0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

ジェン・シュアンとは誰?wiki風に経歴を紹介!かわいい顔画像も

2021年8月27日に、中国の人気女優ジェン・シュアンさんが脱税の罰金を課され、その額が50億円にものぼったと報道されて話題になっています。

50億円払えと言われても、普通の人には一生かかっても払えませんよね。

中国だけではなく日本までも騒がせている女優のジェン・シュアンさんとは一体どんな人物なのでしょうか。

今回は、ジェン・シュアンさんの経歴やプロフィールをwiki風に紹介していきます。

ジェン・シュアンとは誰?

ここではジェン・シュアンさんとは誰なのか解説をしてきます。

ジェン・シュアンが騒がれている理由

今回ジェン・シュアンさんがさわがれているのは、冒頭でも紹介したとおり脱税で50億円の罰金を命じられたからです。

7億円を脱税したとのことですが、それに対して50億円の罰金は日本では考えられません。

ジェン・シュアンさんがどんな人物なのか、まずはプロフィールから紹介をしていきます。

ジェン・シュアンのプロフィール

ジェン・シュアンのプロフィール

  • 名前:ジェン・シュアン(英語表記「Shuang Zheng」
  • 生年月日:1991年8月22日
  • 出身:中国上海
  • 最終学歴:北京電影学院(2007-2011)

 

ジェン・シュアンさんは1991年生まれなので、2021年8月時点でちょうど30歳ということになりますね。

30歳の若さで7億円も脱税できるほど稼いでいるのは、よほど中国ではどれだけ人気であるのか想像もつきません。

ジェン・シュアンの経歴をwiki風に解説!

ここからはジェン・シュアンさんの経歴をwiki風に解説していきます。

wiki風経歴① ジェン・シュアンの略歴

ジェン・シュアンさんは2009年に台湾のドラマをリメイクした「流星花園」で女優としてデビューします。

ジェン・シュアンさんが18歳のときでした。

加えて歌手デビュ-も果たしており「ラブワルツ」という曲ででシングルデビューをします。

さらにジェン・シュアンさんはこの年、中国史上最年少で主演女優賞にノミネートされるという快挙を達成します。

そして2011年には香港映画の最優秀新人女優賞を獲得、2015年には独立戦争のドラマ部門で主演女優賞を受賞して一気に大人気女優となります。

2016年以降も「シンデレラはオンライン中」などに出演して国内外で大ヒットとなった作品に出演をし続けています。

しかし、そんなジェン・シュアンさんも順風満帆な人生を歩んできた訳ではありません。

wiki風経歴② 代理母出産でプラダと契約打ち切り

ジェン・シュアンさんは2021年1月に代理母で2人の子どもがいることを報道されています。

しかも2人の子どもを育児放棄をしたとして、キャンペーンの出演が決まっていたプラダとの契約を破棄されています。

中国では代理母は違法ですので、育児放棄と合わせてジェン・シュアンさんはダブルパンチを食らった格好になりますね。

ジェン・シュアンさんのパートナーであるチャンさんは、現在アメリカで育児放棄をした子どもたちの世話をしているとSNSに投稿して、ジェン・シュアンさんの立場はますます悪くなってしまいました。

今回の50億円の騒動といい、ジェン・シュアンさんにとって2021年は逆境の年になっているようです。

wiki風経歴③ 日本でも見れる出演作を紹介

ジェン・シュアンさんはいくつも作品に出演されていますが、その中のいくつかは日本でも見れますので紹介していきます。

ジェン・シュアン出演作

  •  シンデレラはオンライン中
  • 皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて
  • 名家の恋衣
  • 皇后的男人~紀元を越えた恋
  • 古剣奇譚 ~久遠の愛~
  • 武則天 秘史
  • 二人の王女
  • チャイニーズ・フェアリー・ストーリー

 

TSUTAYAなどでもレンタルできますし、アマゾンプライムなどでも配信されていますので気になる作品があればぜひ見てみてくださいね!

ジェン・シュアンのかわいい顔画像を紹介

最後に、ジェン・シュアンさんのかわいい顔画像を紹介して終わります。

ジェン・シュアンさんはかわいくもあり、美人でもあるという印象を受けます。

出演されるドラマや映画で表情が変わるのかもしれませんが、そこはさすが人気女優なんでしょうね。

まとめ

今回は脱税で50億円の罰金が課された中国の大人気女優・ジェン・シュアンさんがどんな方なのかを紹介しました。

2009年のデビューから人気があったジェン・シュアンさんですが、2021年になってから代理出産や脱税で立場が危うくなっています。

ジェン・シュアンさんが今後これまでの人気を取り戻せるのか、注目していきたいと思います。