0円で人気マンガの最新刊を読む裏ワザとは?

漫画「クズ人間、治療します。」12話ネタバレ!双子の姉妹・美紀と有紀の結末は?

マンガアプリ「めちゃコミック」に掲載されている「クズ人間、治療します。」が面白いですよね!

「クズ人間、治療します。」の前話では、双子の美紀と有紀の過去が二人の母親の口から語られました。

美紀の有紀に対する攻撃的な言葉が有紀を変えてしまい、その原因は美紀の中に存在する対抗意識です。

海馬はこの問題をどう解決していくのでしょうか?

今回は「クズ人間、治療します。」の12話の内容が気になる人のために、あらすじのネタバレを紹介していきます。

漫画「クズ人間、治療します。」の12話ネタバレ!

それでは「クズ人間、治療します。」の第12話のネタバレをしていきます。

12話ネタバレ要点

まず、「クズ人間、治療します。」の12話のネタバレを簡潔にまとめると次のようになります。

12話ネタバレ
  • 母親は美紀を眠らせて海馬に治療を頼む
  • 暗示という治療を施された双子の姉妹
  • 海馬の奥さんの死に驚くほのか

それではもう少し詳しくあらすじを解説していきます。

12話ネタバレ① 母親は美紀を眠らせて海馬に治療を頼む

美紀は、自分は誰よりも頑張っているのにも関わらず、それに対して周りの評価が違う事に対して不満を抱き、苛立っています。

自宅に着いた美紀は冷蔵庫内にあった水で喉を潤します。母親に有紀の事を尋ねると体調が悪くて寝ていると言われますが、あまり興味を示しません。

心配にならないのかと母親に聞かれた美紀は「勝手に太って勝手に身体壊したんだから自業自得で、一哉に振られたのだって当然。今まで何の努力もしてこなかったのだからいい気味だ」と言い放ちます。

すると美紀は睡眠薬入りの水のせいで突然眠気に襲われ眠りに落ち、そこに登場したのは海馬とほのかでした。

12話ネタバレ② 暗示という治療を施された双子の姉妹

そして目が覚めた美紀が部屋の鏡を見ると、そこに写っていたのは醜く太った自分の姿でした。美紀は衝撃のあまり驚き、混乱します。

海馬は美紀には強めの暗示をかけておいたと母親に説明し、さらに「今の美紀には自分自身が重度の肥満体型に見えていて、しばらく様子を見て反省したようなら暗示を解く」そして「有紀には軽めの薬と、自己肯定感を高める暗示をかけておく」と伝えます。

「治療法に問題があるとしても、海馬院長のやり方で実際救われている患者もいる。苦しんでいる人を救いたいという信念がある人だという事は信じてもいい」とほのかは思うのでした。

有紀はカウンセリングを受けてから自分でも驚くくらい前向きに自信が持てるようになり、勢いで読者モデルに応募したら受かったという事を美紀に報告します。

有紀のその姿を見た美紀はショックを受けるのでした。

12話ネタバレ③ 海馬の奥さんの死に驚くほのか

大学にて、橘は「海馬院長と一緒にいるところを見ていたら、自分と一緒にいる時より自然体な気がしてちょっと焦った」とほのかに伝えます。

そんな事ないよと気を遣うようにほのかは否定し「海馬院長には奥さんもお子さんもいるのに」と言います。

ほのかの発言に対して、海馬の奥さんは10年くらい前に事件に巻き込まれて亡くなったと聞いたと言う橘。

ほのかは海馬のことを何も知らないことを知り、エレベーターの4Fのボタンに手を伸ばすのでした。

13話に続きます!

 

「クズ人間、治療します。」12話の感想

今回は身体に手を加える事なく暗示という形で患者を救った海馬。

しかし、ほのかがいなければ実際に姉の美紀を太らせようと海馬は考えていて、それを聞いた双子の母親は驚いていた様子からすると、ほのかの存在は大きくなってきていると感じました。

少し常識から外れたような考えを持つ医者と、常識人の助手という構図が丁度いい塩梅になっていて、見ていて微笑ましいものです。

そして話の最後では、ほのかがエレベーターの4Fのボタンに手を近づけて終わります。

ほのかは4Fに足を踏み入れるのか、そうではないのか。続きが気になります!

 

まとめ 双子の姉妹・美紀と有紀の結末は?

今回は漫画アプリ「めちゃコミック」に掲載されている「クズ人間、治療します。」の12話のネタバレについて解説をしました。

「クズ人間、治療します。」の12話は

  • 母親は美紀を眠らせて海馬に治療を頼む
  • 暗示という治療を施された双子の姉妹
  • 海馬の奥さんの死に驚くほのか

といったことがわかったお話でした。

次回はどんなお話になるのか楽しみです!