0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

「島さん」10話ネタバレ!父親・稲三を思い出す島さん

マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「島さん」が面白いですよね!

「島さん」の前話では、島さんと子関にカラーボールのおかげで万引き犯が捕まった事があると過去の話をする店長。その話を聞きながら昔の事を思い出す島さん。

その当時働いていた原田は就活も成功し、元気な姿を島さんに見せに来るのでした。

今回は「島さん」の10話の内容が気になる人のために、あらすじのネタバレを紹介していきます。

漫画「島さん」の10話ネタバレ!

それでは「島さん」の第10話のネタバレをしていきます。

10話ネタバレ要点

まず、「島さん」の10話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

10話ネタバレ
  • 思い出の月を見上げて幼少期を思い出す島さん
  • 砂二は父親が迎えに来ないと悟って働き始める
  • 稲三が父親になって喜び心を開く砂二

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

10話ネタバレ① 思い出の月を見上げて幼少期を思い出す島さん

「たまには上等な酒でも買って帰ろうか、親父」と仏壇に話しかけ、夜勤へと向かう島さん。そして歩いている途中に月を見上げ、幼少時代を思い出します。

昭和41年、少年時代の島さんは家の外で草むしりをしているところ、若い男に挨拶をされますが、素っ気ない態度で接します。

その若い男はヤクザで、その家のおばあさんに組長からの金を渡しに来ました。

その家は子供を預かっている施設で、草むしりをしていた少年である島さんの名前は「砂二」。或水組のヤクザの子で、母親は他界し、父親は捕まっているため、おばあさんが預かっているのでした。

そしてその話を聞いた若い男「稲三」は砂二に飲み物を渡し、たまに来るからよろしくと挨拶をして去って行きました。

10話ネタバレ② 砂二は父親が迎えに来ないと悟って働き始める

また別の日、稲三はおばあさんの元にいるもう一人の少年「天吉」と砂二にお菓子を持ってきましたが、砂二は「父ちゃんの買ってくれたお菓子の方がうまい」と可愛げのない態度でした。

その夜、砂二の隣で寝ている天吉は父親を恋しく思い泣いていて、その姿を見た砂二はお菓子で励ますのでした。

ある日父親が迎えにきた天吉は喜び、それを見た稲三は「砂二の父親ももうすぐ帰ってくる」と微笑みます。

月日が経ち、未だに砂二の父親が迎えに来ていない事を聞いた稲三は驚きます。自分でも薄々感じていたのか、砂二は子供ながらも働き始めました。

10話ネタバレ③ 稲三が父親になって喜び心を開く砂二

砂二の父親の情報を求めてヤクザに聞き込みをしている最中、稲三は砂二の父親が女と逃げた事を知り、さらに子供を利用しようとするヤクザと喧嘩になります。

川辺に座っていた砂二を訪れた稲三は砂二に自分も同じ境遇だった事を語り、一人で頑張ってきた事を褒めます。そして「今日から俺がお前の父ちゃんだから安心しろ」と砂二に言いますが、砂二は稲三を信用していません。

そんな砂二を説得するように優しく包み込む稲三に心を打たれ、砂二は稲三に心を許し、笑顔を見せます。 稲三は「今も昔も何も変わらず照らしてくれる月が好きだ」「寂しくなったら月を見上げて笑え」と砂二に言うのでした。

幼少時代を思い出しながら、島さんは月を見上げて微笑んでいます。

11話に続きます!

11話のネタバレはコチラ

 

 

「島さん」10話の感想

島さんの幼少時代が語られた話で、結局島さんの父親は戻って来ず、同じ境遇で育ったという稲三の元で暮らす事となり、部屋の仏壇の親父というのは稲三の事だということが分かりました。

稲三と出会い、成長した島さんは一体どのような青年時代を送ったのでしょうか。

そして稲三は何が原因で他界してしまったのか、島さんの過去が少し明かされたおかげで、良い意味で色々と気になって仕方がありませんでした。

 

まとめ 父親・稲三を思い出す島さん

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「島さん」の10話のネタバレについて解説をしました。

「島さん」の10話は

  • 思い出の月を見上げて幼少期を思い出す島さん
  • 砂二は父親が迎えに来ないと悟って働き始める
  • 稲三が父親になって喜び心を開く砂二

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!

11話のネタバレはコチラ