0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

【エンハイフン】BTSと似てる?違いや特徴は?韓国語表記の読み方は?

2021年7月6日に、韓国のオーディション番組で誕生した「ENHYPEN(エンハイフン)」が、日本デビューすることが決まり話題になっています。

新しいボーイズグループはBTSの弟分のようでワクワクしますよね!

しかし、韓国のボーイズグループも増えてきており、見分けがつかなくなってきているのも事実だと思います。

そこで、今回はボーイズグループの先輩であるBTSとの違いを比較しながら、エンハイフンの特徴について解説をしていきます。

また、韓国語表記の読み方や意味も合わせて紹介していきます。

エンハイフンはBTSと似てる?違いや特徴は?

ここではエンハイフンとBTSの似ているところや違いを、次の3つの部門に分けて解説をしていきます。

  1. ビジュアル
  2. ダンス

比較する前にエンハイフンとBTSの動画を見ておきましょう。

<エンハイフン>

<BTS>

BTSとの比較① ビジュアル

まずは、ビジュアルですがBTSがデビューから8年目(2021年5月時点)になるので、にじみ出る雰囲気がかなり違います。

BTSは成熟した成人男性のかっこよさと余裕が溢れているように見えます。

しかし、ビジュアルはそれほど重視していないように思え、BTSはどちらかというと実力派のグループだと思います。

対してエンハイフンは、デビューから1年も経っておらず、まだまだ若いです。

しかし、ビジュアルはかなり良いメンバーが揃っており、日本デビューのときもかなり話題になるのではないでしょうか。

BTSとの比較② 歌

BTSは歌の役割が決まっていて、大きく分けるとボーカル4人、ラップ3人といったところでしょうか。

長年パフォーマンスを続けてきただけあって、ジョンググを中心に流石の安定感だと思います。

しかし、最近はラップの割合が少ないので、もう少し増やして欲しいと個人的には思っています。

エンハイフンは、ラッパーが不在ですし、メインボーカルも誰なのか、定まっていないように見えます。

まだデビューしたてのグループなので、これからの成長を見守りましょう!

BTSとの比較③ ダンス

BTSのダンスは、ダンスパフォーマンスがみんなそれぞれ違っていていますが、調和がとれているパフォーマンスだと思います。

やはり長年やっているとお互いのことがわかるのかもしれませんね。

対してエンハイフンの方も、ニキを筆頭に実力派が揃っていると思います。

やはり厳しいオーディションを通ってきたメンバーなので、ダンスは申し分ない実力がありますよね。

ENHYPENの韓国語表記の読み方や意味は?

エンハイフンの特徴も一通り解説しましたので、次はグループ名についてです。

エンハイフンは韓国語表記では、「엔하이픈」と書き、「エナイプン」と読みます。

エンハイフンのグループに込められた意味は次のとおりです。

連結記号“ハイフン”のように、異なる7人の少年たちが“つながって”、お互いを見つけて一緒に成長する

引用元;ORICON MUSIC

まだ結成して日が浅いエンハイフンのメンバーが、どのようにつながって成長していくのか、本当に楽しみですよね!

まとめ

今回は、2021年7月6日に日本でデビューする韓国のボーイズグループ・エンハイフンについて、BTSと比較して特徴を解説しました。

BTSに比べると日が浅いこともあり、少し頼りないところがあるかもしれませんが、その分伸びしろしかないと思います。。

エンハイフンのメンバーの成長を、我が子を見るように温かい目で見守ってあげてくださいね!