木下ほうか独身で嫁(妻)がいない理由はケチ!?結婚願望はあることが判明!

木下ほうか独身で嫁(妻)がいない理由はケチ!?結婚願望はあることが判明!

2022年3月23日に報じられた文春砲で、女性への性暴力が報じられている木下ほうかさん。

もし文春砲が真実なら木下ほうかさんの嫁(妻)は可哀想

しかし、実は木下ほうかさんは独身で結婚してませんでした。

そこで今回は木下ほうかさんが独身を貫く理由について解説していきます。

木下ほうかは独身で嫁(妻)がいない!

まず、木下ほうかさんは2022年3月時点では、独身であり嫁(妻)がいません。

木下ほうかの顔画像

週刊文春より

2021年11月3日に放送された「ホンマでっか!?TV」で、「このままじゃダメなの!?独身満喫男子お悩み相談」という企画に、相談者として出演していることから、木下ほうかさんは独身であり、結婚していないことがわかります。

それでは木下ほうかさんがなぜこれまで独身を貫き嫁(妻)がいないのか、その理由を解説していきます。

木下ほうか独身で嫁(妻)がいない理由はなぜか

週刊文春の記事には、木下ほうかさんが複数の女性とむりやり関係を持ったという記述があります。
したがって文春砲が真実を伝えているならば、木下ほうかさんは一人の女性に落ち着くことができない、というのがこれまで独身を貫いて嫁(妻)がいない理由になってきそうです。

しかし、これまでにも木下ほうかさんはご自身の結婚について話していたこともあり、それらも木下ほうかさんが独身で結婚していない理由の1つになっているはずです。

そこでこれから木下さんが公に話した、結婚せずに独身である理由について紹介していきます。

木下ほうかが独身の理由:ケチ

木下ほうかさんが独身で嫁(妻)がいない理由は、先ほども触れた「ホンマでっか!?TV」に出演したときにご本人が語っていました。

木下ほうかさんは生活で使う消耗品を使いすぎる人はダメだと話しています。
木下ほうかさんが結婚相手として失格な例を、次のように挙げています。

  • 鼻をかむ時にティッシュを2枚以上使う人
  • トイレットペーパーを使いすぎる人

このように木下ほうかさんは良く言えば「節約家」、悪く言えば「ケチ」ということになります。

番組ではティッシュやトイレットペーパーのエピソードを話していた木下ほうかさんでしたが、他にももっとたくさん結婚相手に求めるルールがありそうで、それに合格できる人はほとんどいないと思われます。

つまり木下ほうかさんは女性に求めるハードルが高く、独身を貫き嫁(妻)がいないと考えられます。

木下ほうかが独身の理由:結婚に慎重

また、木下ほうかさんが独身なのは、結婚に対して慎重になりすぎるから、という理由もあります。

木下ほうかさんは取材で結婚観について聞かれたときに「離婚したくないから慎重になる」と答えています。

つまり、木下ほうかさんは「結婚したい→でも離婚したくない→結婚できない」という負のループに陥っていることがわかります。

木下ほうかさんは自身の性格を「繊細」と評していますので、そのことも関係しているのかもしれません。

 

木下ほうかさんの文春砲が本当だった場合、山下智久さんが主演を務める「正直不動産」が放送中止の危機に見舞われることになります。(木下ほうかさんも出演するため)
コチラの記事では「正直不動産」が木下ほうかさんの不祥事でどうなるのかを解説しましたので、ぜひご覧ください!

木下ほうかは独身だが結婚願望もあり子供好き

そんな独身を貫く木下ほうかさんですが、実は結婚願望もあり子供好きであるという一面を持っています。

実は木下ほうかさんは俳優を選んだ人生について疑問に感じることがあると話しています。
そして、もし時間を巻き戻せるなら公務員になって妻(嫁)と子供と幸せに暮らしたい、という願望を木下ほうかさんは持ち合わせています。

さらに今後独身の木下ほうかさんは、長生きしすぎて孤独になることを恐れています。

今回の文春砲で木下ほうかさんが恐れる「孤独」が現実味を帯びてきていますが…

木下ほうかさんの不祥事が本当だった場合、結婚も子供を持つことも難しくなっていきそうです。

【まとめ】木下ほうか独身で嫁(妻)がいない理由はケチ!?結婚願望はあることが判明!

今回は文春砲により不祥事が報じられた木下ほうかさんが独身を貫き嫁(妻)がいない理由について解説しました。

文春砲が本当であるならば、木下ほうかさんは一人の女性では満足できない、というのが独身を貫く本当の理由であると言えます。

テレビやインタビュー木下ほうかさんが語っている結婚しない理由は「ケチ」で「結婚に慎重すぎる」というものでしたが、文春砲の内容について視聴者が納得できる説明ができない場合は、「営業用の理由」だったと捉えられかねません。

今後木下ほうかさんがどのような説明をするのか、世間の注目はより一層集まっていきそうです。