0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【望月める】死亡したのは嘘なの?もちめるが亡くなった理由は炎上(返金)が原因?

2021年5月20日、アイドルの望月める(もちめる)さんが亡くなっていたことが報道されて話題になっています。

2020年12月には亡くなっていたそうで、望月める(もちめる)さんの突然の訃報に驚きましたよね!

しかし、望月める(もちめる)さんの死亡を詳しく調べてみると不審な点も見つかります。

そこで、今回は望月める(もちめる)さんの死去が嘘かどうか解説をしていきます。

望月める(もちめる)が死亡したのは嘘なの?

望月める(もちめる)さんは本当に死亡していると思います。

ミスidで望月める(もちめる)さんを発掘した小林司さんが、彼女の逝去を認めていますし、

望月める(もちめる)さんと知り合いのメイクさんも、事実を認めています。

このように、第3者が望月める(もちめる)さんの死去を公言している以上、それが真実なんだと思います。

しかし、望月める(もちめる)さんの死亡が嘘だという根拠がSNS上で挙がっています。

その中でも最も強い根拠となっているのが、望月める(もちめる)さんが死亡しているはずの2021年1月23日に投稿された、サロンへの来店情報です。

しかし、これは生前の2021年10月に撮られた写真だと思われます。

このように、2020年10月に望月める(もちめる)さんがサロンに来店している写真があります。

そして、2つの画像(左:2021年1月にサロンが投稿した画像、右:2020年10月に望月めるさんが投稿した画像)を比べてみると、

ネイルが一緒ですよね!

2020年10月と2021年1月のネイルが同じとは考えづらいので、サロンが2021年1月に投稿した望月める(もちめる)さんの画像は過去のものだと思います。

では、望月める(もちめる)さんが亡くなった理由とは一体何なのでしょうか。

元を辿れば望月める(もちめる)さんの特殊な家庭環境に原因があったとおもいます。

コチラの記事では望月める(もちめる)さんの家庭環境や過去について詳しく解説をしていますので、ぜひご覧ください。

望月める(もちめる)が亡くなった理由は炎上(返金)が原因?

望月める(もちめる)さんは、ファンクラブの返金を迫られており、それをきっかけとした誹謗中傷に耐えきれずに死亡したのではないでしょうか。

望月める(もちめる)さんに対する、ファンクラブの会費返還に関するコメントはかなり荒れていた様子が伺えます。

しかし、なぜファンクラブの会費の返金を迫られる事態になったのでしょうか。

それは、望月める(もちめる)さんがファンクラブの約束を守っていなかったからです。

望月める(もちめる)さんのファンクラブには次の約束事がありました。

  • 毎月望月めるさんのブログが読める
  • 月1回以上望月めるさんの私物プレゼント抽選会に参加できる

しかし、望月める(もちめる)さん側はその約束事を守っていなかったようです。

さらにファンクラブの運営側は返金の予定はないとしていたため、ファンクラブに入っていた人たちは怒ってしまった、というわけです。

そのため望月める(もちめる)さんは炎上してしまい、誹謗中傷のコメントに耐えきれずに亡くなってしまった、というのが真相ではないかと思います。

望月める(もちめる)にはそれ以外にも炎上する原因があった

望月める(もちめる)さんには説明したファンクラブ返金騒動以外にも炎上する原因がありました。

望月めるの炎上原因

  • 欲しい物リストで家電をせがむ
  •  ファンにパパ活アプリをすすめる
  •  SNSのリプライやDMを送ってきたファンをアンチ扱いして個人情報をさらす

といったことをしていたようです。

今回の望月める(もちめる)さんの死亡事件は、SNSが発達したがゆえの悲劇だったのかもしれませんね。

望月める(もちめる)死亡に対する世間の反応

望月める(もちめる)さんが死亡したことに対して世間はどのように反応しているのでしょうか。

Twitterを見てみると

  •  新垣結衣と星野源の結婚より驚いた
  •  過去別の人で死亡して悲しんでいたのに実は嘘だったことがあったので信じない
  •  死亡が信用されないのは日頃の行いが悪いから

といった意見がありました。

やはり望月める(もちめる)さんの死亡は嘘だと思っている人も多いようです。

まとめ

今回は望月める(もちめる)さんの死亡は嘘ではないか、という疑惑について解説をしました。

望月める(もちめる)さんの周辺の人達も望月める(もちめる)さんの死亡を認めているので、間違いないと思います。

しかし、望月める(もちめる)さん死亡の確実な証拠がない以上、生存説と死亡説の議論は平行線をたどると思います。