0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

侍グラディエーター3話ネタバレ|実力を認め合う弥助とスパルタクス

マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「侍グラディエーター」が面白いですよね!

「侍グラディエーター」の前話では、自分に襲いかかってきたライオンを見事な太刀筋で一刀両断した弥助。

それを見ていた会場は盛り上がります。 そして次の剣闘士に斬りかかろうとした弥助は殺気を感じて後退します。

その殺気を放っていたのは、スパルタクスでした。

今回は「侍グラディエーター」の3話の内容が気になる人のために、あらすじのネタバレを紹介していきます。

漫画「侍グラディエーター」の3話ネタバレ!

それでは「侍グラディエーター」の第3話のネタバレをしていきます。

3話ネタバレ要点

まず、「侍グラディエーター」の3話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

3話ネタバレ
  • お互いに実力を認め合う弥助とスパルタクス
  • スパルタクスは奴隷の辛さを弥助に語る
  • 闘わない二人を始末しようとする興行師

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

3話ネタバレ① お互いに実力を認め合う弥助とスパルタクス

弥助が次の剣闘士だと思って斬りかかった相手は、ここのライオンの管理をしている男でした。それを止めに入ったスパルタクスを見た観客たちの声援が止まりません。

そしスパルタクスは斬りかかりながら弥助に「どうして俺と同じペンダントを持っているんだ?」と問いかけますが「お揃いなだけだろ」と答えつつ、弥助はスパルタクスの実力に驚きます。

斬り合う二人。弥助は兜を身に着けて構え直しますが、背後からきたライオンに腕を噛まれてしまいます。

それを好機と捉えたスパルタクスは弥助にとどめをさそうと思いましたが、弥助は馬鹿力でライオンを払い除け、その姿を見たスパルタクスは弥助の実力に驚きます。そして近付いてきた弥助に思い切り頭突きをされたスパルタクスはよろめきます。

3話ネタバレ② スパルタクスは奴隷の辛さを弥助に語る

弥助は「お前みたいな高貴な身分だったら塾頭になれたのかもな」と酒を飲み始め、それを聞いたスパルタクスは「奴隷が高貴な身分?」と現状を理解していない弥助に疑問を投げかけ、愛し合った剣闘士の恋人がいた事を語り出します。

「興行師の気まぐれで恋人のベリネは殺され、自分は愛する者も救えやしない奴隷だ。俺の気持ちが分かるか?」と言うスパルタクス。 弥助は心から「復讐しろよ」と言いますが「この世界の常識が分かっていない」とスパルタクスは弥助に呆れます。

そんな弥助はスパルタクスが何も行動しない事に腹を立てているのでした。

3話ネタバレ③ 闘わない二人を始末しようとする興行師

そして弥助の行動を見たスパルタクスが「塾頭とやらになれなかったのは、本当に身分のせいなのか?」と弥助に問います。

弥助が「剣の実力が足りないからか?」と聞きますが、スパルタクスは「酒の飲み過ぎだろ」と素行の悪さを指摘するのでした。

そして途中から闘わずに会話をしていた二人を見かねた興行師。怒りを露わにしながら二人を始末しようとするのでした。

4話に続きます!

 

「侍グラディエーター」3話の感想

何も知らない者同士が剣を交え、そして互いに実力を認め合う部分は問答無用でカッコいいです。そしてそれがお互い別の場所で最強と言われているのであれば、これほど熱い展開は無いかと思います!

恋人を殺されたのにも関わらず、奴隷という身分のせいで何もできずに興行師の言いなりになっているスパルタクスには同情してしまいました。

この後、弥助とスパルタクスが手を組んで興行師に復讐をする事を願って、次回を楽しみにしておきます!

 

まとめ 剣を交え実力を認め合う弥助とスパルタクス!

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「侍グラディエーター」の3話のネタバレについて解説をしました。

「侍グラディエーター」の3話は

  • お互いに実力を認め合う弥助とスパルタクス
  • スパルタクスは奴隷の辛さを弥助に語る
  • 闘わない二人を始末しようとする興行師

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!