【樋口高顕(千代田区長)】小池百合子裏切りの理由はなぜか?【生稲晃子】

千代田区長の樋口高顕(たかあき)さんが小池百合子都知事を裏切り、自民党から参院選に出馬する生稲晃子さんの応援スピーチを行ったことが明らかになっています。

樋口高顕区長がなぜ小池百合子都知事に裏切り行為をしたのか、その理由を調査すると、千代田区長としての切実な悩みが原因となっている可能性が浮上してきました。

本文では樋口高顕区長と小池百合子都知事との関係についても紹介していきますので、ぜひご覧ください!

樋口高顕(千代田区長)が小池百合子を裏切り生稲晃子応援をした理由はなぜか?

樋口高顕(千代田区長)が小池百合子都知事に対して裏切り行為をはたらき、生稲晃子さんの応援をした理由は、2022年6月時点で千代田区が”ねじれ状態”になっていることが挙げられます。

具体的に説明していきますので、まず下の表が千代田区議員23名の所属政党の内訳をご覧ください(2022年6月時点)。

都民ファ 自民 立憲 共産 その他
1 12 2 3 5

ご覧のように千代田区は区長の樋口高顕さんが都民ファーストの会ですが、議員の構成は都民ファーストの会がわずか1名となっており、ねじれの状態となっています。
ねじれの状態のデメリットは、樋口高顕区長の政策が他の政党の議員によって否決されてしまう可能性があり、思うように政治活動ができない場合があることです。

そのことを踏まえると、今回樋口高顕区長が小池百合子都知事を裏切り生稲晃子候補の応援に行ったのは、自民党の“ご機嫌伺い”という狙いがあった可能性があります。

先ほど紹介したように千代田区の第一政党は自民党で、議員は過半数を超える12名です。
つまり、樋口高顕区長が円滑に政治活動をしようとすれば、自民党の賛同を得ることが不可欠となります。

そんな中、千代田区の自民党議員から「千代田区長として生稲晃子候補の応援演説をしてほしい」と頼まれれば、断り切れるものではありません

報道では樋口高顕区長が自民党に寝返った、というものもありますが、樋口高顕区長と小池百合子都知事の関係からそのようなことはなく、断り切れずに登壇した、というのが真相ではないでしょうか。

それでは次に樋口高顕区長と小池百合子都知事がどれほどの関係なのか、補足で説明をしていきます。

樋口高顕(千代田区長)と小池百合子の関係

千代田区長の樋口高顕さんと小池百合子都知事の関係は、樋口高顕区長が学生時代のときまでさかのぼります。

当時京都大学の学生だった樋口高顕区長は、衆議院議員だった小池百合子都知事の事務所に就業体験をしており、これが樋口高顕区長が政治を志すきっかけにもなりました。

さらに、樋口高顕区長は千代田区長になる前は都民ファーストの会として都議を1期務めており、小池百合子都知事とともに4年間都政を支えました。

さらに、2021年に千代田区長に立候補した樋口高顕さんは、小池百合子都知事の支持を受けて38歳の若さで千代田区長となりました。
下のツイッターでは小池百合子都知事が、樋口高顕区長の当選を喜ぶ姿も見ることができます▼

このように、樋口高顕区長は20年以上も小池百合子都知事と付き合いがあります。
したがって、樋口高顕区長が小池百合子都知事を裏切って、自民党に寝返るというシナリオは考えづらいです。

仮に多くの支持を受けた小池百合子都知事を裏切るようなことがあれば、千代田区民もその事実を知ることになりますから、簡単に人を裏切る区長に対して区民の信頼が揺らぎ次回の選挙で落選する可能性が見えてきます。

したがって、樋口高顕区長が生稲晃子候補の応援演説を行ったことは、千代田区長として「仕方がなかった」と考えられます。
樋口高顕区長は小池百合子都知事からカミナリを落とされるかもしれませんが…それは仕方がありません。

【まとめ】樋口高顕(千代田区長)の小池百合子裏切りの理由はなぜか?

今回は千代田区長の樋口高顕さんが小池百合子都知事を裏切った理由がなぜかをお伝えしてきました。

樋口高顕さんが区長を務める千代田区は、”ねじれ”状態になっており、樋口高顕区長と同じ会派の都民ファーストの会所属の議員は1名しかいません。

そのため、今後の区政を円滑に進めるために、樋口高顕区長は自民党からの生稲晃子候補の応援演説を断り切れなかった、というのが真相だと考えられます。

仮に本当に樋口高顕区長が裏切って自民党に寝返った場合は、千代田区民からの信頼を失うかもしれません。

今後は同じ都民ファーストの会から参院選に出馬する荒木千陽候補の応援に回るということなので、そこで樋口高顕区長がどのような立ち回りをするのかが明らかになります。