0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【大野拓朗】引退していた理由はなぜ?ニューヨークから帰国した今は何してる?

2021年4月13日、舞台「シブヤデアイマショウ」に出演予定だった山本耕史さんが降板したことが報道され話題になっています。

山本耕史さんの代役は大野拓朗さんですが、久しぶりに名前を聞いた方もいるのではないでしょうか。

大野拓朗さんは2018年まで放送された朝ドラ「わろてんか」などにも出演しており、これから売れていきそうなときに、所属事務所のハロプロを退社して「引退」しています。

大野拓朗さんはなぜ1度引退してしまったのか、今回はその理由について解説していきたいと思います。

また、引退後はアメリカのニュヨークにいたようですが、その後大野拓朗さんが何をしていたのかも解説していきたいと思います。

大野拓朗が引退していた理由はなぜ?

大野拓朗さんが1度引退した理由は、人生でやりたいことをやるためです。

大野拓朗さんは、インタビューによるともともと「英語をしゃべりたい、海外に住みたい」という夢を持っていたそうです。

しかし、2010年のデビュー以来忙しくなった大野拓朗さんは、このような夢を忘れるようになってしまいました。

その夢を思い出したきっかけは、大野拓朗さんにとって大切な親しい人の死にあったようです。

その親しい人はET-KINGの「TENNさん」と「いときんさん」のことなのですが、この2人の死に直面したとき大野拓朗さんは

自分の人生はこれでいいんだろうか。多忙にかまけて、自分がやりたかったことも全然できていない、自分を高める作業ができていない。人生は1度きりだ、1度きり、というのが死に直面してまざまざと感じられて。

引用元:https://www.asahi.com/articles/ASNC46WBTNC4UCLV010.html

と感じたそうです。

その気持ちはどんどん強くなり、大野拓朗さんが30代になるタイミングの2019年に事務所を辞めて同じ年の12月に渡米しますが、アメリカ行き自体は2018年には決めていたそうです。

ちなみに大野拓朗さんが事務所を辞めて「引退」状態になったのは、逃げ道を作りたくなかったからです。

帰国して俳優を続けるかどうか、その時は分からなかった。本気で英語を勉強しようと思っていたから、勉強してつらかった時に「しゃべれなくてもまた日本で生きていける」という逃げ道、帰る場所を作りたくなかった

引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/shimadakaoru/20201121-00208770/

そんな強い決意でアメリカに渡った大野拓朗さんは、1日14時間も英語を勉強して、英語力ゼロの状態から普通に現地の人としゃべれるレベルにはなっているようです。

そんな大野拓朗さんですが、現在は日本で活動をしているようです。

ニューヨークから帰ってきてからはなにをしているのでしょうか。

大野拓朗はニューヨークから帰国した今は何してる?

大野拓朗さんはアメリカのハリウッド俳優になるのが夢で挑戦を続けているそうです。

現在は舞台出演の声がかかり日本で活動をしていますが、英語の勉強を続けながら大野拓朗さんは夢を追い求めています。

日本にいれば今頃有名俳優として活躍していたかもしれませんが、

日本を離れた時の目標が、寝る前に「今日もいい一日だった」と思える毎日にしたいということ

引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/shimadakaoru/20201121-00208770/

と語っていることから、安定よりも挑戦を選んだということですね!

将来ハリウッド映画に出演する大野拓朗さんに期待をしたいと思います!

まとめ

今回は大野拓朗さんが一時引退した理由について解説しました。

その理由は、大野拓朗さんが安定よりも夢を叶えるために挑戦をしたかったから、ということがわかりましたね。

今後日米問わず様々な作品で、大野拓朗さんの活躍を見れることを楽しみにしたいと思います。