0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

「じじまごぐらし」3話ネタバレ!まともな教育をしていた娘に感心する早乙女!

マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「じじまごぐらし」が面白いですよね!

「じじまごぐらし」の前話では、親戚たちに気味悪がられる早乙女。親戚たちの会話を聞いてごもっともだと納得しています。

そして一華の息子である尓太郎に初めましてとちゃんと挨拶をされた早乙女は、娘への後悔の気持ちもあり、尓太郎に手を差し伸べるのでした。

今回は「じじまごぐらし」の3話の内容が気になる人のために、あらすじのネタバレを紹介していきます。

漫画「じじまごぐらし」の3話ネタバレ!

それでは「じじまごぐらし」の第3話のネタバレをしていきます。

3話ネタバレ要点

まず、「じじまごぐらし」の3話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

3話ネタバレ
  • 妻に先立たれた事を理由に掃除を怠っていた早乙女
  • 早乙女は保育園の途中入園について焦って調べる
  • ニタのしっかりした姿を見て娘を想う早乙女

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

3話ネタバレ① 妻に先立たれた事を理由に掃除を怠っていた早乙女

早乙女とニタは早乙女の家に帰ってはきたものの、物が散乱しすぎて汚い部屋を見たニタは言葉を失います。

ニタを座らせ、気合を入れて部屋の片付けから始める早乙女。「妻に先立たれてから家の事は放ったらかしで、我ながらよくここまで部屋を散らかしたものだ」と逆に感心しました。

早乙女は「いつ終わるのだろうか…」と思っていた矢先、文助という男が早乙女を訪ねてきました。

3話ネタバレ② 早乙女は保育園の途中入園について焦って調べる

文助は子供を連れてきたという早乙女の話を聞いたと早乙女に話を伺おうとしますが、そんな文助に早乙女は掃除用具を託します。

そして文助がニタに挨拶をして歳を尋ねると、ニタは「5さいです。にじぐみです」と答えました。その会話が聞こえた早乙女はニタが保育園に通っていた事に焦り、用事を思い出したと部屋を出て行ってしまいます。

文句を言いながらも片付けを手伝う文助。ゴミを分別をせずにゴミ袋に入れていきますが、それを見ていたニタが新たにゴミ袋を文助に渡して分別を促します。しかし文助は気にせずゴミを袋に入れていきました。

それをじっと見つめるニタの視線に負けた文助はゴミの分別を始めて、ニタに謝るのでした。

3話ネタバレ③ ニタのしっかりした姿を見て娘を想う早乙女

保育園のことはすっかり忘れていて、ネットで保育園の途中入園について調べている早乙女。調べ終わって部屋に戻ると、しっかりとゴミの分別をしているニタを見て「娘が一生懸命教えたんだろうな」と感心します。

二人のおかげでリビングが綺麗になり「仏壇の部屋にもゴミがあるんだろ」という文助がドアを開けると、仏壇の部屋は綺麗にしてありました。

そして文助が花を持ち出し、丁寧に茎を切っている姿をニタは興味深く見ています。ニタが文助に花屋なのかと聞くと、文助は「花屋の道楽息子さ」と答えるのでした。

4話に続きます!

 

「じじまごぐらし」3話の感想

早乙女の家で一緒に住むことになったニタは部屋の汚さに言葉を失いました。ということは少なくともニタの暮らしていた環境は劣悪ではなく、ニタが分別の方法もしっかりと分かっていた事から、ちゃんとした家庭で暮らしていたという事が判ります。

それからゴミの分別をしっかりとしているニタの姿を見た早乙女は、娘はちゃんと息子に教育をしていたんだなと感心していて、そんな娘になんて酷い事をしてしまったのだろうと心のどこかでは思っていたのかもしれません。

そして早乙女の家を訪ねてきた文助の目的とは一体なんなのでしょうか?

 

まとめ まともな教育をしていた娘に感心する早乙女!

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「じじまごぐらし」の3話のネタバレについて解説をしました。

「じじまごぐらし」の3話は

  • 妻に先立たれた事を理由に掃除を怠っていた早乙女
  • 早乙女は保育園の途中入園について焦って調べる
  • ニタのしっかりした姿を見て娘を想う早乙女

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!