0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【GACKT(ガクト)】愛犬・フェンディの犬種は?里子に出した理由は?

GACKT(ガクト)さんが愛犬・フェンディを知り合い(ポーカーの先生)の奥さんにプレゼントした動画を、自身のYou Tubeチャンネルにアップして炎上しています。

「犬を物のように扱っている」というのが炎上の理由のようです。

ファンの間ではGACKT(ガクト)さんの犬好きは有名ですが、このニュースで初めて知って意外に思った人も多いのではないでしょうか。

今回GACKT(ガクト)さんが里子に出した子犬は、生後数ヶ月でとてもかわいかったのですが、犬種が何なのか話題になっているようです。

そこで今回は、GACKT(ガクト)さんの愛犬・フェンディの犬種と、里子に出すに至った経緯を解説していきます。

GACKT(ガクト)の愛犬・フェンディの犬種は何?

実はGACKT(ガクト)さんの愛犬・フェンディの犬種ははっきりとはわかっていません。

しかし、Twitterではダックスと何かのミックス、つまりミックス犬(ハーフ犬)という声がありました。

ミニチュアダックスフントのハーフ犬は、チワックス(チワワ×ミニチュアダックスフント)やマルックス(マルチーズ×ミニチュアダックスフント)が人気です。

チワックス

マルックス

GACKT(ガクト)さんの愛犬・フェンディとも似てますし、チワックスかマルックスのどちらかではないでしょうか。

GACKT(ガクト)が愛犬・フェンディを里子に出した理由は?

GACKT(ガクト)さんが愛犬・フェンディを知人にあげたことで炎上していますが、なぜ里子に出してしまったのでしょうか。

それは、GACKT(ガクト)さんのポーカーの師匠が飼っていた犬(こちらもミニチュアダックスフントです)を亡くしてしまい、奥さんがかなり落ち込んでいたからのようです。

事情を知ったGACKT(ガクト)さんは何とか力になりたいと、愛犬・フェンディを里子に出すことを決めたようです。

ちなみに、GACKT(ガクト)さんのYou Tubeチャンネル「がくちゃん」を見ればわかるのですが、愛犬と別れるときはとても寂しそうで、本人も「泣きそうだった」と言っています。

なので、「犬を物のように扱うな」と批判を受けるような内容ではないかと思います。

このニュースを受けたTwitterの反応をいくつか紹介します。

まとめると、

  •  好感度下がった
  •  好きで手放しているわけではない
  •  内々でやればいいのに

と言った内容で、批判的なツイートがやや優勢のように思いました。

まとめ

今回はGACKT(ガクト)さんの愛犬・フェンディの犬種と里子に出した経緯を解説しました。

  •  犬種ははっきりとはわからないが、ダックスのハーフ犬
  •  里子に出したのは知人の奥さんが悲しんでいたから
  •  世間では批判的な意見が多い

ということがわかりましたね。

今回の件は、特に動物好きの方には我慢できないことだったのかもしれません。

しかし、フェンディをもらったGACKT(ガクト)さんの知人の奥さんは嬉しそうだったので、大事に育ててくれるのではないでしょうか。

フェンディが新しい環境で幸せに暮らすことをただただ願うばかりです。