古谷経衡の学歴(大学/高校)|3浪&パニック障害で苦学生

2022年12月に行われるれいわ新選組の代表戦に出馬した作家の古谷経衡さんについてまとめています。

古谷経衡さんの学歴を整理すると3浪やパニック障害を経て社会に出ており、非常に苦学生だったことが見えてきます。

詳細はこの後にまとめていますので、本文へお進みください。

古谷経衡の学歴|大学時代は多忙を極め3浪も

古谷経衡さんの出身大学がどこかというと、立命館大学文学部で日本史学を専攻しています。

古谷経衡さんは立命館大学に2001年に入学し、7年間在籍して2008年に卒業しています。

大手予備校の河合塾のデータによると、古谷経衡さんの出身大学である立命館大学文学部(日本史学専攻)の偏差値は55
立命館大学文学部の主な卒業生には、古谷経衡さん以外にも小説家の藤原緋沙子さんや児童文芸作家の伊藤遊さんといった多くの作家を排出しており、古谷経衡さんも作家の礎を築いた場所であると考えられます。

古谷経衡さんは大学に通いながら、原発問題や同和問題を研究しつつ、サブカルチャーも扱う企業にも所属していました。

さらに古谷経衡さんは、専門学校ビジュアルスーツ大阪の放送映画学科にも在籍
自主映画監督などを目指すために、専門学校では文化部に所属していました(単位取得の関係のため卒業せずに中退しています)。

先ほど古谷経衡さんは7年をかけて立命館大学文学部を卒業したことに触れましたが、上記のような様々な活動で多忙だったため、3浪したと考えられます。

そして立命館大学文学部を何とか卒業した古谷経衡さんは、卒業後は先ほど触れたサブカルチャー関連の企業で引き続き勤務することになるのです。

れいわ新選組の代表は山本太郎氏ですが、実はNHK党にも山本太郎氏が存在します。

NHK党の山本太郎氏はとある会社の社長をしているのですが、驚愕の事業内容を展開しているのでした…

詳細は下記記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。

 

オススメ記事:NHK党山本太郎の顔画像!社長をしてる会社名と驚愕の事業内容を紹介

古谷経衡の学歴|高校はどこか

古谷経衡さんの出身高校はどこかというと、北海道札幌手稲高校です。

古谷経衡さんは出身高校である北海道札幌手稲高校に1998年に入学し、2001年に卒業しています。

北海道札幌手稲高校は地元の北海道大学に毎年数人送り込むなどなかなかの進学校で、古谷経衡さんの出身大学である立命館大学にも毎年継続的に合格者を輩出しています。

そして、歌手の椎名恵さんやお笑い芸人・平成ノブシコブシの吉村崇さんなども、札幌手稲高等学校の卒業生で、有名人のOBが多いことも特徴です。

古谷経衡さんは北海道札幌手稲高校時代、写真部に所属し部長を務めています。

受験勉強を必死に行い札幌手稲高等学校へ入学しましたが、すでに両親からは高校卒業後、北海道大学へ進学することを期待されていました。

しかし、高校最初のテストで400人中386位という結果を残してしまいます。

中学時代から非常に厳しかった両親は、さらに厳しい教育をするようになり、古谷経衡さんは高校1年生の時にパニック障害を発症

古谷経衡さんはパニック障害を発症したことを両親に告白し、2つの希望を提示します。

1)このような症状であるから、現在の高校はやむなく退学し、フリースクールなどに転校したい。
2)精神科に行きたいから保険証を貸してくれ。

Yahoo!ニュースより

当時「パニック障害」という病気が認知されていない時代だったこともあり両親からは相手にされず、現在も通院と治療を続けており、精神障害者保健福祉手帳3級を持っていることを公表しているのです。

このように、古谷経衡さんにとって北海道札幌手稲高校時代は病気の発症や両親との軋轢が生まれた時期であり、非常に苦しい3年間だったと言えます。

このような苦い経験が、古谷経衡さんが自分の意見を主張するために、作家になろうと決断したきっかけになっているのかもしれません。

れいわ新選組の代表である山本太郎氏ですが、実は学歴は中卒です。

下記記事では、山本太郎代表が高校に進学しなかった驚愕の理由を紹介しています。

ぜひご覧ください。

 

オススメ記事:山本太郎代表は大学に進学せず高校も中退!中卒の理由はなぜか【れいわ新選組】

【まとめ】古谷経衡の学歴|大学/高校はどこか

今回は、古谷経衡さんの学歴についてまとめました。

古谷経衡さんの出身大学は立命館大学文学部で、日本史学を専攻しています。
大学へ通うだけでなく、同時に企業や専門学校にも在籍していました。

そして、古谷経衡さんの出身高校は北海道札幌手稲高等学校で、高校1年生の時にパニック障害を発症。
服薬によって状態こそ落ち着いたものの、現在も通院と治療を続けており、古谷経衡さんは非常につらい時期を過ごしました。

壮絶な学生時代を過ごしてきた古谷経衡さんですが、れいわ新選組の代表になった暁には弱者の視点で政策を考えられるのではないでしょうか。

古谷経衡さんの今後の活動に期待と注目が集まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です