0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【関智一】「スネ夫声優」に感じる違和感の正体とは?ドラマ出演の肩書に疑問の声

2021年3月29日、「桜の塔」に声優・関智一さんが捜査一課長役で出演することが決まり、話題になっています。

関智一さんといえば、ドラえもんのスネ夫や妖怪ウォッチのウィスパーなどの役を務めており、今回の俳優デビューはビックリしましたよね!

報道されている記事を見てみると、席智一さんの肩書が「スネ夫声優」になってっおり、一部ファンの間では違和感を感じている人が多いようです。

そこで今回はそのように感じる理由について解説をしていきます。

「スネ夫声優」に感じる違和感の正体は?関智一(声優)ドラマ出演の肩書に疑問の声

「スネ夫声優」という関智一さんの肩書きに違和感を感じる理由は、彼が長年活躍している声優だからだと思います。

関智一さんは1991年に声優デビューをしているので2021年3月時点で約30年間も声優をされていることになります。

当然、演じてきたキャラクターの数も多く、100は余裕で超えています。

このように、数々のキャラクターを演じてきた関智一さんを「スネ夫の声優」とまとめてしまうことに対して違和感を感じてしますようです。

Twitterでは「スネ夫声優」という肩書きに違和感を感じている人が、その気持ちを投稿していました。

 

 

 

Twitterの投稿を見ていると、関智一さんのスネ夫以外のキャラクターに思い入れがある人が多いという印象を持ちました。

また、「スネ夫」というあまり良いイメージではないキャラクターが肩書きになっているのもファンにとってはあまり面白くないのかもしれませんね。

しかし、スネ夫は国民的アニメであるドラえもんのキャラクターなので、「誰でも知っている」という観点で見れば、「スネ夫声優」という席智一さんの肩書きには納得できるかなと思います。

関智一が声優を目指すきっかけは刑事だった!

関智一さんが声優や役者を目指したきっかけは、少年時代に見て憧れていた刑事役だそうです。

つまり、今回のドラマ「桜の塔」で子供の頃の夢が叶ったということになりますよね。

今回の俳優デビューをきっかけにして、関智一さんはドラマや映画にも出演していきたいと思っているようです。

2021年中に50歳を迎える関智一さんですが、成長を止めずに活動の幅を広げていっているところが素晴らしいですよね。

まとめ

今回、2021年4月スタートのドラマ・「桜の塔」に出演する関智一さんの肩書に違和感があることについて解説をしてきました。

関智一さんは約30年のキャリアがあるので、人によって様々な思い入れがあるキャラクターがいることが原因ではないかと思います。

これから声優だけでなく、俳優として成長を続ける関智一さんの活躍から目が離せませんね。