0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

望月めるの家庭環境がひどい!もちめるの過去に何があった?加工前の顔画像も

2021年5月20日、望月める(もちめる)さんが亡くなったニュースが報道され話題になっています。

望月める(もちめる)さんの死は嘘だという噂もありましたが、5月21日に改めて訃報が真実であることが報道されています。

嘘だと思いたかったですが、実際に望月める(もちめる)さんの逝去が事実とわかると悲しいですよね。

そんな望月める(もちめる)さんの家庭環境はどのようなものだったのでしょうか。

そこで、今回は望月める(もちめる)さんの過去を、家族構成や整形前の顔画像なども交えながら解説をしていきたいと思います。

望月めるの家庭環境(家族構成)が知りたい!もちめるの過去に何があった?

望月める(もちめる)さんには母親や兄弟はおらず、高校までは父親と2人暮らしでした。

望月める(もちめる)さんに母親がいない理由は、死別なのか離婚が原因なのかはわかりませんが、おそらく後者ではないでしょうか。

というのも、望月める(もちめる)さんは父親のモラハラと暴力に怯えて学生時代を過ごしており、母親も父親に愛想をつかして出ていったと考えるのが自然だからです。

望月める(もちめる)さんは、自ら児童相談所に相談へ行ったそうですが、「お父さんとよく話し合ってください」と言われ、

人間全般に対して不信感があって怖かったです。

引用元:PRESS

と、人間不審に陥ってしまいました。

また、望月める(もちめる)さんは高校を退学しているのですが、その原因は、望月める(もちめる)さんが勉強についていけず出席日数が足りなくなってしまったため、父親が勝手に退学届けを出してしまったからだそうです。

このように、望月める(もちめる)さんは、かなり劣悪な過去を経験してきているようです。

そんな中、心の支えになっていたのは近所に住んでいた望月める(もちめる)さんのおばあちゃん(祖母)です。

望月める(もちめる)さんは高校を辞めてからは家出をしていますが、しばらくはおばあちゃんの家に住んでおり、信頼していたことがわかります。

もしかすると、望月める(もちめる)さんが亡くなったのは、元を辿ればこのような特殊な家庭環境にあったのかもしれませんね。

ちなみに、望月めるさんの死亡のニュースが流れたとき、「嘘の情報ではないか」と噂が流れていました。

一体なぜなのか、コチラで詳しく解説をしていますのでぜひご覧ください。

望月める(もちめる)の加工前の顔画像!整形した理由はなぜ?

こちらが望月める(もちめる)さんの整形前の顔画像です。

整形しなくても十分かわいいですよね。

望月める(もちめる)さんが整形をしようと思ったきっかけは、中学3年生のときに

当時好きだった男の子がいじめっ子とつき合い始めたんです。その子がかわいくて、“顔がかわいかったら、性格が悪くても人生得するんだな”って思った

引用元:ORICON NEWS

だからだそうです。

ちなみに、望月める(もちめる)さんが初めての整形したのは、高校3年生のときです。

涙袋にヒアルロン酸を入れたのが「初整形」で、望月める(もちめる)さんはお年玉を使って、手術費用の3万円を捻出しています。

その後、望月めるさんは600万円も整形に使っていますが、一体どこをいじったのでしょうか?

望月める(もちめる)の整形費用は600万円!どこをいじったの?

望月める(もちめる)さんが整形でいじった箇所は次のようになります。

もちめるの整形箇所

  • 目尻を切った
  • 唇を薄くした
  • 鼻筋にシリコン、
  • 鼻先に自分の耳の軟骨を入れた
  • 小鼻の左を小さくした
  • おでこに脂肪を入れた
  • 髪の毛の生え際も1.5cm縮めた
  • 二の腕と太ももの脂肪吸引

と列挙していくと凄まじい整形歴ですよね。

ちなみに望月める(もちめる)さんは、信頼を寄せていたおばあちゃんには整形について相談をしており、整形後は

宇宙人みたいな顔になった

引用元:ORICON NEWS

と言われてしまったそうです。

まとめ

今回は、2021年5月20日に訃報のニュースが流れた望月める(もちめる)さんの家庭環境や過去について解説をしました。

望月める(もちめる)さんは、高校までは父親と2人暮らしをしており、かなり劣悪な家庭環境に身をおいていたようです。

また、その家庭環境の影響を受けたのか、少し歪んだ理由がきっかけで整形にのめり込んでいってしまったようです。

現在流れている望月める(もちめる)さんが亡くなったニュースも元を辿れば、その大変な過去にあったのかもしれませんね。