0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【倉田てつを】知人の造形作家は誰?仮面ライダーの等身大フィギュアを制作した三枝徹とは

2021年2月22日発売の「女性自身」で、仮面ライダーBlack(仮面ライダーブラック)と仮面ライダーRXを演じたことで知られる、倉田てつをさんがファンや関係者と度重なるトラブルをおこし、炎上しています。

その数あるトラブルの1つに、倉田てつをさんが知人の造形作家にこっそりと仮面ライダーブラックの等身大フィギュアを作らせ、著作権を侵害しているのでは、と言われています。

この件に関して倉田てつをさんがどのようなコメントをするのか注目が集まりますが、その一方で、仮面ライダーブラックの等身大フィギュアを作成した人が誰なのかも気になりますよね?

そこで今回は、倉田てつをさんに仮面ライダーブラックの等身大フィギュアを送った造形作家の正体について探っていきたいとおもいます。

倉田てつをの知人の造形作家は誰?

倉田てつをさんにの知人の造形作家は三枝徹(さえぐさ とおる)さんでほぼ間違いありません。

三枝徹さんのツイートで、明らかに仮面ライダーブラックのフィギュアを送った相手が倉田てつをさんだということがわかります。

このツイートを見る限り高い完成度なのがわかりますよね。

三枝徹さんはこの仮面ライダーブラックのフィギュアを作成するのに、およそ1年かかっているのですが、それを倉田てつをさんに無償で譲ったというのはなかなかできることではありませよね。

今回女性自身で報道されていることが本当であれば、倉田てつをさんは三枝徹の良心を踏みにじったことになり、残念でなりません。

なお、倉田てつをさんと三枝徹さんの間に起きた事件を詳しく知りたい方は、こちらで詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

仮面ライダーブラックの等身大フィギュアを制作した三枝徹はどんな人?

三枝徹さんについて調べましたが、詳しい情報はわかりませんでした。

しかし、「有限会社シャドー・ムーン」の代表であることはわかっています。

シャドー・ムーンといえば、仮面ライダーブラックと仮面ライダーRXの宿敵でしたよね!懐かしいと思う方もいるのではないでしょうか。

また、三枝徹さんの弟子には「ガメラシリーズ」や「ウルトラマンティガ」の美術スタッフとして参加した寒河江弘(さがえ ひろし)さんがいます。(寒河江弘さんは2019年に亡くなっています)

そんな三枝徹さん、現在は昔作成した作品をTwitterで紹介しており、ファンを喜ばせています。

倉田てつをさんとは今回の件で縁を切ったそうなので、今後は心置きなく造形作家として活動ができそうですよね。

まとめ

今回は、倉田てつをさんが仮面ライダーブラックの等身大フィギュア作成を依頼したのは誰か、について解説をしました。

その正体は三枝徹さんということがわかりましたね。

今後、倉田てつをさんの事件がどのような進展をみせるのかは、ひょっとしたら三枝徹さんの証言にかかっているのかもしれませんね。