菅直人がヒットラー(ヒトラー)と言った理由はなぜか【学生時代にルーツあり!?】

菅直人がヒットラー(ヒトラー)と言った理由はなぜか【学生時代にルーツあり!?】

この記事では立憲民主党の菅直人議員が、日本維新の会の設立者である橋下徹さんに「ヒットラー(ヒトラー)」発言をした理由はなぜかを解説します。

立憲民主党の菅直人議員から突然Twitterで投稿された「ヒットラー(ヒトラー)発言」は物議を醸していますが、そもそもなぜヒットラー(ヒトラー)を持ち出してきたのか気になりますよね!

それは菅直人議員の若かりしき頃に秘密があったのをご存知でしょうか?

そこで今回は、菅直人議員がなぜ橋下徹さんをヒトラーに例えたのかを解説します。

菅直人のヒットラー(ヒトラー)発言全文

ことの発端は2022年1月21日の菅直人議員のTwitterでした。

橋下氏をはじめ弁舌は極めて歯切れが良く、直接話を聞くと非常に魅力的。しかし「維新」という政党が新自由主義的政党なのか、それとも福祉国家的政党なのか、基本的政治スタンスは曖昧。主張は別として弁舌の巧みさでは第一次大戦後の混乱するドイツで政権を取った当時のヒットラーを思い起こす。

菅直人議員は橋下徹さんや日本維新の会の名前を挙げ、「ヒットラー(ヒトラー)」のようだと批判しました。

それに対して橋下徹さんは次のようにツイートしています。

ヒットラーへ重ね合わす批判は国際的にはご法度。こういうことを平気でやるのは京都大学の藤井聡氏のような非常識な学者。まあ今回は弁舌の巧みさということでお褒めの言葉と受けっておくが。それよりも強い野党を本気で作る気があるなら、大阪では自民に圧勝している維新政治を謙虚に研究すべき。

橋下徹さんは自分への褒め言葉として捉えるとしていますが、最後に本気で強い野党を作る気があるのかと釘を刺しています。

それに対して菅直人議員は謝る気はないと次のようにツイートしています。

私の21日のツイッターに関し、維新から立憲の泉代表に抗議文が届けられた。ツイッターは党の指示ではなく私の一存で発した、私の感想を述べたもの。維新からは私には直接何も言ってきていない。私のツイッターに抗議するなら私にするべき。いずれにしても的外れな謝罪要求に応ずるつもりはない。

菅直人がヒットラー(ヒトラー)と発言した理由はなぜか

菅直人さんが紹介したようにヒットラー(ヒトラー)を軽々しく持ち出す理由は、学生時代に原因の1つがあると考えられます。

菅直人議員は東京工業大学出身ですが、学生時代は学生運動に勤しんでいました。

というのも菅直人議員が大学生だった1960年代は、社会に不満を持つ若者が時には過激な主張運動を行うことが珍しくありませんでした。

世界的にも中国やヨーロッパ、アメリカなどで同様の運動が広がりを見せていた時代で、その起源は中世ドイツにあると言われています。

菅直人さんが学生運動をしていたころは、ドイツでも学生運動が盛んに行われていました。

具体的には、1940年代まで続いたヒットラー(ヒトラー)のナチスの時代を生きた親世代に、学生たちがナチスがやってきたことや、どの程度支持していたのかを問いただす運動が行われています。

当時学生だった菅直人議員が行っていた学生運動にも、当然その情報はあったと思われますので、「ヒットラー(ヒトラー)は独裁者の象徴だ」と当時の学生たちは思っていた可能性があります。

同世代では麻生太郎議員(厳密には菅直人議員の6つ年上)も、2013年にヒットラー(ヒトラー)の名前を出して、批判を受けたことがありますが、その年代の方はヒットラー(ヒトラー)に馴染みがあるからだと考えられます。

MEMO

麻生太郎議員は2013年に「ナチスの手口に学んだらどうか」と発言して批判を受けました。

また、2017年にも「政治家は結果が大事。何百万人殺したヒトラーは、いくら動機が正しくてもだめだ」と公演の中で話しています。

したがって菅直人議員は、今回橋下徹さんや日本維新の会を批判するために、学生時代に批判の対象となっていたヒットラー(ヒトラー)を思わず出してしまったのではないかと考えられます。

菅直人は過去に安倍晋三元総理をヒットラー(ヒトラー)に例えていた

実は菅直人議員がヒットラー(ヒトラー)に例えたのは、今回が初めてではありません。

2017年にもTwitterにヒットラー(ヒトラー)に例えて批判を投稿していましたが、その矛先は当時の首相だった安倍晋三元総理大臣です。

安倍総理大臣の場合は、独裁的であることを批判してヒットラー(ヒトラー)を持ち出しています。

対して、今回の橋下徹さんや維新の会については耳障りのよい言動がヒットラー(ヒトラー)のようだと菅直人議員は言っています。

このように菅直人さんは批判をするときは様々な切り口からヒットラー(ヒトラー)に例えており、やはり学生時代に染み付いたことによって「思わず使ってしまう」のではないかと考えられます。

【まとめ】菅直人がヒットラー(ヒトラー)と発言した理由はなぜか

今回は菅直人議員が橋下徹さんや日本維新の会に対して、ヒットラー(ヒトラー)と発言した理由はなぜかを解説しました。

菅直人さんは大学生のときに学生運動をしており、ほぼ同時期にヒットラー(ヒトラー)のナチスに対する運動を行っていたドイツの情報を得て、ヒットラー(ヒトラー)が馴染み深いものになったことが原因の1つと考えられます。

世間では参議院選挙が控える中でマイナスの発言だと言う専門家が多いですが、このヒットラー(ヒトラー)発言が実際に立憲民主党の議席にどの程度影響するのか、注目していきたいと思います。

 

橋下徹さんに関する記事はこちらにもありますので、ぜひご覧ください!