原優寧(ゆうね)大学に行かず高卒の理由【どこにも進学しないのはアイドル目指すためか】

原優寧(ゆうね)大学に行かず高卒の理由【どこにも進学しないのはアイドル目指すためか】

SKE48の第11期生として2022年新たに加入した原優寧(はらゆうね)さんに大きな注目が集まっています。

そんな原優寧さんは現在年齢が20歳なのですが、どこの大学に通っているのか気になる方も多いはず。

調査の結果、原優寧さんはおそらく大学には進学せずに高卒である可能性が高いことがわかりましたので、その理由を紹介していきます。

原優寧さんのアイドルに対する情熱がわかりますので、ぜひ最後までお付き合いください。

原優寧(ゆうね)は大学に進学せずに高卒か

原優寧(はらゆうね)さんは、現在20歳でもしも大学に通っているとしたら大学2年生の年齢です。
しかし、冒頭でも紹介したように原優寧さんは大学には進学しておらず高卒の可能性が非常に高いと言えます。

その理由は、原優寧さんは福岡県出身ですが、わざわざ名古屋を本拠地とするSKE48のオーディションを受けているからです。

原優寧さんは生誕からずっと福岡県に住んでいますので、もしも大学に進学しているとすれば福岡県にある大学に通っているはずです。
しかし、今回SKE48に加入したことで名古屋に住むことになった原優寧さんは大学に通うのは困難と言えます。

なので、高校卒業後は大学に進学した可能性はありますが現在は、その場合は大学を中退している可能性は非常に高く、最終学歴は2022年6月時点で「高卒」であると思われます。

原優寧(ゆうね)が大学に行かず高卒の理由!どこにも進学しないのはアイドル目指すためか

原優寧(ゆうね)さんが大学に進学せずに高卒となった理由は、アイドルになりたいという気持ちが強かったからだと考えられます。

原優寧さんは18歳で高校を卒業した後20歳で今回のSKE48のオーディションを受けており、つまり空白の2年間があります。
その間大学に通っていたか高卒で働いていたと思われる原優寧さんですが、子供のときからアイドルになることに憧れていたと話していることを踏まえると、周囲の人達と同じように暮らしていく中で「1度自分の夢にチャレンジしてみたい」というモヤモヤした思いがあったと考えられます。

今回原優寧さんが地元のHKT48ではなく縁もゆかりもない名古屋のSKE48のオーディションを受けたのは、年齢制限がないという理由からです。
福岡県が大好きな原優寧さんならHKT48のオーディションを受けるのが自然ではありますが、22歳という年齢制限があります。
20歳の原優寧さんは他のもっと若いアイドル候補生達と比べられたときに不利になると考えた末に、地元福岡を飛び出してSKE48のオーディションを受けたのです。

このように夢のためなら形に拘らず挑戦できるような強い意志がある原優寧さんからは、将来の安定よりも、今の自分に正直に生きたいという意志が感じ取れます。

「本心は本人のみぞ知る」ですが、幼いときからの夢を実現させた原優寧さんを精一杯応援していきましょう!

【まとめ】原優寧(ゆうね)大学に行かず高卒の理由

今回はSKE48の第11期生として2022年新たに加入した原優寧(はらゆうね)さんが大学に行かずに高卒の理由を解説しました。

原優寧さんはアイドルになりたいという幼少期からの夢を叶えるために地元福岡を去り、SKE48のオーディションを受けたという経緯があります。

そんな原優寧さんからは将来の安定よりも、今は自分の夢に突き進みたいという強い意志を感じることができます。

そのため原優寧さんがSKE48のオーディションに合格する前に大学に通っていたとしても、現在は退学しており学歴は高卒となっていると考えられます。

そんな見知らぬ土地でSKE48の一員となって頑張る原優寧さんを精一杯応援していきましょう!