いしだ壱成の植毛スポンサー・薄毛の窓口とは!?費用は誰が出したのか話題に

いしだ壱成さんが突然トルコでの植毛手術を行ったことをインスタグラムに投稿し、大きな話題となっています。

いしだ壱成さんといえば2021年の年末に離婚を発表し、養育費の工面すら難しいと言われていましたが、手術の費用がどこからでてきたのか気になりますようね。

そこで今回はいしだ壱成さんの植毛手術のスポンサー(=誰が費用を出したのか)について解説していきます。

いしだ壱成がトルコで植毛手術!費用は誰が出したのかが話題に

冒頭でも触れましたが、いしだ壱成さんが2022年3月15日のインスタグラムに投稿し、トルコで植毛手術を受けたことを公表しました。

インスタグラムの画像に写る右の男性がいしだ壱成さんですが、現在は手術の関係で坊主頭にしているとのことです。

そして気になるいしだ壱成さんの植毛手術にかかる費用は旅費込みで総額80万円もしたとのこと。
いしだ壱成さんは離婚時にパワーストーンをファンに売ることで生活費を捻出してきたと報道もされてきましたので、おそらく植毛手術代の80万円は大金だったはずです。

SNSでも上記のように心配をする人もいました▼

実はいしだ壱成さんの植毛手術に関する費用は、すべて「薄毛の窓口がスポンサーとなっていると本人がインスタライブで語っています。

これからいしだ壱成さんの植毛手術のスポンサー「薄毛の窓口」について解説していきます。

いしだ壱成の植毛手術のスポンサー「薄毛の窓口」とは

いしだ壱成さんの植毛手術のスポンサー「薄毛の窓口」は、山本祐司さんが代表を務める2021年9月に創業した新しい会社です。

「薄毛の窓口」はトルコ・中国・マレーシアのクリニックと提携しており、海外での植毛手術を斡旋する会社となっています。

「薄毛の窓口」が海外に目をつけた理由は、代表の山本祐司さんが中国で薄毛治療を経験して、海外の植毛技術の高さと価格の安さに気付いたからです。
いしだ壱成さんがわざわざトルコで植毛手術を受けたのも、トルコが植毛技術において世界最先端の技術をもっているからです。

2022年3月時点で、植毛手術を受けるのに海外に行くのは考えられないかもしれませんが、近い将来、トルコや中国で植毛手術を受けるのが当たり前になっている時代になっている可能性もありそうです。

なお、いしだ壱成さんの植毛手術のスポンサーとなっている「薄毛の窓口」のホームページ(ランディングページ)はこちらからご覧いただけます。
>>「薄毛の窓口」ホームページをのぞいてみる

いしだ壱成さんから「自分には”11人の人格”がいる」という、正直耳を疑う発言がありました。
“11人の人格”とはいったい何なのかを深堀りしましたので、気になる方はぜひご覧ください。

「薄毛の窓口」がいしだ壱成の植毛手術のスポンサーを引き受けた理由

いしだ壱成さんが今回スポンサーとして「薄毛の窓口」に植毛手術代金を出してもらえたのは、広告塔の意味合いが強いからだと考えらえます。

「薄毛の窓口」は先ほど説明したとおり、2021年9月創業の若い会社です。
したがって知名度としてはまったくと言っていいほどなく、さらに海外で植毛手術を受けるとなると怪しさ満点です(失礼な言い方になって申し訳ありません)。

そんな中、2021年末に離婚して注目度が上がっており、さらに植毛手術を受けるメリットがありそうないしだ壱成さんは、「薄毛の窓口」にとってはぜひともスポンサーとなりたい、と思える存在だったに違いありません。

さらにいしだ壱成さんにもメリットはあります。
無料で植毛手術を受けられるだけでなく、子供の養育費4万円を稼いでいく必要があるいしだ壱成さんにとってもメディアに露出して、世間に「顔を売る」ことは重要なことです。

以上のことより、双方のメリットが一致したことにより、いしだ壱成さんの植毛手術費用を「薄毛の窓口」がスポンサーとなって賄ったと考えることができます。

以上がいしだ壱成さんの植毛手術のスポンサーとなった「薄毛の窓口」についての記事になります。
さきほど触れた、いしだ壱成さんのパワーストーンに関する記事はコチラにもあります。
いしだ壱成さんの怪しい商売について理解することができますので、ぜひご覧ください!

【まとめ】いしだ壱成の植毛スポンサー・薄毛の窓口とは!?費用は誰が出したのか話題に

今回はいしだ壱成さんの植毛手術のスポンサーとなった「薄毛の窓口」について解説しました。

「薄毛の窓口」は海外での植毛手術を斡旋する会社で、いしだ壱成さんのスポンサーとなって手術代金をすべて賄ったのは、同社の広告塔として宣伝効果が期待できるからだと考えられます。

ひょっとすると「薄毛の窓口」は日本の植毛の常識を変え得る存在になるのかもしれませんね!

 

いしだ壱成さんに関する記事はコチラにもありますので、ぜひご覧ください!