0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

侍グラディエーター1話ネタバレ!見知らぬ土地に驚く弥助

マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「侍グラディエーター」が面白いですよね!

今回は「侍グラディエーター」の1話の内容が気になる人のために、あらすじのネタバレを紹介していきます。

漫画「侍グラディエーター」の1話ネタバレ!

それでは「侍グラディエーター」の第1話のネタバレをしていきます。

1話ネタバレ要点

まず、「侍グラディエーター」の1話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

1話ネタバレ
  • 出身のせいで塾頭になれない事を悔やむ弥助
  • 塾頭暗殺の話を持ちかけられる弥助
  • 見知らぬ地に驚く弥助

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

1話ネタバレ① 出身のせいで塾頭になれない事を悔やむ弥助

500万の剣奴が死んだローマ剣闘の時代、そこにはこの時代にいるはずもない侍の姿があります。そしてその侍は最強の剣闘士であるスパルタクスに挑むのでした。

二人の男が練兵館という道場の話をしています。

その練兵館の塾頭という道場の一番弟子が代替わりしたので、次の塾頭は誰なのかという話でした。

その二人は練兵館で最強と言われている「閻魔鬼神・弥助」という男が継ぐものだと思っていましたが、どうやらその弥助という男は百姓の出身であるため塾頭を継ぐことはできず、別の男が継ぐ事になったと話しています。

そして二人の話が聞こえたという一人の酔っ払いの男が近付いてきて「なぜ百姓の出だと塾頭にはなれんのだ」と片腕一本で男を持ち上げ納得できない様子で怒ります。この男こそが弥助でした。

1話ネタバレ② 塾頭暗殺の話を持ちかけられる弥助

練兵館にて、塾頭が剣の腕だけが塾頭の条件ではないと門下生たちに説いており、その言葉を聞いていた弥助は自分が百姓の出のせいで塾頭になれない事に苛立ちを覚えます。

そして弥助は新しい塾頭を良く思っていない二人の男から塾頭暗殺の話を持ちかけられ、計画を説明された後に手付け品としてローマ伝来と言われている首飾りを渡されました。

ある日、塾頭の元に弥助からの相談事が記された手紙が届き、塾頭は夜中に弥助を尋ねて指定された場所へ赴きます。

その陰には、塾頭暗殺を企んだ男たちが待ち構えており、弥助が合流するのを待っていたのでした。

1話ネタバレ③ 見知らぬ地に驚く弥助

普段から酒を飲んでおり、酔っ払って外で寝ていた弥助。

目覚めると朝になっており、朝稽古に間に合わないと慌てて、近くの水場で顔を洗おうとします。

弥助は水に写った自分の姿を見て驚きます。手には血が付き、甲冑を着て、首飾りをしていました。

そして周りを見渡すと見知らぬ土地だと気付き、突然の大きな歓声に驚く弥助。近くの階段を登った先には、今まで見た事もない光景が広がっていました。

2話に続きます!

 

「侍グラディエーター」1話の感想

武士が時代と場所を超えて剣闘士に挑むという物語で、おそらく弥助が貰った首飾りが原因だと予想します。

塾頭になれずに悔しんでいた弥助は酒に酔い、目覚めたらローマのコロッセオにいました。

その状況をどうやって自分の中で理解して受け入れるのかが気になるところです。

甲冑を着ていて、さらに手に血がついていたという事は戦った後だと思うので、その相手はやはり新しい塾頭だったのでしょうか。

ここから次回はどのように展開していくのか、楽しみです!

 

まとめ 見知らぬ土地に驚く弥助!

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「侍グラディエーター」の1話のネタバレについて解説をしました。

「侍グラディエーター」の1話は

  • 出身のせいで塾頭になれない事を悔やむ弥助
  • 塾頭暗殺の話を持ちかけられる弥助
  • 見知らぬ地に驚く弥助

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!