0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

「島さん」5話ネタバレ!中西の決断に変化する息子・マサキの心境

マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「島さん」が面白いですよね!

「島さん」の前話では、一年前の出来事。知人に騙されて借金を背負わされ、道を踏み外して自首をした元同僚のヤネさん。

そんなヤネさんを語る島さんと店長はすでにヤネさんを許しており、そして待っているのでした。

今回は「島さん」の5話の内容が気になる人のために、あらすじのネタバレを紹介していきます。

漫画「島さん」の5話ネタバレ!

それでは「島さん」の第5話のネタバレをしていきます。

5話ネタバレ要点

まず、「島さん」の5話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

5話ネタバレ
  • 中西の息子の勤務態度に困る島さん
  • 移転を迫られる中西は父親を想うあまり断り続けている
  • 店の移転と島さんのおかげで改心したマサキ

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

5話ネタバレ① 中西の息子の勤務態度に困る島さん

自宅の仏壇に手を合わせて挨拶をしてから出勤する島さん。今夜は久しぶりに知人のコンビニにヘルプに来ました。

店員の一人にオーナーを尋ねるとオーナーは隅の方でスーツの人と揉めています。

そんな中、島さんに気付いたオーナーの中西は「親父の葬式以来だな!」と言い、ヘルプに来た島さんを歓迎します。

そして今回の夜勤は自分の息子と一緒だという事を伝え、去っていきます。

中西の息子は態度が悪く、お客さんを差別して自分の好みの人にはサービスするといった様子で、島さんは何も言えずにいました。

5話ネタバレ② 中西は移転を迫られるが父親を想い断り続けている

そして夜が明けオーナーの中西が戻ってきて息子のマサキの事を島さんに尋ねると「将来この店を継ぐならもう少し本腰を入れたほうがいいかもね…」と控えめに言う島さん。

中西は島さんに「この前揉めていた人は本部の人間で、移転しろとしつこい」と打ち明けます。

中西は「死んだ父親が酒屋からコンビニに変えて、24時間年中無休でやってきた親子二人の店で、息子はやる気がないからこのままこの土地で終わらせたいと思っている」「その前にアイツにはコンビニ経営なんて無理だろうけどな」と島さんに言います。

その話を聞いて「オヤジさんもこの店を譲るときに同じことを言っていたよ」と島さんは中西に言うのでした。

5話ネタバレ③ 店の移転と島さんのおかげで改心したマサキ

数日後、中西は島さんに「店の事を考えた結果、移転を決めた」と告げます。

その夜、息子のマサキと一緒に働いていた島さんはマサキに移転の話を知っているか尋ねますが、あまり関心を示しません。

そんなマサキに「移転の話を他の知り合いのオーナーに回そうと思っていて、もしあの空き地に新しくコンビニができたらこの店はあっという間に無くなるだろう」と島さんは言います。

それを聞いて顔から血の気が引いていくマサキ。

結局空き地には中西の店が移転をし、そこには髪を切り、真面目に愛想良く働くマサキの姿がありました。

6話に続きます!

 

「島さん」5話の感想

中西は父親を想うあまり、たかだか移転先が百メートルの距離だったとしても移転はしたくなく、息子もやる気がないからと自分の代で店を終わらせようと思っていました。

そしてその空き地に新しくコンビニが出来てしまうと聞いた中西は店の存続を考え移転を決意します。

やはり誰かへの想いだけでは現実はどうにもならないという事を感じさせられた話でした。

その裏では島さんが息子のマサキにやる気を出させるために軽く脅しかけるような事を言い、見事島さんの思惑通りに事が進みました。

時にはこういう事をするんだなと、島さんはただの優しいお人好しではなかった事が分かって良かったです!

 

まとめ 息子は改心し店は無事にオープン!喜ぶ島さん!

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「島さん」の5話のネタバレについて解説をしました。

「島さん」の5話は

  • 中西の息子の勤務態度に困る島さん
  • 中西は移転を迫られるが父親を想い断り続けている
  • 店の移転と島さんのおかげで改心したマサキ

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!