0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【和田アキラ】闘病していた病気の病名は何?いつから闘病してたの?

2021年3月29日に、フュージョンバンド「PRISM(プリズム)」のギタリスト・和田アキラさんが死去した訃報のニュースが報道され話題になっています。

音楽会のレジェンドがまた1人去ってしまい、寂しいですよね。

和田アキラさんの死因は敗血症による多臓器不全でしたが、数年前から闘病生活を送っていたようです。

そこで、今回は和田アキラさんが闘病していた病気について、病名はなんだったのか、いつから闘病していたのかを解説していきます。

和田アキラが闘病していた病気の病名は何だったの?

和田アキラさんが闘病していた病気は、脳梗塞だと言われています。

ファンの間で、和田アキラさんが脳梗塞で闘病中であるという情報があります。

公式には発表されていないのですが、倒れてから今回の訃報まで闘病生活をされていたということなので、かなり重い病気であったことは確かですね。

そして、これまで和田アキラさんが闘病してきた病気が脳梗塞であるとするなら、今回の死因である敗血症による多臓器不全とは直接的な関係はないと思います。

しかし、闘病中で和田アキラさんの体が弱っていた可能性は考えられます。

和田アキラはいつから闘病してたの?

和田アキラさんが病気で倒れたのは2018年末です。

和田アキラさんが病に倒れた時はライブが間近に迫っており、やむなくイベントは中止になってしまいました。

それ以降は亡くなる2021年3月までの3年間、全ての活動を休止してリハビリに励んでいたようです。

60代前半で闘病生活に入り、64歳で早すぎる死を迎えた和田アキラさん。

レジェンドの死を惜しむ声が多く聞かれます。

和田アキラの訃報に対する世間の反応

和田アキラさんの訃報に対して世間はどのような反応を示しているのでしょうか。

Twitterの意見を見てみると、やはり和田アキラさんの早すぎる死に驚きと悲しみを隠せないようでした。

また、最近亡くなった村上ポン太修一さんに続いてレジェンドが亡くなったことを嘆く声もみられました。

まとめ

今回は、フュージョンバンド「PRISM(プリズム)」のギタリスト・和田アキラさんが闘病していた病気について解説をしました。

和田アキラさんは2018年に脳梗塞で倒れていますが、死因となった敗血症による多臓器不全とは関係ないと思われることがわかりましたね。

村上ポン太秀一さんに続き、和田アキラさんというレジェンドを亡くしてしまったファンの悲しみはしばらく続きそうですね。