 YUKITO」の9話は

  • 雪人は絶対に犯人を捕まえると宮本に宣言する
  • 宮本を未だに慕っていた近松

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!